アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【超入門】初心者でもタチウオ(太刀魚)が簡単に釣れる釣法

【超入門】初心者でもタチウオ(太刀魚)が簡単に釣れる釣法
タチウオは意外と簡単に釣れる魚で食味もよいので、釣りのターゲットとしてはとても人気があります。タチウオ釣りは堤防や船からも釣れますが、今回は初心者でもとっつきやすい、堤防からのタチウオ釣りの釣法とコツを紹介します。

タチウオ(太刀魚)について

タチウオ釣り

昔から釣り人にも食通にも愛されてきたタチウオはどのような魚なのでしょう。

タチウオの種類

タチウオはスズキ目サバ亜目タチウオ科に属する魚で、堤防で釣れる一般的なタチウオのほか、2種類のタチウオがいます。

黄色い背ビレが特徴のテンジクタチは九州以南の暖かい海でよく釣れて、普通のタチウオより大型化します。オキナワオオタチは沖縄の水深350m程度の深海に生息していて、船釣りがメインの魚です。

ちなみに一般的なタチウオとテンジクタチは堤防から釣ることができます。ただしテンジクタチがよく釣れるのは九州南部の堤防で、本州ではめったに釣れません。

タチウオ釣りの特徴

タチウオは魚を食べるフィッシュイーターなので、餌には小魚を使用します。よく使われるのがキビナゴ、小アジ、小サバ、ドジョウなどです。

そのほか、生きたウグイを使う地方もあります。またルアーでもよく釣れ、基本的に夜行性の魚なので夜釣りがメインです。

タチウオ釣りのシーズン

全国的なタチウオ釣りのシーズンは、8月ぐらいからポツポツと釣れ出し、9月から初冬の12月ぐらいがベストシーズン。地域によっては春や初夏から釣れるエリアもあります。

 

タチウオ(太刀魚)が釣れるエリアとポイント

タチウオ釣り

タチウオは北海道から沖縄まで幅広く分布している魚ですが、どちらかといえばあたたかい海を好む魚なので、関東地方以西で人気のある釣り。とくに西日本では堤防で夜にタチウオを狙う釣りは、昔からとても盛んです。

また、東北地方でもよく釣れるようになってきたので、東北でもタチウオ釣りブームが起こっています。

タチウオが釣れるポイント

堤防釣りに関しては、小アジや小サバ、イワシなどを追ってタチウオが堤防近くまで寄ってくるので、こういった小魚が釣れる所もポイントです。

タチウオが釣れる時合

タチウオは夕方ぐらいから釣れ出して、夜から早朝が最も釣れる時間帯です。昼間はほとんど釣れません。

ページ: 1 2 3
   
   

海釣りカテゴリの最新記事