ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

登山用ヘルメットのおすすめは?選びかたのポイントは安全性と快適性

登山用ヘルメットのおすすめは?選びかたのポイントは安全性と快適性
   
登山にはできるだけ身軽な装備で臨みたいもの。ヘルメットよりも登山帽の方が身軽で楽なはずです。しかし、山によっては命を守るためにヘルメットを装着した方が良いケースもあります。今回は、登山用ヘルメットの選びかたについて紹介します。
   

登山用ヘルメットの重要性について

登山用ヘルメット

御岳山の火山噴火は、57名もの尊い命を失う大惨事になりましたが、同時に登山用ヘルメットの重要性を私たちに再認識させることにもなりました。

噴石が飛びかうなか、とっさに頭を守る行動をとれたかどうかが生死の分かれ目になったといわれています。火山噴火に遭遇することは極めてまれなことですが、登山をしていて落石にあうことはまれなことではありません。

とくに鎖が設けられた岩場やザレ場と呼ばれる岩や石がゴロゴロしている登山道では、ヘルメットを着用して登るのが鉄則です。

 

登山用ヘルメットの着用を奨励している山域は?

登山用ヘルメット

登山用ヘルメットの着用を奨励するのは、過去に落石による遭難事故が発生している、または地形の特質上、落石事故がこれから発生するであろうと予測されている山域です。

長野県では、登山用ヘルメットを着用して登山する山域を指定して注意を呼び掛けています。以下の山域はあくまでも長野県が指定しているものですが、ほかの県にも登山用ヘルメットを着用した方がよい山がたくさんあります。

ヘルメット着用奨励地域以外でも滑落や落石、転倒の危険性がある場所では着用するようにしましょう。

山域名 指定する山域
北アルプス南部 槍・穂高連峰のうち、北穂高岳から涸沢岳・屏風岩、前穂高岳(北尾根から吊尾根)一帯、西穂高岳から奥穂高岳、北穂高岳から南岳(大キレット)、北鎌尾根・東鎌尾根の区域
北アルプス北部 不帰の嶮周辺、八峰キレット周辺
南アルプス 甲斐駒ケ岳、鋸岳
中央アルプス 宝剣岳
戸隠連峰 戸隠山、西岳

※ただし、他の山域においてヘルメットが不要という意味ではありません。

出典:長野県公式ホームページ

 

登山用ヘルメットの選び方ポイント

登山用ヘルメット

登山用ヘルメットを選ぶときのポイントについて項目別にまとめました。

選びかたポイント①安全性能

登山用ヘルメットの安全基準を満たす規格には主に「EN規格」と「UIAA規格」の2つがあります。

EN規格(EN 12492) EN規格は、欧州・ユーロ圏の国々が定める登山用ヘルメットの統一規格です。EN規格に適合したヘルメットにはCEマークが貼られています。
UIAA規格(UIAA 106) UIAA規格は、国際山岳連盟が認定する登山用品の統一規格です。EN規格よりも厳しい基準で審査されているため、UIAA規格の方が安全性能においてすぐれていると言われています。UIAA規格に適合したヘルメットにはUIAAマークが貼られています。

「EN規格」と「UIAA規格」のどちらかひとつ、または両方の規格に適合した登山用ヘルメットを選ぶことが大切です。

選びかたポイント②快適性(軽さ・フィット感)

安全性能の次に大切な選びかたポイントは、自分の頭にしっかりフィットしているかどうかです。

どんなに安全性能が保証されていても、頭にフィットしていないため、登山中にしょっちゅうかぶりなおさなくてはいけないようなヘルメットでは、逆に危険性が高まります。

選ぶときには、実際にかぶって重さやフィット感を確かめることが大切です。

選びかたポイント③目立つ色にする

赤や黄色といった原色の目立つ色を選ぶことも大事です。遭難したときや上から下山してくる登山者に存在をアピールすることができます。

選びかたポイント④蒸れにくいタイプにする

登山中は汗をかくことが多いため、ヘルメットの内側が蒸れて不快な思いをすることがよくあります。できるだけ通気性のよい、蒸れないタイプを選ぶようにしましょう。

 

おすすめの登山用ヘルメット

登山用ヘルメット

上記の選びかたポイントをふまえて、登山経験者である筆者がおすすめする、登山用ヘルメットを紹介します。

CAMP(カンプ) 登山 クライミング ヘルメット アーマー (Armour) レッド

コンパクトで軽量な登山用ヘルメットとして多くの登山家に支持されています。このタイプも通気性に配慮したベンチレーションと、頭の形にあわせて調節することができるアジャストシステムをそなえています。

筆者イチオシのおすすめヘルメットです。

PETZL(ペツル) A073 SIROCCO シロッコ

さまざまな衝撃から頭を守る保護性能を強化した登山用ヘルメットです。軽くて高い安全性能をそなえたヘルメットがほしいという登山者のニーズに応えて誕生しました。フィット感とすぐれた通気性もそなえています。

CAMP(カンプ) 登山 クライミング ヘルメット ストーム【STORM】

カンプのストームは、難易度の高いロッククライミングや登山者向けに開発された軽量ヘルメットです。耐久性にすぐれたポリカーボネイトシェルを採用し、さまざまな衝撃から頭を守ります。

頭の形にあわせて調節可能なアジャストシステムと通気性に配慮した22のベンチレーションをそなえています。

マムート/スカイウォーカー2

人間工学にもとづいて設計された頑丈なプラスチックハードシェルを採用したクライマーヘルメット。通気性もよくフィット感にもこだわったデザインが特徴です。

まとめ

登山用ヘルメットの選びかたポイントについて紹介してきました。今回紹介したおすすめの登山用ヘルメットは、どれも軽くて安全性能にすぐれ、デザイン性もそなえていておしゃれなものばかりです。これから登山用ヘルメットの購入をお考えのかたはぜひ参考にしてください。




登山カテゴリの最新記事