ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

冬場の釣りは強力アウターが必須!おすすめ防寒ウェア10選

冬場の釣りは強力アウターが必須!おすすめ防寒ウェア10選
冬は釣りに最適の季節。魚に脂がのっておいしい季節でもあります。
しかし、寒さが大敵。防寒をしっかりしないと命に関わることさえあります。
そこで、冬場の釣りを安全に楽しむために最適の防寒ウェアの選び方とおすすめをご紹介します。

冬場の釣りでアウターが重要な理由

冬 釣り アウター

冬場の釣りは過酷なシーンの連続です。

気温が下がるなかでの釣りですので、半分凍りかけたような水を浴びながらのキャスティングとなることも少なくありません。

そんなとき、アウターが十分な防寒機能と防水機能を持ち合わせていれば、それ一枚で環境は大きく変わります。

またアウターは一番外に着るため、気温の上昇したシーンでは最初に脱ぐことになります。簡単に着脱できてなおかつ機能十分なアウターが一枚あれば、より快適に冬の釣りに臨むことができるのです。

 

冬の釣り用アウターの選び方

冬 釣り アウター

 

冬用の釣りのアウターとひとくちに言っても、さまざまなメーカーから数え切れぬほどのアイテムが販売されています。

では、どのような点に注目して選べばいいのでしょうか?重視すべき点をご紹介します。

インサレーションは入っているか

インサレーションとは衣類の生地の中に閉じ込められた防寒・断熱用の素材のこと。「中綿」と表現されることもあります。

大きく分けて化学繊維(化繊)とダウンがあり、ダウンは保温性に優れかつ軽量ですが高価です。一方で化繊には濡れても保温性を保ちやすいという特徴があります。

冬の釣りでは雨や雪さらに水しぶきや波をかぶることが多いので、インサレーションに化繊が入っているものを選ぶとよいでしょう。

保温性と通気性は両立しているか

寒さに耐えるためにはまず保温性が重要です。

先に述べたインサレーションの種類によっても保温性は変わってきますし、ファスナーの部分などからの風や水の侵入を防ぐ「シームテープ付き」であるかなども注目点です。

しかし、動きが激しくなることもある釣りでは保温性が高いだけでは汗をかいたときに不快になってしまいます。

保温性と同時に通気性も実現した素材であるかどうかもチェックしましょう。

防水性・撥水性は十分か

水辺での戦いとなる釣りにおいては防水性と撥水性も重要です。

この点においては各メーカーとも最重要課題としているのでとくに問題はありませんが、見逃しがちなのがファスナー部分。

水の侵入を防ぐ「止水ファスナー」が採用されているものを選ぶと安心でしょう。

汚れに強いか

釣りでは海水や泥、雨や雪などによってウェアが汚れてしまうことも考慮しなければなりません。

またえさなどによってはかなりひどい汚れを伴うこともあります。汚れに強い素材であるかも要チェックです。

動きやすいか

岩場や渓流などむずかしい動きを強いられる場面での釣りをするのであれば、動きやすさも重要です。

また魚とのバトルにおいても敏捷な動きを求められることがあります。

動きやすい素材であることはもちろん、立体裁断が施されているか、生地にストレッチが効いているかなどにも注目しましょう。

軽量でコンパクトか

動きやすさとも連動してきますが、軽量であれば動きはスムーズになり無駄な汗をかいて不快になることもありません。

また、軽量コンパクトであれば動きやすいだけでなく持ち運びにおいてもメリットとなります。

デザイン性はあるか

あくまでも個人の好みにもよりますが、デザイン性が高いものは汎用性も高いはずです。

釣りに適したスペックを備えているのであればスキーやスノーボードなどにも転用できることも考え、ゲレンデで映えるかどうかも留意した方がいいでしょう。

ページ: 1 2
   
   

海釣りカテゴリの最新記事