アウトドアユーザーに人気があるモンベルのシュラフ。多彩なラインアップがある一方、自分に合うシュラフを選ぶのに迷う方もいるでしょう。ここでは、モンベルのシュラフの選び方と、秋冬シーズンに活躍する5つのモデルをご紹介します。

モンベルのシュラフの特徴

mont-bell(モンベル) シュラフ

モンベル製品は機能性が高くリーズナブルなので、とくにアウトドア好きな方に親しまれています。モンベルのなかでも、シュラフは主力製品のひとつ。そんなモンベルのシュラフの特徴を2つご紹介します。

伸縮性があり快眠をサポート

モンベルのシュラフは、伸縮性が高いのが特徴です。たとえば、「スーパースパイラルストレッチシステム」仕様の「シームレスダウンハガー800シリーズ」は、最大135%もの伸縮率があります。

抜群の伸縮性でより体にフィットし、寝返りも打ちやすい仕様に。つまり、マミー型(人形型)の利点である保温性を確保しつつ、難点である窮屈感を解消しているのです。

多彩なラインアップ

さまざまなアウトドアシーンに対応するため、モンベルはシュラフのバリエーションが豊富です。コンパクトさが求められる登山やツーリング用のシュラフ、キャンプや車中泊で使いやすいリーズナブルなシュラフなど。また、夏用・冬用など、季節に合わせたシュラフも選べます。

この多彩なラインアップは、アウトドア総合メーカーであるモンベルの強みといえるでしょう。

秋冬におすすめ!モンベルのシュラフの選び方

mont-bell(モンベル) シュラフ

シュラフはたくさん種類があるので、自分に合うものはどれなのか迷ってしまう方も多いはず。シュラフの選び方を2つに絞ってご紹介します。

素材から選ぶ

シュラフの素材は、主に「ダウン」と「化学繊維」。ダウンは軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴で、荷物の軽量化を重視する登山やツーリングに最適です。

化学繊維はかさばるものの、リーズナブルでメンテナンスがしやすいのが特徴。ダウンに比べてコスパがよいので、1つ持っておくと車中泊やキャンプなどで活躍します。

▼ダウンと化学繊維の比較

  ダウン 化学繊維
利点
  • 軽量
  • コンパクトに収納できる
  • 水濡れに強い(速乾性がある)
  • メンテナンスが容易
  • 比較的リーズナブル
欠点
  • 高価
  • メンテナンスに手間がかかる
  • 濡れると保温力が下がる
  • ダウンより重くなる
  • ダウンよりかさばる

対応温度域から選ぶ

使用環境に対応する温度域のシュラフを選ぶことが大切です。気温が対応温度域よりも低すぎると寒さを感じるため、快適な睡眠を得られません。したがって、具体的にどの季節、どの場所で使用するかを想定し、気温がどれくらいになるかを調べましょう。

次に、モンベルのシュラフを選ぶ際は、「快適温度」も参考にします。

快適温度:一般的に、代謝が低く、寒さへの耐性も低い方が、リラックスした体勢で眠れるとされる温度

この快適温度を目安にシュラフを選べば、寒さで眠れなくなるような事態を防げるでしょう。一方、フリースやダウンなどの暖かい寝巻きを着るなら、快適温度を下回る環境でも眠りやすくなります。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。