ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

キャンプツーリングの荷物を軽く!ウルトラライトなバイクパッキングとは?

キャンプツーリングの荷物を軽く!ウルトラライトなバイクパッキングとは?
   
キャンプツーリングでは、荷物が軽いというのは大きなメリットです。とくに、ロードバイクの軽量性を失うことなく、走行性を維持しながら走ることができます。そんな軽量かつコンパクトな荷物「ウルトラライト」なバイクパッキングを紹介します。
   

「ウルトラライト」ってなに?

キャンプツーリング ウルトラライト

 

「ウルトラライト」という言葉は、登山やハイキングの道具などで使われている言葉です。

道具の素材や構造を見直すことによって、軽量性を実現しながらも、機能性や耐久性を維持することで、持ち運びやパッキングに便利な軽量でコンパクトに作られた道具のことです。

キャンプツーリングのパイクパッキングにおいても、この「ウルトラライト」な道具は非常に大きなメリットがあります。

とくに、ロードバイクなどのスポーツサイクルに乗る場合、軽量性は大きな武器になります。

人の力で走る乗り物だけに、車体や荷物が軽くなるだけで、走行性能や長距離を走ったときの疲労度が変わってきます。

そのため、「ウルトラライト」なキャンプ道具を選ぶことは、キャンプツーリングを快適にするために非常に有効です。

 

 

キャンプツーリングでのバイクパッキング:荷物を軽くするにはお金がかかる…

ロードバイクに乗っている人なら共感できると思いますが、軽くすることには相応のお金がかかります。

ロードバイクの場合、バイクの性能が上がれば上がるほど、軽量化にかかるお金は増えていきます。

そんななかで、100g減らすのに1万円以上かかるような場合もあります。

キャンプ用品においても軽量性やコンパクト性は、そのまま利便性となって表れてくるため、軽い道具はその分お金がかかってきます。

軽い荷物を選ぶためにはお金をかけなければいけない。

当たり前のことではありますが、なかなかむずかしいところではありますよね。

 

 

キャンプツーリングで使える「ウルトラライト」な道具を紹介

キャンプツーリング ウルトラライト

 

ここでは、キャンプツーリングに使える「ウルトラライト」なキャンプ道具を紹介していきます。

キャンプツーリングで軽量性を重視している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

【テント】ゼログラムZERO1 MF

ゼログラムが販売しているこちらの「ZERO1」は、これまでにない軽量性と居住性を兼ね備えている全室一体型のソロテントです。

重量も490gと驚異的な軽さを実現しており、小さいながらも快適な高性能テントです。

 
ZEROGRAM(ゼログラム) ZERO1 MF ゼロ1MF

ZEROGRAM – ZERO1 MF [ ゼログラム ゼロ1 モノフィラメント 1人用 トレッキングポールシェルター 軽量 テント ]

 

【テント】BIG SKY WISP 1P

テントとしては圧倒的な700gを切る軽量性を実現したテントで、キャンプツーリングにおいては心強い味方になります。

ワンポール方式のシングルウォールテントのなかでは、最軽量性を実現していながらも、幅が230㎝あるので居住性も充分です。

 

Big Sky International(ビッグスカイインターナショナル) WISP 1P

 

【シュラフ】ファイントラック ポリゴンネスト4×3

7℃まで耐えることができる、春夏におすすめのモデルは、重量もわずか430gという軽量性を実現しています。

保温性や速乾性も高いので、快適に使い続けることができます。

 

 

【シュラフ】イスカ エア280X

2℃まで対応することができるシュラフで、重量も550gという軽さが魅力的です。

冷えてしまう足元には多めの保温材を封入することによって、保温性をキープしています。

 

 

【マット】サーマレスト ネオエアー Xライト スモール

わずか230gという軽量性を実現しながらも、心地よく柔らかい手触りが魅力的なマットです。

熱反射板が体温に反応して体を暖めるというサーマキャプチャーテクノロジーを搭載しているので、快適な睡眠をサポートしてくれます。

 

 

 

キャンプツーリングでのバイクパッキング:軽量ロードバイクと組み合わせて快適性を実現

キャンプツーリング ウルトラライト

 

「ウルトラライト」なキャンプ道具と、軽量なロードバイクを組み合わせれば、キャンプツーリングがより快適になります。

例えば、軽量なロードバイクが8.0㎏で、キャンプ道具を2.0㎏前後に抑えることができれば、全体の重量は10.0㎏前後になります。

10.0㎏ぐらいということは、エントリーモデルのロードバイクと同じぐらいの重さなので、キャンプ道具を積んだとしても、そこそこの走行性能を維持することができます。

登山やハイキングなどでよく使われる「ウルトラライト」という言葉ですが、自転車においても軽量性はとても重要です。

キャンプツーリングをより快適にしたいなら、軽い自転車と軽い道具を組み合わせて、今までにない快適性を実現することをおすすめします。

 

 

まとめ

読者の皆さんのなかには、「ウルトラライト」という言葉を初めて聞いた人もいるかもしれません。「ウルトラライト」なキャンプ道具を揃えて、キャンプツーリングをやると、今までの苦労が嘘だったかのように、移動が楽になること間違いありません。キャンプツーリングで軽さにこだわるなら、今回ご紹介したような「ウルトラライト」な道具を手にとって見てはいかがでしょうか。

ツーリング&キャンプカテゴリの最新記事