アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

SDGs達成につながるスポーツの力!チームやメーカーの取り組み事例

SDGs達成につながるスポーツの力!チームやメーカーの取り組み事例
SDGsの目標達成のために、手段のひとつとして注目されているスポーツ。注目の理由はスポーツが本来もつ力にあります。今回はSDGsでスポーツが注目される理由や、日本でのスポーツSDGsの取り組み事例をご紹介しましょう。

スポーツSDGsとは

sdgs スポーツ

スポーツSDGsとは、スポーツを通してよりよい社会を目指していくこと。具体的には、SDGs(持続可能な開発目標)でかかげている平和や開発への目標を達成するために、スポーツで貢献することです。

SDGsでは、社会問題や環境問題について17の目標があります。スポーツが各目標の達成の力になると、世界が注目。というのも、スポーツには多様性を認めあい、人を集めて影響を及ぼす力があるためです。

一般社団法人日本スポーツSDGs協会でも、「スポーツは元来、ジェンダーも国境も人種も言語も貧富も超え、人々が心ひとつにできる公器な存在」としています。年齢や性別を問わず愛されているスポーツなら、SDGsの概念を多くの人々とシェアできるでしょう。

SDGsの目標達成のためには、個人の小さな行動、ひとつひとつが大切です。SDGsの概念がスポーツを通してより多くの人々に広まり、個人の価値観や行動様式が変わることが期待されています。

出典:一般社団法人日本スポーツSDGs協会「SPORTS SDGsとは

 

日本のスポーツSDGsの取り組み事例

sdgs スポーツ

日本でもスポーツのもつ力に着目し、スポーツSDGsが広まっています。政府の取り組み事例や、人気の野球、サッカーでの取り組み事例をご紹介しましょう。

スポーツ庁×SDGs

スポーツ庁では、スポーツのもつ集客力や影響力を使い、SDGsの目標達成を目指しています。5年おきにスポーツ基本計画と呼ばれる指針を策定。この計画をもとに日本のスポーツ施策を決定しています。

2022年4月開始の「第3期スポーツ基本計画」では、「すべての人が自発的にスポーツに取り組むことで自己実現を図り、スポーツの力で、前向きで活力ある社会と、絆の強い社会」をつくることが目標。以下の3つの視点を設定しています。

  • スポーツを「つくる/はぐくむ」
  • スポーツで「あつまり、ともに、つながる」
  • スポーツに「誰もがアクセスできる」

多くの人々がますますスポーツを楽しめて、地域活性化に貢献できるような内容となっています。

出典:スポーツ庁「第3期スポーツ基本計画(概要)

西武ライオンズ(野球)×SDGs

sdgs スポーツ

プロ野球チーム、西武ライオンズは「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP!プロジェクト」という取り組みを実施しています。野球を通して、持続可能な社会を目指す環境支援活動です。

4つの柱とされているのが、「野球振興・こども支援・地域活性・環境支援」。よりすこやかな社会と、のびやかな未来を目指し、SDGsへの取り組みをすすめていますよ。

活動の種類は豊富。イベントでSDGsの普及活動をするほか、野球場のゴミの分別を細分化したり、回収した食品廃棄物を電気にリサイクルしたりと、ファンも一緒に貢献活動を行えるのが魅力です。

出典:L-FRIENDS「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP!プロジェクト

FC大阪(サッカー)×SDGs

sdgs スポーツ

サッカークラブ、FC大阪では「誰もが生き生きと暮らせる街づくり」をテーマに社会貢献活動を行っています。大阪府をはじめ、積極的に大学やパートナー企業と連携しながら、SDGsの目標達成を目指しているのが特徴です。

活動は多様で、たとえばSDGsの目標1「貧困問題をなくそう」では、FC大阪こども基金を設立しました。また、目標14「海の豊かさを守ろう」では、FC大阪の選手スタッフと参加者による海岸の清掃活動をするなど、チーム一丸となって貢献活動をつづけています。

出典:FC大阪「SDGsの取り組み

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事