アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山用ヘルメットのおすすめは?選びかたのポイントは安全性と快適性

登山用ヘルメットのおすすめは?選びかたのポイントは安全性と快適性
登山にはできるだけ身軽な装備で臨みたいもの。ヘルメットよりも登山帽の方が身軽で楽なはずです。しかし、山によっては命を守るためにヘルメットを装着した方が良いケースもあります。今回は、登山用ヘルメットの選びかたについて紹介します。

登山用ヘルメットの重要性について

登山用ヘルメット

御岳山の火山噴火は、57名もの尊い命を失う大惨事になりましたが、同時に登山用ヘルメットの重要性を私たちに再認識させることにもなりました。

噴石が飛びかうなか、とっさに頭を守る行動をとれたかどうかが生死の分かれ目になったといわれています。火山噴火に遭遇することは極めてまれなことですが、登山をしていて落石にあうことはまれなことではありません。

とくに鎖が設けられた岩場やザレ場と呼ばれる岩や石がゴロゴロしている登山道では、ヘルメットを着用して登るのが鉄則です。

 

登山用ヘルメットの着用を奨励している山域は?

登山用ヘルメット

登山用ヘルメットの着用を奨励するのは、過去に落石による遭難事故が発生している、または地形の特質上、落石事故がこれから発生するであろうと予測されている山域です。

長野県山岳遭難防止対策協会では、転滑落・転倒事故の多い山域を「山岳ヘルメット着用奨励山域」に指定して、ヘルメットの着用を促し、「自分の命は自分で守る」ことを呼びかけています。

以下の山域はあくまでも長野県が指定しているものですが、ほかの県にも登山用ヘルメットを着用した方がよい山がたくさんあります。

ヘルメット着用奨励地域以外でも滑落や落石、転倒の危険性がある場所では着用するようにしましょう。

山域名指定する山域
北アルプス南部槍・穂高連峰のうち、北穂高岳から涸沢岳・屏風岩、前穂高岳(北尾根から吊尾根)一帯、西穂高岳から奥穂高岳、北穂高岳から南岳(大キレット)、北鎌尾根・東鎌尾根の区域
北アルプス北部不帰の嶮周辺、八峰キレット周辺
南アルプス甲斐駒ケ岳、鋸岳
中央アルプス宝剣岳
戸隠連峰戸隠山、西岳

※ただし、他の山域においてヘルメットが不要という意味ではありません。

出典:長野県公式ホームページ

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事