アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

春のロードバイクに最適なインナーのおすすめをご紹介します

春のロードバイクに最適なインナーのおすすめをご紹介します
ロードバイクのウェアで、とても重要なのがインナー選びです。インナーは、寒さから体を守ってくれるだけでなく、いろいろな役割があります。ここでは、インナーの役割や春のロードバイクにぴったりな選び方とおすすめをご紹介します。

 ロードバイクのインナーの役割って?

ロードバイク 春 インナー

ロードバイクをする際、インナーは寒い時期だけでなく、春や暑い夏でも着用したほうがいいと言われるほど、重要なアイテム。

インナーについて、基本的な役割やどんなタイプがあるのかを、ご紹介しましょう。

インナーは汗を吸って乾かすのが仕事

インナーのいちばん重要な役割は「汗を吸い取って、乾いた状態に保つ」ことです。ロードバイクに乗っていると、風を常に感じるので、汗をあまりかかないような感じがします。

しかし実際は、わきの下、首筋、背中など、汗をかいていることが多いです。インナーは、汗を吸って、それをすぐに乾燥させて、汗による身体の冷えから守ってくれるのです。

ロードバイクのインナーのタイプは3つ

インナーは、下記の3つのタイプがあります。

  • アンダーシャツタイプ
  • タイツタイプ
  • パンツタイプ

上半身に着用するアンダーシャツタイプは、いちばんよく知られていると思いますが、袖なし、半袖、長袖などの種類があります。

下半身に着用するタイツタイプは、汗を取るだけでなく、足への負担を軽減してくれるものもあるので、両方の目的で着用する人が多いです。

また、パンツタイプは、下着のように手軽に着用できるので、タイツタイプでは暑いという人にはこちらがおすすめ。タイツとパンツタイプには、おしり部分にパッドがついていて、痛みを軽減してくれます。

 

 春のロードバイクにぴったりなインナーの選び方

ロードバイク インナー

春は気温のばらつきがあり、寒い日や暖かい日などいろいろ。温度調節にも活用できる、ロードバイク用のインナーを選ぶときのポイントをご紹介します。

春のロードバイク用インナーの選び方①吸汗速乾の素材が最適

ロードバイク用のインナーは、役割を考えても吸汗速乾の素材のものがいいでしょう。

サイクルメーカーやスポーツメーカーのスポーツインナーは、吸汗速乾の素材が使われていることが多いので、おすすめ。

そのほかに、動きを邪魔しない伸縮性のものや、UVカット機能などが備わっているものを選ぶといいです。

 春のロードバイク用インナーの選び方②半袖と長袖のインナーをつかいわける

春のライドには最高気温を確認して、トップは半袖または長袖のインナーをつかいわけるといいでしょう。

最高気温が16度以上などあたたかい日は、半袖にもう1枚薄手のアウターを重ねたり、気温の低い日で長袖のインナーだけでは寒い場合は、薄手のインナーを2枚重ねで着てもあたたかいです。

2枚重ねの場合、暑くなったら1枚脱げばいいので、体温調整もしやすくなります。

ページ: 1 2
   
   

 

ロードバイクカテゴリの最新記事