雪山登山では、スコップがあらゆるシーンで活躍します。少しかさばりますが、幅広く使えるため、もって行くのがベストです。今回は、雪山に適したスコップの選び方や、必要な理由を紹介します。おすすめのアイテムもありますので、ぜひチェックしてください。

雪山登山用スコップとは

雪山登山 スコップ

雪山用スコップは、雪をすくうブレードと、シャフトと呼ばれる柄の部分で構成されています。折りたたんだり、取り外したりして、コンパクトになるのが特徴。かさばらないよう、軽くて携行しやすいタイプが主流です。

また、冬山登山において、スコップは三種の神器のひとつとして知られています。雪崩により雪に埋もれてしまったとき、信号を発信するビーコンや、雪に突き刺して埋没した人を捜索するプローブとならぶ、雪山装備の代表的なアイテムです。

雪山登山でスコップはどんなときに必要か

雪山登山 スコップ

雪山登山で、スコップが必要なシーンについて紹介します。

テントの設営前に整地する

スコップは、雪を叩いて固めたり、掘り起こしたりするときに必要です。雪が降り積もったままの状態で、テントを設営すると、沈み込みや凹凸があることも。地面をならせば、居心地のよいテント場をつくれますよ。

ほかにもスコップがあれば、テントに積もった雪を下ろしたり、ブロック上に切り出して防風に使ったりと、重宝するでしょう。

ビバーク時に雪洞をつくる

やむを得ず、雪山で一夜を過ごすとき、スコップがあれば雪洞をつくれます。天候の悪化といったトラブルで、山小屋に到着できない場合もあるでしょう。外気温がマイナスでも、雪の断熱性を活かせば、雪洞をつくってビバークできます。

ツェルトなども有効ですが、室温は外気温とさほど変わりません。低体温症のリスクが高くなるため、万が一のビバークに備えて、スコップを持参するとよいでしょう。

雪崩の救助活動に使う

雪崩が起きたとき、雪に埋もれた人の救助に使います。遭難者を掘り出す際は、多くの人手が必要です。ビーコンで遭難者が発する信号を受信し、プローブを突き刺しておおよその位置を把握したら、速やかにスコップで掘り起こさなくてはなりません。

スコップがあれば、スムーズに作業が進められるため、救出作業に役立つでしょう。スコップは、雪山登山の重要な装備として、各自でひとつ携行することを検討してください。

雪山登山用スコップの選び方3つ

雪山登山 スコップ

雪山に使用する、スコップの選び方について紹介します。スコップを購入する前に、ポイントをおさえておきましょう。

①コンパクトにもち運べるかチェックする

スコップは、もち運びやすいタイプを選びましょう。ブレードとシャフトが、折りたためるものがベストです。柄と本体が切り離せるスコップなら、ザックに収納しやすいですよ。

②用途に合わせて形を選ぶ

雪山で使うスコップは、小ぶりでシンプルなものが向いています。雪を取りのぞいたり、掘り起こしたりといった用途がメインのため、使い勝手のよいタイプを選びましょう。

ザックのサイズを考慮して、幅が広すぎないものをチョイスするのがベスト。ブレ―ドの形状は、フラットだと雪の切り出しがしやすく、カーブ型だと降り積もった雪をラクに掘れますよ。

③壊れにくい金属製を選ぶ

ブレードは、軽くて丈夫なアルミ製がおすすめ。プラスチック製だと、固い雪で壊れてしまう可能性があります。重い雪にも対応できて、強度のある金属製がイチオシです。

雪山登山の装備についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。
雪山登山デビュー!絶対にそろえるべき装備とあると安心な装備

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。