14日応募締切り/15日抽選予定!今月は「ロードバイク・ケアライン」Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント

キャンプツーリングの最中に雨が降ってきたら?おすすめの対策アイディア

キャンプツーリングの最中に雨が降ってきたら?おすすめの対策アイディア
   
キャンプツーリングは外に出て楽しむレジャーなので天候に左右されます。予定していた日に雨が降ってきたり、移動中に悪天候に見舞われてりしますよね。今回はキャンプツーリングの最中に雨が降ってきたときの対応策についてまとめていきます。

割り切った気持ちが大事

キャンプツーリング 雨

 

キャンプツーリングをはじめとして、自転車に乗って遠出をするときに雨などが降ってきた場合、なかなか引き返すという選択をするのが難しいと思う人もいるはずです。

せっかくここまで来たのに、目的地に着かないまま帰るのがもったいないと感じる人もいれば、少ない休日で何もできていないのに引き返したくないと思う人もいるでしょう。

しかし、外で行うレジャーでは、天候の変化に対してはおとなしく従うしかありません。

そのため、キャンプツーリングなどの最中で雨が降ってきたときに、どのような対応をすればいいかということを、あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

雨が降ってくると、せっかくレジャーで楽しんでいるテンションががた落ちしてしまいますが、ある程度割り切った選択をして、雨ならではの楽しみを見つける方向でやっていきましょう。

 

 

対応①レインウェアを着て走り続ける

キャンプツーリング 雨

 

まず、最初に皆さんが考えるのがこの選択肢ではないでしょうか。

雨が降ってきたときには、持ってきていたレインウェアを着て、そのまま走り続ける人は多いはずです。

天候によっては、走っているうちに天候が変わってくる場合もありますし、そのまま移動を続けるというのもいい選択肢です。

しかし、雨の中を走るというのは、通常よりも体力を失ってしまうというデメリットがあります。

路面は滑りやすくなりますし、レインウェアを着ると動きにくくもなります。

晴れているときよりも、進むのに多くの体力が必要なので、現在地と目的地との距離なども考慮した上で、進むかどうかの判断をしてください。

目的地との距離が近いのであれば、最後の力を振り絞って、キャンプ場まで頑張ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

対応②屋根のあるところで時間をつぶす

キャンプツーリング 雨

 

こちらは雨が降ってきたときには、とりあえず進むのを諦めて、雨が止むまで待つという選択肢です。

道中にある道の駅やコンビニなどの屋根がある場所で休憩してもいいですし、レストランや喫茶店などで時間を潰してもいいでしょう。

ストイックに走り続けるのもいいですが、一旦足を止めて、雨が弱まったり、止んでから再開させるというのも選択肢の1つです。

雨が降ったおかげで、予定になかった知らないお店と出会うといったような、新しい発見があるかもしれませんね。

また、コンセントやフリーwifiなどが完備されているお店であれば、なおのこといいですよね。

せっかくの休日の楽しみを、雨で台無しにされるのは残念ではありますが、そこはしょうがないと切り替えて、のんびりとした時間を過ごしてみるのもいいでしょう。

 

 

対応③周辺で観光を楽しむ

キャンプツーリング 雨

 

道中に観光するような場所が何もなければしょうがないですが、足止めをくらった場所の近くが観光地であるなら、自転車を置いて観光を楽しむというのもいいでしょう。

とくに、屋根がある屋内の施設なら、雨をまったく気にすることなくのんびり観光できますよね。

勢い勇んでキャンプツーリングに出掛けた中で、雨に邪魔されることもありますが、そういったイレギュラーな事態に陥ったときこそ、別の楽しみを見つけて、普段いかないような場所に赴いてみるというのもいいですよ。

 

 

「停滞か、前進か」自分に合った選択をできるようになりましょう

キャンプツーリング 雨

 

キャンプツーリングなどでは、天候に左右されることは日常茶飯事です。

雨に降られて、テンションが下がるのはしょうがないですが、そのままの気分で休日を負えるのはもったいないですよね。

雨が降ってきたときに、停滞するも前進するも人それぞれではあります。

しかし、こういった事態を想定した上で、自分はどのような選択をするのかをあらかじめ決めておくと、精神的な余裕を持った状態でキャンプツーリングに望めるでしょう。

 

 

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

   

まとめ

キャンプツーリングの最中には、予測できない雨が降ってくることが多々あるでしょう。もちろん晴れたときに自転車で走るのが一番ではありますが、天候には勝てませんよね。そういった場合に備えて、事前に準備をしておけば、時間を無駄にすることも、いやな気分で休日を終えることもなくなるでしょう。

ツーリング&キャンプカテゴリの最新記事