アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山でのストックの正しい使い方とは?平地・登り・下りに分けて紹介

登山でのストックの正しい使い方とは?平地・登り・下りに分けて紹介
登山用ストックを持っていても、なんとなく使っているだけになっていませんか。ストックを適切に使うと安定して歩けて、転倒のリスクを減らせます。今回は、すぐに実践できる登山用ストックの正しい使い方を紹介します。

 

場所によってストックの種類を変えよう!

登山 ストック 使い方登山用ストックはトレッキングポールとも呼ばれ、グリップの形状から「I型」と「T型」の2種類に分けられます。

使用する場所によって、ストックの種類を使い分けるのがおすすめです。

I型とT型の特徴や、使用に適している場所を説明します。

起伏の多い場所なら「I型」

グリップがまっすぐなI型のストックは、通常2本で使うことから、「ダブルタイプ」とも呼ばれています。

両手で使うのでバランスが取りやすく、起伏が多い登山やロングトレイルに向いているのが特徴です。

持ち方は、ストラップの輪の下から手を通して、グリップとストラップを一緒に握ります。

このとき、親指と人差し指でグリップを握り、残りの指は軽く添えるようにするのがポイントです。

平坦な場所なら「T型」

グリップがT字になっているT型ストックは、多くの場合、1本で使います。

「ステッキタイプ」や「スティックタイプ」などとも呼ばれ、体重がかけやすく、腕が疲れにくいのが特徴です。

ハイキングコースなど、なだらかな道を歩くのに適しています。

また、片手があくため、歩きながらハイドレーションで水分補給するときなどにも便利です。

持ち方はI型ストックと同じく、ストラップの輪に下から手を通します。

T字の短いほうを前にして、親指と人差し指で持ち、残りの指で長いほうを握ってください。

手のひらでグリップを包むようなイメージで持つと、使いやすいでしょう。

 

使用前にストックを調節しよう!

登山 ストック 使い方ストックは使いはじめる前に、自分に合う状態に調節することが大切です。

ここでは、多くの登山者が利用するI型ストックについて、使用前に調節しておくべきポイントを説明します。

自分に合った長さに調節する

平坦な場所でグリップを握って立ち、ひじの角度が直角から少し広がる程度の長さに調節しましょう。

これが基本となるストックの長さです。

登りと下りでは長さを変える

登りでは、ストックは基本の長さより短め、下りでは長めにして使います。

平坦な場所で握ったグリップが、登りの場合は腰または腰下あたりにくるのが理想的です。

下りの場合は、グリップが胸の高さになる位置を目安にしてください。

ストラップの長さを調節する

ストラップに手を通してグリップを握ったら、手首のストラップを調節します。

手を動かしてみて軽く隙間があく程度がおすすめです。締めすぎには注意しましょう。

ストラップを手首にきちんと合わせると、握力を使わずに軽く握るだけでストックを持てます。

手を離したときも、ストックが滑り落ちにくくなるのがメリットです。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事