※当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
雪解けが進み、暖かな日差しを感じられる日が増える北海道の春。キャンプは夏のイメージがあるかもしれませんが、初めてなら暑すぎず過ごしやすい春もおすすめです。本記事では、春キャンプデビューにぴったりの、北海道にあるキャンプ場を紹介します。

 

春キャンプデビューで確認すべきポイント

春キャンプ 北海道

春キャンプデビューに適したキャンプ場を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。順に詳しくみていきましょう。

寒さ対策ができるかチェックしよう

天気の変わりやすい北海道の春は、防寒対策が必須です。4月頃までは残雪が多く、朝晩は気温が一桁台まで下がることも。以下のような施設や設備を備えているキャンプ場であれば、寒さ対策ができますよ。

参照:国土交通省気象庁「北海道地方の天候の特徴」

電源サイト:暖房器具をつなげられる

電源サイトがあれば、暖房器具で暖かく過ごせるでしょう。ヒーターがあるならベストですが、電気毛布も重宝します。

キャンプにおすすめのヒーターや電気毛布については、以下の記事を参考にしてください。

春キャンプの防寒対策にヒーターが活躍!春に適した暖房の条件やおすすめヒーターも紹介
冬キャンプは電気毛布で防寒対策を

温泉などの入浴施設:体の芯からあたためられる

キャンプ場や近隣に入浴施設があれば、体の芯からあたためられます。ゆっくり湯船につかって、疲れた体をリセットしましょう。なお、入浴後は湯冷めしないうちに寝るのがおすすめですよ。

お湯が使える炊事場:快適に洗える

お湯が使えると、手を冷やすことなく、食材や食器を快適に洗えます。キャンプ場の公式サイトを確認し、お湯が使える炊事場を選んでくださいね。

春らしさを楽しめるかチェックしよう

春キャンプデビューなら、やはり春らしさをエンジョイできるかが肝心ですよね。近隣も含めて、春の植物を鑑賞できるか、旬の食材の直売所があるかなどをチェックしましょう。より春キャンプを満喫できますよ。

設備をチェックしよう

設備が充実しているキャンプ場なら、気軽にキャンプできます。たとえば、バンガローやコテージ、グランピングできる施設があれば、テントを設営する必要がありません。

また、普段の生活とのギャップが少ないほど、ストレスを感じにくくなります。きれいに清掃された水洗トイレや炊事場があると、快適にキャンプできるでしょう。

サービスをチェックしよう

サービスの内容も重要です。レンタル品が充実していれば、道具をそろえる必要がありません。荷物も最小限で済みますよ。もしも道具を忘れても、レンタルできるので便利です。

また、スタッフが24時間常駐しているキャンプ場もおすすめ。テントの設営や炭おこしなど、困ったときにいつでも相談できます。マナーの悪い利用者に注意してもらえるため、キャンプ場の治安も良好といえるでしょう。

 

【北海道】春キャンプデビューにおすすめのキャンプ場5選

春キャンプ 北海道

北海道で、初めての春キャンプにおすすめのキャンプ場を5つ紹介します。

①30haの広大な土地で自然を満喫!さらべつカントリーパーク

広い敷地で豊かな自然を楽しめるキャンプ場です。コテージやトレーラーハウスなど、多様なサイトがあるので、キャンプスタイルを選びません。温水シャワーや電源サイトがあるため、寒さ対策もばっちりですね。

センターハウスには、豊富なレンタル品や売店、コインランドリーが完備されています。キャンプ道具を忘れたり、着替えが足りなくなったりしても困らないため、春キャンプデビューにおすすめです。

所在地:北海道河西郡更別村字弘和541番地62
公式サイト:さらべつカントリーパーク

②源泉かけ流しの露天風呂を満喫できる!オートリゾート苫小牧アルテン

源泉かけ流しの露天風呂で、体を芯からあたためられるキャンプ場です。温泉には休憩スペースやレストランも併設されており、ゆっくり休めるでしょう。売店・コインランドリー・シャワーなどの設備も充実しています。

屋根付きのバーベキューコーナーもあるので、急な雨でも大丈夫。コンロがなくてもバーベキューを楽しめます。チェックアウトは遅めの11時。焦らず撤収作業ができるのもうれしいですね。

所在地:北海道苫小牧市字樽前421-4
公式サイト:オートリゾート苫小牧アルテン

③足湯で気軽にぽかぽかリラックス!北海道ふくろう乃湯リゾート

場内には温泉があるだけでなく、足湯ゾーンもあるので、気軽にあたたまれます。自然を感じながら楽しめる、五右衛門風呂の体験も魅力です。

Free Wi-Fiが使えるのもよいところ。テント設営やキャンプ飯のレシピを調べるなど、スマホをフル活用できます。はじめてのキャンプで不安な人も、スマホが使える安心感は大きいですね。

所在地:北海道石狩郡当別町字金沢157番8
公式サイト:北海道ふくろう乃湯リゾート

④春の自然とたっぷり触れ合える!札内川園地キャンプ場

日高山脈襟裳国定公園のなかにあるキャンプ場です。ガイド付きのネイチャーツアーでは、桜や鳥など、春から初夏に生息する動植物を楽しめます。

薪割りから始まるピザ作り体験、自然のなかでの絵本読み聞かせなどのイベントも満載。春の自然を存分に楽しみたい人や、子ども連れのファミリーキャンパーにも人気です。

テント・タープ・シュラフなどのキャンプ道具をフルでレンタルできるため、気軽にキャンプデビューできますよ。

所在地:北海道河西郡中札内村南札内713
公式サイト:札内川園地キャンプ場

⑤シマリスに会えるかも!尾岱沼ふれあいキャンプ場

運がよければシマリスに会える、森に囲まれたキャンプ場です。春から夏には、水芭蕉やハマナスを鑑賞できますよ。

毎年5〜6月には、キャンプ場前の浜で、潮干狩りフェスティバルが開催されます。自分で獲ったあさりを、キャンプ中に食べられるのは贅沢ですね。バンガローもあるため、テントがなくてもキャンプデビューできますよ。

所在地:北海道野付郡別海町尾岱沼岬町66番
公式サイト:尾岱沼ふれあいキャンプ場

※この記事の情報は2023年3月現在のものです。内容が変わる場合もありますので、最新の情報はリンク先のHPで確認してください。

まだ寒さの残る北海道の春キャンプは、防寒対策さえできれば快適に過ごせます。設備やサービスが充実しているキャンプ場なら、初めてでもストレスなく楽しめるでしょう。北海道には、春らしさを感じられるキャンプ場がたくさんあります。この記事を参考に、自分にぴったりのキャンプ場を選び、最高のキャンプデビューをしましょう。

ライター

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。