ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

マウンテンバイクに乗るならリスクを低減するフルフェイスヘルメットを選ぼう!

マウンテンバイクに乗るならリスクを低減するフルフェイスヘルメットを選ぼう!
マウンテンバイクに乗るなら、安全性には注意したいもの。そんなときにぜひ活用したいのが、フルフェイスのヘルメットです。ここでは、ヘルメットをつかう理由から、フルフェイスってどんなタイプなのか、そして選ぶポイントやおすすめもご紹介します。

MTBにはヘルメット装備がおすすめ、その理由は?

マウンテンバイク フルフェイス

マウンテンバイク(MTB)に、ヘルメットをつかった方がいいというのには、理由があります。その理由について説明しましょう。

MTBにヘルメットを使う理由①オフロードは転倒リスクが高い

マウンテンバイクは砂利、泥などのオフロードを走るため、舗装路よりも滑ったり、転倒もしやすいです。

また、マウンテンバイクのジャンルのひとつであるダウンヒルは、山頂から駆け下りるため、木の根があったり、急なカーブなどでジャンプしたりすると、どうしても落車するリスクも多くなります。

 MTBにヘルメットを使う理由②バイザーは木の枝や虫よけに最適

マウンテンバイク用のヘルメットは、木の枝や虫よけにもなる、バイザーがついています。

普通の道とちがって、山道は木の枝が出ていたり、虫がいて顔の方に飛んでくることも多いので、ヘルメットのバイザーがあるとそういった物を避けるのに便利です。

ヘルメット着用は義務なの?

道路交通法では、13歳未満の幼児および児童には、ヘルメットの着用努力義務があります。しかし、大人の場合、マウンテンバイク時のヘルメット着用義務はとくにありません。

ただ、マウンテンバイクなどのスポーツバイクは、スピードが出やすいので、ヘルメット着用でのライドがおすすめです。

 

おすすめのフルフェイスってどんなヘルメット?

マウンテンバイク フルフェイス

マウンテンバイクのヘルメットは、普通のタイプとフルフェイスの2タイプあります。

フルフェイスはすっぽり頭を覆うタイプ

フルフェイスというのは、バイクのヘルメットと同じように、頭をすっぽりと覆うタイプです。そのため、頭だけでなく、頬や顎など顔の前面もしっかりと守ってくれます。

頭だけでなく首への衝撃軽減してくれるタイプもある

フルフェイスのヘルメットのなかには、首部分にも衝撃吸収素材をつかっていて、首への衝撃を軽減してくれるタイプもあります。

落車するときは、頭だけでなく、首にも大きな衝撃を受けることが多いので、ダウンヒルにも興味があるという人には、とくに首への衝撃を軽減できるタイプがおすすめです。

ページ: 1 2
   
   

マウンテンバイクカテゴリの最新記事