『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ターンが変わる!足裏痛にさよなら!ブーツのお供に欠せないインソールのすすめ

ターンが変わる!足裏痛にさよなら!ブーツのお供に欠せないインソールのすすめ
   
スキーやスノーボードで、新しいギアを投入するときってテンション上がりますよね。新しい板、ウェア…でもいちばん滑りに影響を及ぼすのはなんといってもブーツです。重心移動が肝心要なスポーツだからこそ、繊細な調整を行う足元を支える環境が変わるだけで世界が変わるといっても過言ではないのかも!そこで、ブーツの中の縁の下の力持ち、インソールに注目してみませんか?
   

スキー・スノーボード(スノボ)のインソールで痛い・疲れる・サイズが合わない!インソールをおすすめしたいのはこんな人

スキー・スノーボード(スノボ)のインソール

 

スキーやスノーボードの経験はあるけれど、敬遠しちゃっている、という人が、その理由に「足が痛いから」というのはよくある話です。

レンタルブーツなら特にありがちですが、なかにはせっかく買ったブーツが合わなくて、という人も。

足が痛い→疲れた→もうやだ!

なんていうのもスキーヤースノーボーダーあるあるかも?

でも、ブーツを買うときは、板やウェアを買うときよりも慎重に、真剣に、試し履きも長い時間をかけて、ということが多いのではないでしょうか。

そのように吟味して納得のブーツを選んだはずなのに、なんだかしっくりこないのは、試し履きしているときと、実際に動いているときでは荷重や動きも違ってくるから。

試し履きだけで完全にフィットさせるというのも限界があります。

それに、外反母趾や偏平足など、足に悩みを持つ人の中には、足が当たることを嫌って最初から大き目サイズのブーツを選び、フィット感を犠牲にしていることもあるかもしれません。

このように、痛みや疲れを感じる、ブーツがフィットしていない気がする、そんな人は一度インソールを見直してみるといいかもしれませんよ。

 

 

インソールがスキー・スノーボードを上達させる?

スキー・スノーボード(スノボ)のインソール

 

スキーやスノーボードをするとき、なにを意識していますか?

つねにいいポジションに乗り、スムーズな重心移動を行いたいのがスキーやスノーボード。

スピード重視の人、フォーム重視の人、飛びたい人、回りたい人。

グルーミングバーン、オフピステ、コブ、キッカー、もしかしたらレールの上。

パウダーの日、アイシーな日、グサグサの日。

すべてのシーンの全ての人々のブーツの中で、足は繊細な動きを板に伝えようと複雑に動いています。

全部思い通りにできたら、もっと上手にできるはずなのに・・・もちろんたくさん練習して、失敗を何度も繰り返して、その上で少しずつ上達するのはスポーツの常。

成功したときのイメージを我がものにしたいとき、足裏感覚というのはとっても重要です。

足裏のほんのちょっとのポジションの変化で、何かコツを掴んだ!

と、実感できた経験のある人も多いのではないでしょうか。

痛みや疲れ、そしてそこからくる集中力の欠如。

頑張る人ほど逃れられないものですが、インソールを入れることで解消できる部分があることも確かです。

 

 

スキー・スノーボード(スノボ)のブーツの中でインソールはどんなはたらきをしているの?

スキー・スノーボード(スノボ)のインソール

 

意外なほど繊細な微調整を繰り返すスキーやスノーボードで、その足裏感覚に大きく影響してくるのがインソールです。

私たちの足には両足合わせると大小56個もの骨があり、これらを靭帯や筋肉で支えています。

アーチ状に形成した靭帯や筋肉は、荷重や抜重で形を変えます。

この変化が大きすぎても小さすぎても運動に支障がでるのですが、インソールはこの足のアーチの動きが大きすぎたり小さすぎたりしないよう補正してくれるはたらきがあるのです。

ドイツ製のシューズメーカーなどが提唱し、近年ではこの足のアーチの大切さへの理解も深まってきていますね。

そしてもうひとつ、インソールの重要なはたらきは、私たちの左右対称ではない身体のゆがみの補正です。

整体などに行くと身体のゆがみを指摘されたりしますね。

左右の足の長さが違っていることも珍しくないとか。

大小の個人差はあれど、左右対称ではない私たちの身体は、足の左右差を補正してあげることでそのゆがみを軽減できるといわれているのです。

 

 

スキー・スノーボード(スノボ)のインソールで初心者から上級者まで、おすすめのインソール

ショップで店員さんにインソールを薦められても、上級者が使うもの、と考えている人も多いかもしれません。

でも、足の構造やはたらきは上級者も初心者も同じ。

力の抜き方がわからず頑張って踏ん張ってしまう初心者の方にも、インソールは強い味方になってくれるはず。

インソールはすべてのライダーに平等に、運動パフォーマンスを向上させ、骨格バランスを整え、そしてブーツの性能を十分に発揮させてくれるといっても過言ではありません。

 

HOSHINO(ホシノ) B+WH Winter Heat スキー スノーボード用

スキー・スノーボード向けのインソールです。

強い圧がかかるスキーやスノーボードの特性を踏まえ、剛性の高い構造になっています。

吸湿発熱素材をサンドイッチしたような作りで、足の冷えを防いだうえで、表面の素材がドライに保たれるように工夫がされています。

使用条件が過酷なバックカントリーにも威力を発揮します。

 

インソール B+ ビープラス スキー スノーボード

インソール B+ スキー スノーボード

 

 

 

 

 

HOSHINO(ホシノ) B+HF Heat Foot 冬の登山靴などはこちら

冬の登山靴向けの商品です。

B+LDシリーズをベースに、吸湿発熱素材をプラスしました。

「冷たくならない」程度の発熱量で、冬場の足を守ります。

本体EVAはB+SGと同じ硬度(ブルー)を採用。アイゼン使用時の突き上げ感を軽減します。

トップカバーに使用しているソフトEVA自体は吸湿しないため、インソール表面が常にドライに保たれます。

ウール系ソックスと組み合わせていただくと、寒冷地での日常使用などにもご使用いただけます。

 

インソール B+ ビープラス 登山 トレッキング

インソール B+ ビープラス 登山 雪山 トレッキング

 

 

 







 

ゲレンデスキーカテゴリの最新記事