※このページにはアフィリエイトリンクが含まれています。
春は寒さがやわらぎ、気持ちよく山歩きができる季節。関東エリアの山々は雪解けが早く、お花見スポットが数多くありますよ。春の息吹を感じられる山へ、日常の疲れを癒しに行きませんか?春ならではの花を愛でながら歩ける、登りやすい山をご紹介します。

春の花に出会える!関東エリアでおすすめの山5選

花見 登山 関東

春にしか咲かない花がある、関東エリアの山を5つピックアップします。お花見登山を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①8,000本の桜で彩られる!蓑山・美の山(みのやま)|埼玉県

花見 登山 関東

関東の吉野山と称されている山です。吉野山は桜の名所として有名ですが、蓑山の山頂にある美の山公園も、約8,000本の桜が咲く人気スポット。公園まで車でアクセスできるので、お弁当をもって家族連れで楽しめますよ。

山頂には、展望台が3か所あり、秩父の街や山々を一望できます。また、「日本の夜景100選」のひとつにも選ばれた、美しい夜景は壮観です。早朝には雲海に出会えることも。

桜の時期を逃しても、5月の上旬〜下旬には、約3,500本のツツジが一面に咲きます。こちらを目当てに訪れてみてもよいでしょう。

エリア 埼玉県
桜の見頃 4月上旬~中旬
おすすめコース 関東ふれあいの道コース(ピストン)
コースタイム 約3時間
標高 586.9m
アクセス 電車:秩父鉄道「親鼻駅」下車、 関東ふれあいの道登山口まで徒歩約8分

車:登山口から登る場合は、関越道「花園IC」から「道の駅みなの駐車場」まで約35分

山頂にある駐車場へとめる場合は、「美の山公園」まで

②春の妖精、カタクリ草の群生地!筑波山(つくばさん)|茨城県

花見 登山 関東

山頂にカタクリの群生地があり、春は訪れる人々を魅了します。山に咲くカタクリ草は、全体的に小さく可憐です。2haほどの敷地に、約3万株のカタクリ草が群生していますよ。

シーズン中は、山頂で筑波山頂カタクリの花まつりが開催されます。群生地内の遊歩道が開放されるので、ゆっくり鑑賞できますよ。

コースはさまざまで、筑波山ケーブルカー&ロープウェイを利用すれば、徒歩3分ほどでかたくりの里へ着きます。体力に自信がない人でも、山頂まで気楽に行けるでしょう。

エリア 茨城県
桜の見頃 4月上旬~中旬
おすすめコース 白雲橋コース
コースタイム 約3時間30分
標高 877m
アクセス つくば市「筑波山への交通案内(アクセス)

③世界で唯一の花、カッコソウが咲く!鳴神山(なるかみやま)|群馬県

花見 登山 関東

鳴神山は、この山周辺にしか咲かないカッコソウの生息地です。カッコソウは絶滅の危機に瀕しており、国内希少野生動植物種に指定されています。そのため、登山道はロープで保護され、遠くからその姿を見られますよ。

また、登山道には、沢や鳴神神社などの見どころが豊富です。ナルカミスミレやミツバツツジといった、春の花にも出会えるでしょう。

鳴神山は、西峰の仁田山岳と、東峰の桐生岳からなる双耳峰です。天気がよければ、東峰の山頂から、360度の眺望と富士山が望めますよ。

参考:みんなの花図鑑「カッコソウ

エリア 群馬県
桜の見頃 5月上旬〜中旬
おすすめコース 駒形登山口からの周回コース
コースタイム 約3時間
標高 981m
アクセス 電車:JR「桐生駅」下車、北口から「おりひめバス(川内線)」で終点「吹上」まで約1時間、駒形登山口まで徒歩約20分

車:北関東自動車道「太田藪塚IC」から「駒形登山口駐車場」まで約30分、登山口まで徒歩約10分

 

④愛らしい水芭蕉の群生!尾瀬(おぜ)|群馬県

花見 登山 関東

尾瀬といえば水芭蕉!春は尾瀬ヶ原から尾瀬沼にかけて、愛らしい水芭蕉が一面に開花します。遊歩道をゆっくり歩きながら、水芭蕉を観賞できるのが魅力です。

また、池塘(ちとう)と呼ばれる大小さまざまな池があり、風がなければ美しい水鏡になりますよ。

登山道は整備され、比較的平坦なので歩きやすいでしょう。ただし、5月下旬は、遊歩道に雪が残っている場合があります。下記の記事を参考に、トレッキングシューズなどの装備もしっかり備えてくださいね。

春登山におすすめの装備や持ち物を解説 

その日の体調や天候に合わせて、コースの変更ができるのもうれしいポイントです。尾瀬至仏山麓 山の鼻小屋至仏山荘で、休憩や宿泊も可能。休憩所・売店・トイレなどが充実しています。老若男女問わず訪れられますよ。

ハイシーズンはマイカー規制が行われます。事前に確認しておきましょう。

エリア 群馬県
桜の見頃 5月下旬~6月上旬
おすすめコース 尾瀬ヶ原ハイキングコース
コースタイム 約3〜7時間
標高 尾瀬ヶ原は1,400m、尾瀬沼は1,660m
アクセス 尾瀬保護財団「アクセス

⑤純白のシロヤシオが美しい!檜洞丸(ひのきぼらまる)|神奈川県

花見 登山 関東

西丹沢の檜洞丸では、春にはツツジ科の真っ白なシロヤシオが咲き誇ります。トウゴクミツバツツジの花回廊もあるので、タイミングがよければ、紫のツツジとのコラボも見られるでしょう。

登山道は整備されて歩きやすく、沢があるため涼しく登れます。急斜面の箇所もありますが、ゆっくりであれば、登山ビギナーでも登りやすいでしょう。

雲がなければ、富士山や丹沢主脈への稜線を見渡せます。山頂直下には青ヶ岳山荘があるので、宿泊しながらのんびり登るのもおすすめですよ。

なお、この時期の丹沢は、ハチやヒルが出現することがあります。あらかじめ対策をしておくとよいでしょう。下記の記事も、ぜひ参考にしてみてください。

登山でのスズメバチ対策と刺された際の対応方法 

エリア 神奈川県
桜の見頃 5月中旬~6月上旬
おすすめコース ツツジ新道コース(ピストン)
コースタイム 約6時間
標高 1,601m
アクセス 神奈川県公園協会「西丹沢ビジターセンター
関東エリアでお花見登山ができるスポットを5つご紹介しました。それぞれの山で、かわいらしい花々が咲き誇っています。登山をしながら花の写真を撮ったり、スケッチブックに絵を描いたりといった楽しみ方もありますよ。ただし、花の見頃はあっという間。見逃さないように、開花状況をチェックしておきましょう。ぜひ、春を感じに訪れてみてくださいね。

ライター

Yuki

幼少期からキャンプや釣り、スキーなどを楽しむアウトドアファミリーで育つ。10代後半は1人旅にハマりヨーロッパや北米を中心としたトラベラー期となる。現在もスキー、スノーボード、ダイビングなど海や山で活動中。「愛する登山」は低山から厳冬期の雪山まで季節問わず楽しむhike&snowrideなスタイル。お気に入りの山は立山連峰!Greenfield登山部/部長の任命を受け部活動と執筆活動に奮闘中。