アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【燕岳 登山体験記】初心者も行ける北アルプス三大急登へ

【燕岳 登山体験記】初心者も行ける北アルプス三大急登へ
「北アルプスの女王」と呼ばれる燕岳(つばくろだけ)。その姿は気品があり美しく、何度も訪れたくなる山のひとつです。登山スキルをアップしたい初心者の方にもおすすめ。今回は、6月下旬ごろに登った体験から、コースの見どころや注意点をご紹介します。

燕岳の魅力

登山 燕岳

燕岳の標高は2,763m。緑のハイマツと白い砂地のコントラストが映える山容は、女王と呼ばれるにふさわしい気高さがあります。7月中旬から8月上旬には、ピンクの可愛らしいコマクサの群生も見どころです。

自然のオブジェといわれる奇岩が多く、イルカ岩・メガネ岩・ゴリラ岩・ライオン岩を探しながら、散策する楽しみもあります。ハイマツ付近で雷鳥に出会うことも。天気がよければ、山頂からはダイナミックな山々が見られるなど、魅力がいっぱいの山です。
 

「合戦尾根ルート」の登山行程

登山 燕岳

今回はビギナーと一緒に、無理のないペースで日帰り登山をしてきました。初心者の方でも登りやすい合戦尾根ルートです。

合戦尾根ルートは北アルプス三大急登のひとつですが、登山道が整備されています。休憩しやすい間隔でベンチが置かれているので、無理なく登りやすいでしょう。人気の山小屋もありますよ。

実際に歩いてきた道を、各区間ごとに詳しくご紹介します。

中房温泉(なかふさおんせん)登山口〜第二ベンチ/約90分

登山口にはテーブル・ベンチ・トイレがあるので、ここで身支度を整えてから出発!スタートから急坂がつづくため、トレッキングポールをつかうと、脚への負担が和らぎます。

登りはじめはゆっくり呼吸を整えながら進みましょう。40分くらいで、水場のある第一ベンチに着きます。6月下旬ごろは、第二ベンチまでの区間にギンリョウソウが咲いていますよ。

トレッキングポールのつかい方については、以下の記事を参考にしてみてください。

トレッキングポールの使い方知ってますか?基本的な使い方やおすすめを紹介
登山でのストックの正しい使い方とは?平地・登り・下りに分けて紹介

第二ベンチ〜合戦小屋/約80分

登山 燕岳

第二ベンチからの休憩ポイントには、第三ベンチ・富士見ベンチ・合戦小屋があります。適切に休みながら登りましょう。第二ベンチあたりから、大量の虫が発生していました。夏は虫が多くなるため、虫除けネットを持っておくと快適に登れます。

第三ベンチからは標高が2,000mを超えるので、呼吸を深くしましょう。富士見ベンチをすぎ、急斜面を登りきれば、休憩所の合戦小屋に到着です。売店やトイレがあり、夏は名物のスイカが食べられますよ。

合戦小屋〜燕山荘/約50分

登山 燕岳

合戦小屋から15分くらいのところに、白い砂地の合戦沢ノ頭があります。ここからは大天井岳(おてんしょうだけ)や槍ヶ岳がのぞめて、見晴らしのよい場所です。石に囲まれた三角点もあります。

合戦沢ノ頭からは、なだらかな登りになります。燕岳の稜線やアルプスが見え、最後の急登を超えたら燕山荘(えんざんそう)に到着です。燕山荘にはカレーやうどん、グッズなどもあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。わたしはお昼にカツカレーを美味しくいただきました。

燕山荘前の広場からは、優雅にたたずむ燕岳と、槍ヶ岳へつながる美しい山々の稜線が見渡せます。景色を眺めながらの食事やコーヒータイムは、至福のひとときです。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事