アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【レビューあり】キャンプで大活躍のルーフボックス

【レビューあり】キャンプで大活躍のルーフボックス
車にキャンプの荷物を積むとき「積みたいものはたくさんあるけど、これ以上増やせない・・・」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回はそんな悩みを解決できるルーフボックスについて、種類や選び方、筆者おすすめの商品を紹介します。

ルーフボックスってなに?

キャンプ ルーフボックス

ルーフボックスとは、車の上に荷物を積めるようにするもの。トランクの補助的な役割があります。積載量が少ない車でも多くの荷物を積めるため、キャンプやスキーなど荷物が多いときに便利です。

一般的には、ハードな素材でできたボックスのようなものを指しますが、つぎで紹介する3タイプの総称として使われることもあります。

 

キャンプに便利なルーフボックスは3タイプ

キャンプ ルーフボックス

ルーフボックスのタイプは以下3つです。ここではそれぞれの特徴や設置方法、向いている人について解説します。

①ルーフボックス

キャンプ ルーフボックス

ハードタイプのルーフボックスは、ほかのタイプよりも頑丈な素材で、衝撃に強いものが多いです。車の屋根に設置された、ルーフキャリアと呼ばれるバーのようなものに、固定します。

ルーフキャリアは必須ですが、しっかりと固定されるため、安心して荷物を積めるでしょう。日常的に多くの荷物を積む人に向いています。

②ルーフラック

キャンプ ルーフボックス

ルーフラックとは、ルーフボックスの取付けの際に必要な、ルーフキャリア自体に荷物を積めるものです。荷物を落ちにくくする囲いのようなものはありますが、屋根はありません。

積載量はルーフボックスより少ないですが、その分低価格。車高もでないため、車種によっては屋根付き駐車場でも問題なく駐車できるでしょう。

多くの荷物は載せない人、雨や直射日光に当たっても問題ない荷物を積む人に向いています。

③ルーフバッグ

キャンプ ルーフボックス

ルーフバッグとは、ソフトな素材でできている、大きい収納ケースのようなものです。ルーフキャリアが不要で、車の屋根に直接ルーフバッグを載せ、フックを車に引っかけて固定します。

未使用時には折りたたんで収納が可能。ルーフボックスと比べると、衝撃を受けたときのタフさは劣りますが、素材が完全防水のタイプもあります。

普段はトランクだけでじゅうぶん荷物を積める人、屋根の高さ制限のある駐車場を利用する人におすすめです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事