季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

服装でこんなに変わる?おしゃれ・カジュアルにロードバイクに乗るためのコツを伝授!

服装でこんなに変わる?おしゃれ・カジュアルにロードバイクに乗るためのコツを伝授!
   
初心者にとって、どんな服装でロードバイクに乗るかというのは、意外とむずかしいポイントです。そこで、今回はカジュアルでおしゃれにロードバイクを乗りこなしたいという人におすすめの服装について説明していきます。
   

ロードバイクの服装は裾がポイント

 

サイクルウェアとヘルメットをかぶり颯爽とロードバイクを乗りこなしている人をみると、「カッコイイな」と憧れますが、ロードバイクの乗り方は人それぞれ!

自分の乗り方に合わせて服装は選ぶべき。

ロードバイクの服装としては、動きやすいものであれば、基本的にはなんでもOKです。

おすすめは、サイクルパンツやトレーニングパンツなどの裾がタイトなズボン。

チノパンやカーゴパンツでのライドはとてもスタイリッシュに見えます。

でも、裾が少しダボッとしているので、ペダルを漕いでいるときに汚れたり、チェーンに挟まったりする危険もあるのです。

もし、こういったタイプのスボンしかない場合は、専用のバンドやクリップがおすすめです。

できれば、バンドやクリップは揃えておきたいアイテムです。

 

 

【送料無料】キャットアイ(CAT EYE) 高輝度反射テープ付きズボンバンド 2本セット ブラック

 

また、ロードバイクの練習を少しずつ取り入れたいという人には、インナーパンツがよいでしょう。

ロードバイクを乗りはじめたばかりのときは、サドルにあたる部分が痛くなりがちです。

それを防ぐために、おしり部分に痛み軽減用のパッドが入ったものをインナーパンツと言います。

サイクルウェアのインナー版といえばわかりやすいでしょうか?

サイクルウェアは基本的に下着をつけずに着ますが、インナーパンツは下着ですから、この上にズボンをはくことになります。

あまり、かっちりとしたローディスタイルではなく、気軽にカフェによったりなどできる街乗り向きですね。

上に着るものはTシャツや長袖などで良いですが、自転車は汗をかくので吸汗速乾性の高い物がいいでしょう。

そして、ロードバイクは漕ぐとき前傾姿勢になるので、背中が見えないように少し長めのものにしましょう。

 

 

カペルミュール メッシュインナーパンツ プロライドパッド付き 【サイクルウェア】【KAPELMUUR】【自転車グッズ】【サイクリング】

 







ロードバイクカテゴリの最新記事