祝 2020年1月「DANG SHADES」 FENTON Black Soft X Green Mirror(偏光) / Greenfield「公式LINEお友達登録」で 毎月プレゼント!

インソール&サイズ調整シートで子どものシューズサイズオーバー問題を解決!思いきりスポーツを楽しむために

インソール&サイズ調整シートで子どものシューズサイズオーバー問題を解決!思いきりスポーツを楽しむために
   
外反母趾や内反小趾、偏平足などの足のトラブルの悩み、それは子どもたちも同じかもしれません。とくに成長中の子どもには、足にフィットしないシューズがトラブルの原因を作っていることも!ジャストフィットさせるのが難しい成長期の子どもたちがスポーツを満喫するために、インソールを有効活用してみませんか?
   

膝痛・偏平足・外反母趾…足の問題は大人だけのものではない?

インソール サイズ調整シート

 

足に対する意識が高まってきたこの頃では、偏平足、外反母趾、内反小趾、巻き爪や浮き指など、さまざまな痛みや疲労の原因がわかってきました。

我慢できるくらいのちょっとした痛みを感じるという人もいれば、歩くのがつらくなってしまって病院へ駆け込むほどの痛みを感じる人も。

受診したらきっとお医者様は普段履いている靴について言及するでしょうし、何より本人が痛みを感じた時点でまずは「痛くない」靴を探し求めるケースも多いのかもしれません。

足の痛みをつくり出す原因は、遺伝的な足の形によるものや、ぶつけたり重いものを足の上に落としたりといった外傷的なものあるとはいえ、多くの場合は足に合わない靴によるもの。

そしてそれは、元気で疲れ知らずに見える子どもたちも同じなのです。

成長していく子どもたちの足は、筋肉や骨がつくられている途中の状態。

大人の足よりも柔らかく、サイズの合わない靴の中で足が当たってしまったりすると容易に変形してしまいます。

それに、大きめのサイズの靴を履いていると、歩きにくさの違和感にはじjまり、疲れやすくなったり、姿勢が悪くなったりといった悪影響を及ぼすこともあるのです。

そしてその悪影響が、大人になってからの足の不具合にもつながってしまうとしたら・・・。

子どもの正しい靴選びは、とても重要なことなのです。

 

 

成長のはやい子どもにジャストフィットする靴を選ぶのはむずかしい!

インソール サイズ調整シート

 

子どもたちが思い切り走り回れるように、足にフィットした靴を選んであげたいというのは、皆さん共通の思いかもしれません。

本人の足に合った靴をあれこれ試し履きして選ぶのが一番ですが、靴を選ぶ際に大切な、靴のつま先部分の5mm~1cm程度の遊び、いわゆる「捨て寸」も試し履きでは外から確認するのもむずかしいところがあります。

サイズ的にはぴったり合っているはずだけれど、どうしても本人が気に入らない!

という好みの問題が起きることもありますし、ときには人から贈られた靴や、おさがりの靴を履くという機会もあるかもしれませんね。

ジャストサイズの靴を履いていたはずが、半年後には「窮屈になっちゃった」なんていうのもどんどん成長していく子どもならではです。

フィットしていた期間がほんの一瞬だけだったのかと思うと切ない気持ちと同時に、子どもにとってジャストフィットする靴選びがどれほどむずかしいのかを実感させられます。

 

 

インソール+サイズ調整シートでサイズオーバー問題を解決!

むずかしい子どものスポーツシューズのフィット問題。

ひとつの解決方法として、インソールとサイズ調整シートを使うというのはいかがでしょう?

とくに、

  1. 靴が少し緩く感じる
  2. 靴紐を締めても踵が少しずれる
  3. 成長がはやいからつい大きいサイズを買ってしまうけれど、できるだけしっかりフィットさせてあげたい

という方にサイズ調整シートとインソールのご使用をおすすめします。

子どもの足が少し大きくなったら、調整シートを外してフィット感を調整することも可能です。

インソールとサイズ調整シートは魔法のように問題解決してくれるわけではありませんが、正しく使うことで子どものスポーツ環境を快適にしてくれますよ。

サイズ調整シートはお持ちのシューズの純正インソールと組み合わせても使えますが、ジュニア専用インソールとセットでのご使用をおすすめします。

 

 

 
 

 

サイズ調整シートのカッティング方法

1. シート+の上にご自身のシューズインソールを載せます。

インソール サイズ調整シート

 

2. 既存インソールの形にボールペンでカットする線を書きます。
ポイント:土踏まずは残さなくていいので、線を引く際にペンを倒してより奥に線を引くようにしてください。

インソール サイズ調整シート

 

3. シート+に書いた線が残らないよう、線の1~2mm内側をカットします。 

インソール サイズ調整シート

 

4. カットしたシート+を既存インソールを抜いた状態のシューズに入れ、切ったシート+が大きくないか、切り過ぎていないかを確認します。

インソール サイズ調整シート

 

5. カットしたシート+と既存のインソールの大きさに差がないかを確認します。

インソール サイズ調整シート

 

6. 片足のシート+のサイズがよければ反対の足のシート+に合わせてカットしましょう。

ジュニアインソール サイズ調整

 

7. カットしたシート+を既存インソールの下に入れ、その上に既存インソールを載せます。

 

8. 最後に足入れをしてフィット感を確認して完成です。

 

 

インソールでスキーブーツのオーバーサイズ問題を解決!

インソール サイズ調整シート

 

ジュニア用のスキーブーツは、季節物ということもあってとくにオーバーサイズのものを購入することも多いのではないでしょうか。

一般的なスポーツシューズよりも窮屈さを感じることの多いスキーブーツ。

それもそのはず、スキーは足裏感覚やバランスが命です。

それに、サイズの合わないブーツのせいで、スキーは「痛い」「疲れる」もの、なんて感じてしまったらもったいない!

スキーブーツのフィット感を諦めないために、機能性インソールでスキーを思いきりエンジョイさせてあげませんか?

 

 

インソールのカット方法:スキーブーツ編

1. スキーブーツからインナーブーツを取り出します。プラスティックのシェルのバックルを全部外し、インナーブーツを前に押し出すようにすると取り出しやすくなります。

インソール サイズ調整シート

 

2. インナーブーツの中の付属(純正)インソールを取り出します。

ジュニアスキーブーツ インソール サイズ調整

 

3. 裏返して新しく入れたいインソールの中心に付属インソールを合わせます。

インソール サイズ調整シート

 

4. 純正インソールのサイズに合わせてカットするラインを決めていきます。

インソール サイズ調整シート

 

5. ラインに沿ってカットしたら完成です。履いてみてフィット感を確認しましょう。

サイズ調整シートとの組み合わせでより細かい調整も可能です。

インソール サイズ調整シート

 

 

まとめ

どんどん大きくなっていく子どもの靴選び、サイズ選びはなかなか悩ましい問題ですが、子どもの成長は喜ばしいこと。ぜひインソールとサイズ調整シートを上手に活用して、足にぴったりフィットした靴で思いきり走り回れる、滑れる楽しさをたくさん経験させてあげてください!


子供・教育カテゴリの最新記事