アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏山の登山に最適なバックパックを容量別に紹介

夏山の登山に最適なバックパックを容量別に紹介
夏山といえば、登山のシーズン。どんな大きさや機能があるバックパックがよいのか悩んだことがある人は多いのではないでしょうか?ここでは、バックパックの特徴から選びかたのポイント、そして大きさ別におすすめをご紹介します。

登山用バックパックの特徴とは?

夏山登山 バックパック

まずは、登山用のバックパックとは、どんな特徴があるのかをご紹介します。

軽量で丈夫な素材で作られている

登山では、多くのものを持っていくので、どうしても重たくなりがち。そのため、重いものを入れても、破れにくく軽量で丈夫な素材が使われています。

また、山にはとがった岩や木が多く、バックパックを地面に置くことが多いのですが、少し乱暴に扱っても、擦れたり、壊れたりしないように耐久性もあります。

登山に必要な機能がついている

登山用のバックパックは、背負いやすく、つかれにくい機能がたくさんついています。

たとえばベルトはチェストベルト、ウエストベルト、ショルダーベルトなど、いろいろな部分についていて、重さを分散させたり、荷物がぶれたりしないようにしてくれます。

そのほか、ずっと背負っていても、ムレない通気性があったり、雨が降っても中身が濡れないように雨蓋がついているものなど、機能が充実しているものが多いです。

 

夏山用バックパックの選び方!ポイントは3つ

夏山登山 バックパック

夏山登山に適した、バックパックを選ぶポイントをご紹介します。

①大きさ(容量)

バックパックは、日常使いできる10Lぐらいから、数日間の登山にも対応できる90L以上の容量まで、さまざまです。

基本的には、日帰り登山なら20〜30Lぐらい、高山で1、2泊なら30L〜60Lぐらいあれば、よいでしょう。

②機能

登山向けには、最低限ウエストベルトがついているものを選びましょう。あれば、腰でも荷物を支えることができるので、重い荷物でも運びやすいです。

また、適度な硬さのクッションがついているショルダーハーネスがあれば、肩が痛くなりませんし、サイドポケットがあれば、ドリンクやちょっとした補給食も入れられて便利です。

大容量のバックパックなら、ダブルジップでアクセスしやすく、出し入れが簡単にできるかというところも、チェックしましょう。

③素材

素材は、軽くて耐久性のある生地を使用しているものがよいでしょう。強度のことなる生地を混ぜたものや、防水性の高い素材を使っているものなどがあります。

また、背中部分がメッシュ素材になっているものだと、通気性がよく蒸れにくいのでおすすめです。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事