ゴーグルをせずにスキー・スノーボードをすると、雪面に反射した太陽光を長時間浴びることになります。目が充血したり、開けにくくなったりすることも。今回は、スキー・スノーボード用のゴーグルの選び方と、おすすめのブランドを紹介します。

スキー・スノーボード用のゴーグルの選び方

スキー・スノーボード ゴーグル

ゴーグルの選び方で、スキー用とスノーボード用に違いはありません。どのように選んだらよいのか、説明します。

レンズのカラーで選ぶ

ゴーグルは、内側からのぞいたときに見えるレンズカラーを重視して選びましょう。レンズには、天候によって向いているものとそうでないものがあります。晴天や曇天問わず使いやすいのが、オレンジやピンクのレンズ。初めてゴーグルを買う人におすすめです。

また、レンズの明るさの数値である「可視光線透過率」も参考にしましょう。商品が入っている箱や、購入するブランドのHPなどに記載されています。透過率は0%に近いほど暗く、100%に近いほどクリアな視界が確保されますよ。

レンズカラーによって適する天候が異なるため、以下の表を参考にしてみてくださいね。

レンズカバー 快晴 晴れ くもり・雨 ナイター 可視光線透過率
グレー × 0~20%
ブルー 15~30%
ピンク 15~40%
オレンジ 20~60%
イエロー 30~70%
クリア × × 80~100%

レンズの形状で選ぶ

スキー・スノーボード ゴーグル

レンズの形でゴーグルを選ぶのも方法です。ゴーグルのレンズには、平面のものと球面のものがあり、見え方が異なります。

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、自分の好みに合ったレンズを選びましょう。

視界が歪みにくい「平面レンズ」

レンズと目の距離が近く、歪みの少ない視界を確保できるのが特徴です。レンズ自体がやわらかいため、長時間つけていても疲れにくいメリットがあります。

一方で、くもりやすいというデメリットも。球面レンズのゴーグルと比べると、レンズ内が狭く、空気が循環しにくいためです。
ゴンドラ内ではゴーグルを外したり、事前にくもり止めを塗ったりして対策しましょう。

頑丈でくもりにくい「球面レンズ」

眼球のアーチに近いため、平面レンズよりも頑丈で耐久性が高いのが特徴です。レンズ内が広く、くもりにくくなっています。

ただし、視界が歪みやすいのが難点。球面状に湾曲しており、レンズと目の距離が遠いためです。実店舗で試着して、視界の歪みが気にならない程度のものを選びましょう。

レンズの機能で選ぶ

レンズが備えている機能も、選ぶときのチェックポイントです。どのような機能付きレンズがあるのか、紹介しますね。

雪面の凹凸が見やすい「偏光レンズ」

雪の凹凸をクリアにとらえたい人は、偏光レンズを選びましょう。

ゲレンデで凹凸が見えにくいのは、太陽光が雪面に当たり乱反射するためです。その乱反射する光の波長を選別し、余計な光をカットしてくれるが、偏光レンズ。明暗がはっきりして凹凸を見分けやすくなるため、晴天時の滑走がラクになります。

天候に合わせて色が変化する「調光レンズ」

あらゆる天候や時間帯を滑る人におすすめのレンズです。調光レンズとは、紫外線の量に反応して色が変化するレンズのこと。紫外線の量が多いほど濃く、少ないほど薄いレンズカラーに変わります。

ナイターで滑るときも重宝するでしょう。紫外線のないナイターでも、雪や転倒などから目を保護するために、ゴーグルは必要ですよ。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。