冬のアウトドアに欠かせないポーラテックフリースについて!他のフリースとどう違う?

Greenfield

冬のアウトドアに欠かせないポーラテックフリースについて!他のフリースとどう違う? 出典 好日山荘さいか屋藤沢店

肌触りよく温かいフリースは、寒い季節に欠かせませんよね。中でもポーラテックのフリースは軽くて抜群に温かく、日常着はもちろん冬山には必需品といえます。でも実は、ポーラテックのことよく知らない…という方も多いのでは?今回は、ポーラテックの歴史や種類、またポーラテックと他のフリースがどう違うのかを解説していきます!

ポーラテックって何?

 

ポーラテックの歴史

1970年代、フリースというものが生まれる以前は、登山ウェアはコットンやウールを使ったものしかありませんでした。

パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードは、速乾性があり、軽量で保温性の高い中間着を作ろうと、ポリエステルに着目。

求めていた素材を「モルデンミルズ社(現ポーラテック社)」で見つけます。

そうして世界で初めて販売されたポリエステル・フリースジャケットは、なんと便座カバーに使われていた生地を採用したものでした。

毛玉になりやすかったり、ゴワゴワしていたりしましたが、その圧倒的な保温性で世界中のクライマーから注目を集め、ポーラテック社は一躍その名を轟かせます。

その後もポーラテック社は、高度な技術で機能的なフリース素材を次々と生み出していき、そのラインナップは今や数百種類。

俗に言うフリース(ミッドレイヤー)だけでなく、ベースレイヤー、アウターの3レイヤリングシステムを提唱し、現在は様々なアウトドアメーカーで使用されています。

 

フリース

 

他のフリースとの違い

ポーラテックのフリースジャケットは、2万円前後とかなり高価な印象がありますよね。

それだけ「いいもの」だということはなんとなく分かるけど…量販店などの安価なフリースとどう違うの?と思っている人は多いはず。

その値段の差は、保温性、速乾性、耐久性、機動性、軽量化など、機能性の差と思ってください。

ポーラテック社は、登山や軍隊など過酷な状況で耐えうる高機能なフリースを生み出した第一人者であり、その開発には相当なお金がつぎ込まれています。

それにより、他社にはできない高度な最新技術を駆使した高機能フリースが作られるのです。

また、ポーラテックのフリースは独自のカット技術により毛玉になりにくく、一度買うと何年も、場合によっては何十年も着続けることができます。

そう考えるとコスパは悪くないのではないでしょうか。

普段使いであれば量販店のフリースでも十分ですが、アウトドアで使うなら断然ポーラテックがおすすめです。

 

 

ポーラテックの主な種類

マムート

出典 MAMMUT

 

ポーラテック パワードライ

主にベースレイヤーに使われる速乾性に優れたファブリック。

表裏に異なる編み糸を用いた二重ニット構造で、内側の水分を皮膚からすばやく吸収し、外側はすばやく乾きます。

 

 

ポーラテック パワーストレッチ

4方向ストレッチであらゆるスポーツの動きを妨げないファブリック。

汗をかいても常にドライに保ち、軽くて温かく、ベースレイヤーからアウターまで最も多用途に使われています。

 

 

ポーラテック クラシック

軽量で保温性と通気性に優れた最もスタンダードなシリーズ。

100、200というように断熱レベルにより4種類に分かれています。

耐久性があり、ジャケットやパンツ、セーターや帽子などのアクセサリーに最適です。

 

 

ポーラテック サーマルプロ

寒冷な状況で最も高いパフォーマンスを発揮する断熱ファブリックです。

重さに対する温かさの比率はナンバーワン。

表面のテクスチャーはたくさんのパターンがあり、あらゆる用途、デザインに適しています。

 

 

ポーラテック ウィンドプロ

通気性に優れながら、従来のフリースの4倍の防風性があります。

保温性を保ちながらも汗抜けが良いため、ソフトシェルによく使われるファブリックです。

 

 

ポーラテック パワーシールド

メンブレンを使わず、1層だけで98%の風をブロックし、高い防水性を発揮する次世代の素材です。

優れた通気性、耐摩耗性、伸縮性を備え、快適に着続けることができます。

 

 

 

 

まとめ

温かくて着心地がよく、耐久性も高いポーラテックフリースは、アウトドアユーザーにとっては無くてはならない存在です。冬山はもちろん、1年中あらゆるアクティビティで活躍してくれるので、是非試してみてください。一度着てみれば、他のフリースとの違いを実感できるはずです。

公式アカウント

関連記事