アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【北海道・真狩キャンプ場 体験記】羊蹄山が目の前に広がる贅沢なキャンプ場

【北海道・真狩キャンプ場 体験記】羊蹄山が目の前に広がる贅沢なキャンプ場
北海道の富士山と言われる羊蹄山。眺めのよいキャンプ場は周辺にいくつかありますが、今回は真狩村にある広大な「真狩キャンプ場」をご紹介。羊蹄山の登山口でもあり、目の前に広がる壮大な眺めが美しいすてきなキャンプ場です。

真狩キャンプ場の基本情報

北海道・キャンプ体験記

人口2,000人ほどの小さな町、真狩村は北海道の富士山と呼ばれる「羊蹄山」の登山口がある村です。登山口は「羊蹄山自然公園」となっており、パークゴルフ・子ども用アスレチック・森林学習館・キャンプ場が備わっています。

所在地北海道虻田郡真狩村社
予約・問い合わせ先森林学習展示館 0136-45-2955/10月下旬まで(月曜休館)
営業期間チェックイン:12:00〜 チェックアウト:11:00

札幌市内からの距離・所要時間

真狩村までは、札幌市内から車で約2時間。定山渓温泉を通り向かいます。札幌から真狩村までは高速道路はありません。

周辺はニセコ・ルスツなどのリゾート地、洞爺湖・支笏湖など観光地に囲まれていますので、周辺を観光しながら向かうのも楽しいのではないでしょうか。

キャンプサイト数・料金

キャンプ場は、フリーサイト16区画・電源と水道のついたオートサイト4区画8サイト・バリアフリーサイト1区画2サイトがあります。

オートサイトは2つずつの区画になっており、8サイトしかないのでオートサイトを希望するときは早めの予約が必須かもしれません。

フリーサイト
(予約なし)
16区画シマリス、カツラ、サクラ自由に場所を選べる。区画周辺に駐車可能。
オートサイト
(予約必要)
4区画8サイトクマゲラ車の横づけ可能。AC電源と水道整備あり。
バリアフリーサイト(予約必要)1区画2サイトユリ身体障害者優先サイト。車の横づけ可能。AC電源受付で身体障害者手帳の提示必要。

料金

衛生協力費小学生~中学生(1人1泊) 700円 高校生以上(1人1泊) 800円
サイト使用料
  • フリーサイト800円 追加テント・タープ別途(各600円)
  • オートサイト2,800円 テント・タープ別途(各600円)
  • バリアフリーサイト2,000円 テント・タープ別途料金(各600円)
貸しテント4人用テント1張 1,000円 5人用テント1張2,500円
その他寝袋1枚 300円  ・  ベッド1台 300円 ・  シャワー 1回5分間 300円

真狩村公式ホームページ

 

管理棟について

北海道・キャンプ体験記

フリーサイトは予約不要ですが、オートサイト・バリアフリーサイトは事前予約が必要です。到着したらまずはチェックインのために管理棟で受付をします。支払いは先に行い、オンライン決済は有りません。

北海道・キャンプ体験記

地図を見ながら、今日宿泊する場所を教えてくれます。今回はオートサイトの「クマゲラ」です。水道や電源を使うためのカギを受け取りキャンプサイトへ向かいます。

北海道・キャンプ体験記

管理棟には薪が一束800円で販売されていますが、売店はありません。また、少し離れた登山者用と思われる管理棟に、自動販売機がひとつあります。

北海道・キャンプ体験記

受付はビニールで仕切られていて、直接の接触を避ける対策がされています。また、入り口と受付、そしてトイレにアルコール消毒液を設置していました。

周辺の買い物スポット

真狩村には大きなスーパーがありませんので、30分離れた倶知安町で買い物をしてから向かった方がよさそうです。

道の駅・真狩フラワーセンターのなかには、食材の販売はありませんがレストランや100円ショップがあるので、ちょっとした雑貨の購入はできるかもしれません。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ場カテゴリの最新記事