12/18日応募締め切り「アメリカシェア NO.1 HotChillys ホットチリーズ 」 コンバーチブル バラクラバ / Greenfield「公式LINEお友達登録」で 毎月プレゼント!

シュラフ選びの決定版!!冬キャンプでも活躍するおすすめシュラフをご紹介

シュラフ選びの決定版!!冬キャンプでも活躍するおすすめシュラフをご紹介
   
近年、冬キャンプにハマる人が多くなり、寒さ対策のアウトドアアイテムも続々と増えています。そのなかでもとくに慎重に選びたいアイテムが「シュラフ」ではないでしょうか。急激に冷え込む夜を乗りきるための、おすすめのシュラフをご紹介します。
   

冬キャンプは準備が肝心

冬キャンプ シュラフ(寝袋)

 

気軽に行ける、快適な夏のキャンプとはうって変わって、道具選びから念入りな準備が必要な冬のキャンプ。

ブームとはいえ、ベテランのキャンパーでさえ挑戦するのをためらうほど、甘くはない世界です。

まず、冬の寒さのなかで一晩を過ごすのは、命の危険がともなうということを頭に入れておかなければなりません。

しかし、十分な知識と優秀なアイテムさえ揃えば、不安だったはずの冬キャンプも不自由なく過ごすことができるのです。

必ず揃えたいアイテムのなかでも、最も重要といえるのがシュラフ(寝袋)です。

春や秋でも、キャンプ地の夜はとても冷え込みます。

さらに冬の夜ともなるとはその何倍もの寒さがおそってくるのです。

寒すぎて寝られない、なんてことにならないためにも防寒性抜群のシュラフを準備しておきましょう。

 

 

冬キャンプでシュラフ(寝袋)を選ぶときのポイント

冬キャンプ シュラフ(寝袋)

 

実際、ほんとうにつかえるシュラフを見つけるのは大変なこと。

そこで、おさえておくと探すときに役に立つポイントをあげてみました。

 

シュラフ(寝袋)の形は冬対応のマミー型

シュラフの形は大きく分けて2種類。

長方形の筒状になっている「封筒型」と丸みのある人の形をした「マミー型」に分けられます。

「封筒型」のシュラフは広げて布団のように使うことができ便利ですが、保温性は低く、あくまでも春夏の使用を目的としています。

一方「マミー型」は身体にぴったりと沿う形のため、防寒、保温性に特化したものが多く、冬キャンプに最適なのです。

 

シュラフ(寝袋)の中綿メリット・デメリット

暖かさの要となる中綿には、主に圧倒的な保温性と軽さの「ダウン」と、コスパがよく、手入れが楽な「化学繊維」の素材がつかわれています。

「ダウン」は手入れや保管の仕方に気を配る必要がありますが、暖かさも寝心地も抜群で、冬期のキャンプには最適です。

一方「化学繊維」を使用したシュラフは収納サイズが大きく、ダウンとくらべると保温性が劣るというデメリットがありますが、安価で手に入れやすく、水にも強いため、一番のキャンプシーズンである春夏での使用には十分といえます。

 

シュラフ(寝袋)の下限温度はどのくらいがベスト?

シュラフには必ず表記してある適応温度。

冬期以外の3シーズン用なら-6℃くらいまでのもので対応できますが、冬のキャンプでは-15℃前後のシュラフがおすすめです。

寒さに弱いという方は、-20℃以下の下限温度に設定されているモデルを選ぶと安心でしょう。

ただし、あくまでも温度は参考程度にしておいてください。

ほかにもシュラフの下に敷くマットや、寝るときの服装など、暖かさを保てるアイテムも忘れずに準備しておきましょう。

 

 

冬キャンプ用のおすすめシュラフ(寝袋)をご紹介

冬キャンプ シュラフ(寝袋)

 

ISUKA(イスカ)/エア630EX

軽量コンパクトなISUKAの「エア」モデル。

高品質なダウンを贅沢に使用し、外側は優れた撥水性能、耐熱性の「ナイロン66」で外気をしっかりガードしてくれます。

「3D構造」の内部は、シュラフ独特の圧迫感を感じにくく、適度に身体を包み込む形で寝心地も抜群です。

  • 重量:1,020g
  • サイズ:213×80cm
  • 収納サイズ:直径20×34cm
  • 羽毛量:630g(800フィルパワー)
  • 下限温度:-15℃

 

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア 630EX ゴールド

 

NANGA(ナンガ)/オーロラライト750DX レギュラー

メイドインジャパンにこだわり、丁寧な製造過程を経て優れたシュラフをつくっているブランド。

国内の厳冬期に対応した高機能モデルのオーロラライト750DXは、下限温度が-16℃と安心の保温性で、朝まで暖かさをキープしてくれます。

  • 重量:1,280g
  • サイズ:210×80cm
  • 収納サイズ:直径19×31cm
  • 羽毛量750g(760フィルパワー)
  • 下限温度:-16℃

 

NANGA ナンガ オーロラライト 750DX

 

TAKEMO(タケモ)/スリーピングバッグ7

高品質のホワイトダックダウンを700g使用し、高い保温力でありながら、耐久性も軽さも実現させた、コスパに優れたシュラフです。

  • 重量:1,150g
  • サイズ:205×158cm
  • 収納サイズ:直径20×37cm
  • 羽毛量:700g(750フィルパワー)
  • 下限温度:-15℃

 

寝袋 シュラフ タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 7 ストリージバッグ付

 

PUROMONTE(プロモンテ)/コンパクトダウンシュラフ780g

国内工場で、ダウン洗浄から縫製までを一貫して管理しているので、品質に定評のあるブランド。

下限温度は-20℃と、3,000m級の冬山での使用にも適したモデルです。

冬キャンプでは充分暖かい夜を過ごせるでしょう。

  • 重量:1,195g
  • サイズ:210×80cm
  • 収納サイズ:直径16×34cm
  • 羽毛量:780g
  • 下限温度:-20℃

 

プロモンテ(PuroMonte) 登山 キャンプ 軽量 コンパクト ダウンシュラフ

 

 

まとめ

空気も澄んでいて、熱いコーヒーをおいしく飲める、魅力たっぷりの冬キャンプは、ぜひたくさんの方に経験していただきたいですね。寒い夜を暖かく過ごすために、良質なシュラフは必要不可欠なので、慎重に選ぶことをおすすめします。

キャンプ道具カテゴリの最新記事