半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

雪遊び・スノーレジャーに必要な持ち物&雪デビューの注意点

雪遊び・スノーレジャーに必要な持ち物&雪デビューの注意点
   
雪遊び、スノーレジャーには何が必要? スノーウェア、スノーブーツ、手袋など、幼児〜小学校低学年くらいの子どもに必要な装備・持ち物と、雪デビューにあたっての注意点、対応策を紹介します。
   

雪遊び・スノーレジャーに必要な持ち物

持ち物リスト 雪遊び

 

スキー場や、雪遊びができる雪国では、気温はあたたかくても0度前後。

寒波が来襲していたり、標高1,000m前後と高地のスキー場だったりするときは、マイナス10度前後は覚悟しておきましょう。

基本的な子どもの装備や持ち物について解説します。

 

スノーウェア

持ち物リスト 雪遊び

 

まずは生命線となる、スノーウェア。

昨今は、5,000円前後から購入できる、リーズナブルなウェアが多数登場しています。

子どもは成長が早く、少し大きめを買っても、2〜3年で買い替えなければならないため、コストパフォーマンスの高さは嬉しいところ。

気温0度前後であれば、防寒性能も問題ありません。

ただし、マイナス10度以下の環境では心もとないですし、着心地、動きやすさ、耐水圧などの性能はそれなりでしかありません。

もう1つ、汗をかくと蒸れやすい欠点があります。

年齢が上がって、遊び方が活発になってきたり、スキー/スノーボードを本格的に楽しむようになってきたりしたら、機能性の高い、本格的なウェアが必要になってくるでしょう。

なお、サービスの整ったスキー場では、レンタルを利用する手があります。

標準以上のクオリティのウェアが用意されているケースが大半で、成長に伴って買い換える必要がなく、常にジャストサイズを着用できる利点があります。

利用回数が増えるほど割高になるのが、レンタルのデメリットです。

 

 

【基本送料無料 1/16 9:59まで】 レセーダ スキーウェア 上下セット ジュニア TODDLER SUIT RES51005 サイズ調整機能 スノーウェア

 

スノーブーツ

雪遊びをするには、雪上専用のブーツが必要です。

完全防水で、防寒材が使われていてあたたかいものを選びましょう。

なお、通常のレインブーツ(長靴)では、足先が冷たくなってしまって、数分と遊べません。

靴下を二重、三重に履いても、たいして変わりませんので、注意してください。

防水性能も重要です。

もし、ブーツの中まで濡れてしまえば、足が冷たくなってしまい、もうそれ以上、雪上に出ていることはむずかしいでしょう。

 

 

 

手袋(グローブ)

手袋は、防水性能が高く、厚みがあってあたたかいものを用意しましょう。

リーズナブルな価格帯の手袋は、防水処理が甘いケースが少なくありません。

もし、手袋が濡れて、中まで染みてしまうと、子どもは雪遊びやスノーレジャーをギブアップしてしまいます。

こうしたケースでは、予備も含めて2セットの手袋を用意しておく対策が有効です。

子ども用にしては高くついてしまいますが、防水・透湿性能が高いGORE-TEX(ゴアテックス)素材の手袋であれば、インナーまで濡れてしまう心配は、ほぼなくなります。

なお、年齢によっては、五本指の手袋が苦手で、着けるのに苦労して大泣きしたり、そもそも着用し続けていることができなかったりするケースがあります。

「ミトンタイプを選ぶ」「違和感のないサイズにする」など、子どもがストレスなく着けられる手袋を選んであげてください。

 

 

 







ゲレンデスキーカテゴリの最新記事