焚き火の秋♪いつでもどこでも持ち出せる1kg以下の軽量・コンパクトな焚き火台がほしい!

Greenfield

焚き火の秋♪いつでもどこでも持ち出せる1kg以下の軽量・コンパクトな焚き火台がほしい! 出典MONORAL FB

焚き火が楽しい季節がやってきましたね。焚き火台なら持っているよ~という方、その焚き火台、グリルとしてお肉に占領されちゃってませんか?今回は、そんな方の2台目として、また、ツーリングキャンプや登山などでも活躍する、超軽量でコンパクトになる焚き火台を集めました。

ユニフレーム ファイアスタンドⅡ

出典 UNIFLAME

 

今やコンパクト焚き火台の代名詞ともいえる、ユニフレームのファイアスタンド。

特殊耐熱鋼メッシュは、くるくると巻いて収納でき、フレームを合わせた重さはたったの490g。

かなり軽量ですが、さすがはユニフレーム、しっかりした作りです。

メッシュの網目は0.96mmで、火が下に落ちることはほとんどありません。

価格も比較的買いやすいですね。

メッシュが傷んだら、本体の半額くらいでメッシュのみ交換できるのも嬉しいポイント。

 

 

 

モノラル ワイヤーフレーム

出典 MONORAL

 

「連れて歩く焚き火台」というキャッチフレーズが物語るように、片手で余裕で持てる収納性、重量も1kg以内というコンパクトな焚き火台。

気になる特殊耐熱クロスの想定使用時間は約50時間だそうです。

焚き火クロスはもちろん交換用が販売されていますが、さらに耐久性に優れたステンレスメッシュタイプに変えることもできます。

ワイヤーフレームは、一般的な焼き網(幅38cm)をそのままアームに載せることができるので、お肉を焼くなどの調理にも使えますよ。

五徳アタッチメントを使えば、ダッチオーブン調理も可能です。

 

MONORAL

 

 

パーゴワークス ニンジャファイアスタンド

 

ニンジャタープで知られるパーゴワークスの、世界最軽量の焚き火台。

なんと、280gしかありません!

この軽さなら、山歩きや車を使わないキャンプでも負担にならないですね。

釣り竿のように巻物ケース(忍者っぽい!?)にパーツを収納でき、くるくると丸められます。

こんなに軽くて大丈夫かな・・・と心配になりますが、薪を載せて荷重がかかると逆に安定する仕組みです。

グリル機能は捨てた焚き火に特化したモデルですが、五徳があるのでクッカーやケトルは使えますよ。

 

 

 

STC ピコグリル398

出典 STC

 

スイスブランドSTCのピコグリルは、その美しいフォルムで人気急上昇中。

ピコグリルは398と、その倍くらいの大きさの760があります。

ソロやカップルキャンプにぴったりな398は、重量448gと軽く、畳むとA4サイズになるので持ち運びも便利。

また、小型の焚き火台ながらも横長でサイドの開いているデザインなので、買ってきた薪を割らずにそのまま置くことができます。

これは超ラクだ!!

別売りのスピット(串)や、一般的な焼き網を載せれば調理もできます。

 

 

 

DOD ライダーズファイアクレードル

出典 DOD

 

DODらしいユニークな焚き火台付きトライポッド。

高さ1080mmのサイズながら、収納時は290mmとコンパクトになり、重量も717gと軽量です。

軽くて強いアルミ合金製ポールを使用していて、強度も安心。

トライポッドのフックは最大8kg、焚き火台の網は3kgまで耐えられます。

焚き火、煮炊きはもちろん、使わないときはランタンスタンドにもなるので、一台あって損はありませんね。

 

 

 

笑’s コンパクト焚き火グリルB-6君

出典笑’s

 

ソロキャンパーに圧倒的な人気を誇る笑’sのコンパクトグリルタキビ台B-6君。

その名の通りB-6サイズに収納でき、厚さはたったの18mm、重さはわずか500gです。

B-6君にはステンレス製とさらに軽量のチタニウム製があり、チタニウム製はなんと263kgしかありません!

あれ?世界最軽量のニンジャファイアスタンドより軽い(笑)

軽いだけでなく、職人によって丁寧に作られている笑’sのギアは、一貫して耐久性と効率性に優れています。

別売りのグリルプレートやロストルを使って、自由なタキビ&グリルスタイルを楽しめますよ。

 

 

 

 

UCO フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット

 

LEDランタンで人気のUCO(ユーコ)からも、小型の焚き火台が発売されています。

収納サイズは厚さ3.5mm、重さは454gです。

さびにくいステンレス製でメンテナンスも楽チン、組み立てもワンタッチ。

他にはないデザインも魅力です。

焼き網も付属しているので、調理機能も申し分なし!

人とかぶらない焚き火台を探しているなら、これに決まりかも?

 

 

 

まとめ

全て1kg以下の、超軽量でコンパクトな焚き火台をご紹介しました。どこにでも持ち運べる軽量な焚火台があれば、より充実した焚き火ライフを送れますよ。是非あなたのキャンプスタイルに合わせて選んでみてください♪

公式アカウント

関連記事