アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ロードバイクの最新ヘルメットをご紹介!替え時やメンテナンスも伝授します

ロードバイクの最新ヘルメットをご紹介!替え時やメンテナンスも伝授します
ロードバイク用のヘルメットの最新モデルをご紹介。万が一転倒しても、頭部をしっかりと保護してくれるヘルメット選びは慎重にしたいもの。ヘルメットの耐用年数や交換時期、そしてメンテナンス方法についても説明します。

1年、2年?ロードバイク用ヘルメットの耐用年数について

ロードバイク ヘルメット

ヘルメットは長くもちそうなイメージがありますが、だんだん劣化してくるので、一定期間つかったら買い替えが必要になります。

耐用年数は約3年

買い替えのタイミングは「購入後おおよそ3年」を目安にするといいでしょう。3年たっても、見た目はそれほど古くなったような気はしません。

しかし、たとえば外側のシェルや、発泡スチロールで作られている衝撃吸収ライナーなどは、日光や雨などで自然に劣化していきます。

つまり、見た目はそれほど変わらなくても劣化は進むので、安全面を考えると3年を目安に買い替えすることをおすすめします。

落車や落としたりもダメージの原因に

ロードバイクから落車したり、ヘルメットを高い場所から落としたりすると、シェルや衝撃吸収ライナーがへこんだり、亀裂が入ったりなど、ダメージを受けることがあります。

落としただけなら、ダメージも少ないかもしれませんが、落車した場合は、ヘルメットの内部までしっかりチェックしたほうがいいでしょう。

自分でわかりにくい場合は、販売店などに持っていって、チェックしてもらうと安心です。

 

ロードバイク用ヘルメットのメンテナンス方法

ロードバイク ヘルメット

ロードバイク用ヘルメットの簡単なメンテナンス方法をご紹介しましょう。

つかったらお手入れするのが基本

ヘルメットをつかった後は、毎回軽くお手入れしましょう。

  1. ヘルメットの汚れや汗を、ウエスなど布をつかって、落とします。
  2. 汚れがひどいときは、水ぶきします。
  3. しっかりと乾燥させて、保管。

普段のお手入れは、5分ぐらいあれば終わります。ヘルメットは構造上、内部に汗が残るので、乾いた布をつかってしっかりと拭いて乾かすようにしましょう。

たまにはトータルクリーニングをしよう

数回つかった後や、夏場など汗をかきやすいときは、中のインナーパッドもふくめて、トータルでクリーニングするといいです。

  1. ヘルメットの外側とあごひもを、固く絞ったタオルで水ぶきする。
  2. 汚れがひどいときは、中性洗剤をうすめた水でふきます。
  3. インナーパッドを外して、洗濯可のものは中性洗剤で洗い、洗えないものは濡れた布でふきます。
  4. ヘルメットの内側も固く絞ったタオルで水ぶき、または乾ふきする。
  5. 風通しがよく、直射日光が当たらないところで乾燥させます。

シャワーなどをつかって洗うと、シェルとライナーの間に水が入ってしまい劣化の原因になるので、水ぶきするときも、固く絞ったタオルをつかいましょう。

ヘルメットの保管場所は、直射日光があたらない、涼しい場所が最適です。保管するときは、完全に乾いてから保管しましょう。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
LAZER(レーザー)
¥17,400 (2022/05/19 22:16:39時点 Amazon調べ-詳細)
BELL Formula LED MIPS Ghost 大人用 ロードバイクヘルメット – ゴーストマット/グロス 高視認性/ブラック(2022) M (55-59cm)
BELL
created by Rinker
Kask カスク
¥19,800 (2022/05/19 22:16:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロードバイクカテゴリの最新記事