ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

春山登山の装備は何が必要?おすすめ商品と注意点を解説します!

春山登山の装備は何が必要?おすすめ商品と注意点を解説します!
   
暖冬で例年になく雪が少ない年でしたが、本格的な春はもう少し先。あたたかい春が来たら早く登山をしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?今回は春山登山の注意点や装備のポイント、おすすめ商品を紹介します。
   

春山登山の選びかたと注意点とは?

春 登山

 

標高のある山は残雪の確認が必要

日本アルプスのような3,000m級の山々では春山シーズンではまだ雪が残っています。

低山ではまず大丈夫ですが、2,000m級の山では場所によっては残雪があることも。

事前に問い合わせをするなどして残雪の状況を確認しておきましょう。

 

気温差に対応できる防寒具やレインウエアを持参する

春山シーズンの山の中では特に朝方と夕方はぐっと冷え込みます。

体温調整しやすいように重ね着をし、フリースやダウンなどの防寒具は忘れずに持っていきましょう。

また、突然雨に降られることもあるのでレインウエアも準備してください。

 

天候によっては中止することも大切

まだ寒さも残り天候が急変することもある春山。

天候が悪い場合は無理をせずに中止や延期をすることも大切です。

 

 

春山登山での装備のポイントとは?

春 登山

 

あたたかいイメージのある春山ですが、山の上は寒暖差が激しいです。

服装はレイヤリングが基本で、アウターは防水機能があるものがおすすめです。

飲み物や食べ物も忘れずに持参し、日焼け対策も万全にするようにしてください。

春も紫外線は強いので夏以外は大丈夫、と思っていると痛い目に合うので注意が必要です。

また、残雪が残る山を登る場合は以下のものを準備するようにしてください。

 

雪渓を歩く場合は軽アイゼンを持っていく

登る山によりますが、雪渓が残っている場合は軽アイゼンが必要です。

 

泥除けや雪渓用にゲイターがあれば安心

残雪を歩いたり、ぬかるみを歩いたりすると足元がドロドロになって不快です。

ゲイターがあれば安心して歩くことができます。

 

グローブやトレッキングポール

膝の負担軽減や雪渓で安全に登るために必要です。

 

 

必要な装備とおすすめ商品を紹介

春 登山

 

服装のおすすめ

レインウェア

雨に濡れると体温低下で命の危険に晒されます。

登山用の高機能なものを必ず持参しましょう。

 

finetrack(ファイントラック) エバーブレスフォトンジャケット MEN'S CB(セルリアンブルー) FAM0321 (M)

 

ファイントラック finetrack Men's エバーブレスフォトンパンツレギュラー(収納袋付) FAM0322 (BK)

 



登山カテゴリの最新記事