アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏登山で覚えたい標高別のレイヤリング術

夏登山で覚えたい標高別のレイヤリング術
レイヤリングは、夏登山をする上で大事な技術のひとつです。レイヤリングを間違えてしまうと、行動不能になる可能性もあります。夏登山は標高によって環境が大きく変わるので、自分の登る山に合わせてレイヤリングを学びましょう。

レイヤリングとは?

夏登山 レイヤリング

レイヤリングとは重ね着のことを指します。山の環境に対応するために、まずはレイヤリングの基本を押さえましょう。

ベースレイヤー

肌に密着する肌着、もしくはTシャツなど、最初に着るウェアをベースレイヤーと呼びます。登山中は汗をかきやすいので、吸汗性や速乾性の優れたベースレイヤーを選びましょう。

素材は、ポリエステルなどの化学繊維がおすすめです。抗菌性・防臭性の機能を持つベースレイヤーもあるので、気になる方はチェックしましょう。

ミドルレイヤー

ミドルレイヤーは、ベースレイヤーの上に着るウェアのことを指します。ベースレイヤーの上に着る半袖・長袖のウェアや、ソフトシェルやフリースなどはミドルレイヤーに属します。

行動中に着るミドルレイヤーは、暑くなりにくい通気性のよいものを選びましょう。ベースレイヤーが吸収した汗を空気中へ逃がすために、速乾性も必要です。

フリースは、休憩中の防寒に羽織ることが多いので、薄手〜中厚手のものを選ぶようにしましょう。

アウターレイヤー

アウターレイヤーは、防風性のあるジャケットとパンツを使用します。標高が高い場所は風が強いので、ミドルレイヤーの上にアウターレイヤーを重ね着し、体を保温しましょう。

レインウェアでも代用が可能なので、荷物を減らしたい方はアウターレイヤーと併用することもおすすめです。

アウターレイヤーでおすすめの素材はゴアテックスで、防風性や防水性が高く、汗を外に逃がす透湿性にも優れています。

 

夏に標高1,000m級の低山に登山する場合のレイヤリング術

夏登山 レイヤリング

標高1,000m級の場合、気温が高い中での登山になります。レイヤリングは気温と汗対策を中心に行ってください。

ベースレイヤー

ベースレイヤーは薄手の半袖がおすすめです。半袖で行動する場合は、肌の露出を防ぐため、アームカバーなどを併用するとよいでしょう。ユニクロのエアリズムなどもベースレイヤーに利用できます。

ミドルレイヤー

ミドルレイヤーはソフトシェルを1枚持っていきましょう。低山と言えど、街中よりも風が強い場所もあり、汗冷えの危険性があります。

モンベル製ソフトシェルは、軽量で扱いやすい物が多く、夏登山におすすめです。

[モンベル] レディース ZEROPOINT ソフトシェルジャケット マウンテンパーカー トレッキング
[モンベル] レディース ZEROPOINT ソフトシェルジャケット マウンテンパーカー トレッキング

アウターレイヤー

アウターレイヤーは、レインウェアを持って行くのがおすすめです。防寒的に必要ありませんが、夏は突然雨が降ることがあります。天候が晴れであっても持っていくようにしましょう。

初めて夏登山をするという方にはワークマンのレインウェアがおすすめです。低山であれば問題なく使用できます。

おすすめの服装

【レディース】
ベースレイヤーは半袖シャツ、アームカバーを腕に装着し、オシャレを意識するなら山用スカート+タイツコーデがおすすめです。

【メンズ】
ベースレイヤーはレディースと同様に半袖シャツ+アームカバー、ボトムスは薄手の夏用パンツで涼しく登りましょう。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事