軽量と強度を兼ね備えたイタリア発のトレッキングポール「FIZAN フィザン コンパクト」 を立山連峰縦走でレビュー

Greenfield

軽量と強度を兼ね備えたイタリア発のトレッキングポール「FIZAN  フィザン コンパクト」 を立山連峰縦走でレビュー

膝を故障してから登山には欠かせないトレッキングポール。今回、イタリア生まれのトレッキングポール「FIZAN compact4 フィザン コンパクト 4」を北アルプスの立山で試してきました。4段トレッキングポールでは世界最軽量と言われるトレッキングポールの実力をレポートしたいと思います。

トレッキングポールの必要性

 

登山でトレッキングポールを使わない人は、体力や足腰に自信のある人、トレーニングのために使ってない人、ただ単に面倒などの様々な理由があるでしょう。

しかし、私のように膝を壊した人や膝が弱い人、脚力に自信のない人、年配の方などにはバランスの補助、歩行の推進力アップ、膝や足への負担、痛み、疲労を軽減してくれるので、トレッキングポールは安全に登山するための必要なアイテムだと感じています。

 

 

世界最軽量の実力は!?

 

今まで使ってきたトレッキングポールの中で1番軽い!!

縦走で長時間使っていても手の疲れが全然気になりませんでした。

トレッキングポールは折れることもよくあるので強度が気になりましたが、軽いのにアルミで作られてるため、しっかり体重を預けられる安定感もありました。

 

 

手に馴染むグリップとストラップ

 

トレッキングポールを長時間使っているとグリップに汗をかいて滑ったり、ストラップも素材によっては擦れた感があったりしますが、さらっとした持ちやすいグリップと柔らかい肌触りのストラップはストレスを感じず使うことができました。

フイット感がすごく良かったです!

 

 

持ち運びや操作性は?

重さ169gの4段階タイプなのでとにかく軽くてコンパクト。

アタックザックの中にもしまえたので持ち運びも便利です。

長さ調整も回転させるだけでしっかり固定でき、素手でもグロープを着けてても楽に調整できました。

付属にスノーバスケットも付いていたので、グローブしたまま調整しなくてはいけない雪山でも活躍してしてくれるでしょう。

 

まとめ

軽くて強度のあるフィザンのトレッキングポールはデザイン性もあり年齢問わず使え、その上コンパクトで操作性もいいので、縦走や雪山など幅広く使えると思います。実際今回の縦走で2日間使わせてもらいましたが、持ち運びにも面倒がなく腕の疲れも感じなかったため疲労感が違う気がしました。あえて気になることをあげるとしたら、ラバーキャップに元々小さい穴が開いているためそこからポールの先が出てきくるので、それが気になる方はキャップを交換して使用することをおすすめします。

公式アカウント

関連記事