アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山に持って行きたい本格的なコーヒーが満喫できるドリッパー

登山に持って行きたい本格的なコーヒーが満喫できるドリッパー
登山をして見晴らしのよいスポットで美味しいコーヒーを味わいたい。そうお考えの方は多いはずです。しかし、かさばるドリッパーだと登山をするのが大変。今回は、登山で本格的なコーヒーが味わえるドリッパーについて紹介していきます。

ドリッパーの役割とは?

登山 ドリッパー

ドリッパーは、おもに紙製などのフィルターを、逆円錐形に維持して支える役割を果たしています。

また、ドリッパーの役割はそれだけではなく、美味しいコーヒーを淹れるために欠かせないさまざまな機能をそなえています。以下でドリッパーの役割について項目別に紹介します。

ドリッパーの役割①コーヒー豆を蒸らす

ドリッパーの役割その1は、コーヒー豆を蒸気でむらすこと。コーヒー豆に沸騰した湯滴をたらして蒸らし、成分を抽出しやすくします。

ドリッパーの役割②コーヒー豆を濾(こ)す

厳密にはコーヒー豆を濾すのはフィルターですが、ドリッパー自体がフィルターを担っているタイプもあります。

ドリッパーの役割③抽出速度をコントロールする

ドリッパーの底にあいた穴の大きさや数で、コーヒーの抽出速度をコントロールしています。また、側面に掘られた溝、リブと呼ばれる部分も、コーヒーを抽出するための大きな役割を担っています。

 

ドリッパーの選びかたについて

登山 ドリッパー

登山に持っていくドリッパーはどのようなものを選べばよいのでしょうか?

荷物にならないものを選ぶ

登山のときには、最小限の荷物にしたいので、できるだけかさばらないドリッパーがおすすめです。

筆者のおすすめは、ドリッパーとフィルターを兼ねそなえたステンレス素材のメッシュタイプ。紙のフィルターと変わらない美味しいコーヒーを抽出することができ、洗って何度でも使用できます。

フィルターの型式にあわせたものを選ぶ

フィルターには、カリタ式やメリタ式といった台形の形をしたものと、円錐形のハリオ式、コーノ式とがあります。

フィルターの型式とドリッパーの型式があっていないと、コーヒーをうまく抽出できません。フィルターの型式にドリッパーをあわせるか、または、ドリッパーの型式にフィルターをあわせるようにしましょう。

ガラスや陶器などの割れる素材は避ける

登山に持っていく場合、ガラスや陶器といった割れやすい素材のドリッパーは不向きです。多少の衝撃でも壊れない、金属製やプラスチック製のドリッパーを選ぶようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事