登山では突然の雨のなか、テントを設営または撤収しなければいけないこともあります。ここでは、雨天時のテント設営や撤収を素早くできる工夫から、テント場を選ぶポイント、必需品などについて説明しましょう。

雨天時の登山テント設営のコツは「濡れないように最短で」

登山テントの設営 雨

登山中の雨や風が吹くなかでの作業は、濡れたり焦ったりといつもより時間がかかることも。そうならないように、事前にできる工夫をあげてみましょう。

テント設営の手順を練習しておく

テントの設営や撤収の手順は、テントを出したら考えずにできるぐらいまで、練習をしておくとよいでしょう。

初心者の場合、どうしても時間がかかってしまう理由は手順を考えながらしているから。実際に使う前に、家で何回か設営や撤収の練習をするようにしてください。

取り出しやすいようにパッキングをする

テント設営で使う物は、すぐに出せるようにパッキングすることも大切です。雨が降ってきたときに、雨宿りできる場所があればよいですが、そうでない場合も多いので、ザックからぱっと取り出して、インナーを立てたなかに荷物を入れておけば濡れません。

タープを活用するのも◎

タープは、日差しや風を防いだりするための布。屋根の代わりにも使うことができるので、まずはタープを張って、その下でテントを張れば、濡れることもなく便利です。

 

雨天時はテント場の場所選びも大切

登山テントの設営 雨

雨のときの、テントを張る場所選びのポイントについて説明します。

低地など水がたまりやすい場所を避ける

雨のときは低地や窪地など、雨が流れ込んでくる可能性がある場所を避けることが大切。芝生や砂利のある場所は水はけがよく、テントの下が水浸しになりにくいので、おすすめです。

小雨程度なら木の下など、雨を避けられる場所ではありますが、雷などをともなった雨の場合は、落雷などの可能性もあるため、注意が必要です。

危険な場所を見極めることも重要

川のそばは雨量が多いと増水する可能性もありますし、崖や土砂が多い土地では、土砂くずれや落石などのリスクもあります。

雨の日は、そのときは小雨程度でも、後で大雨になった場合を考えて、危険な場所を避けて選ぶようにしましょう。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。