※当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
さまざまなスタイルで楽しめるスノーボードのスピード競技「バンクドスラローム」。パラリンピックの競技種目になったことで注目を浴び、人気上昇中のウィンタースポーツです。今回は、バンクドスラロームの魅力や歴史、おすすめのゲレンデなどを紹介します。

 

エキサイティングなスノーボード競技「バンクドスラローム」

スノーボードのスピード競技のひとつで、エキサイティングな滑りが見どころです。両端に旗が設置された、急カーブが左右に連続するコースを滑り降りてタイムを競います。

パラリンピックでは、迫力ある滑りで人々を魅了し、認知度が高まりました。また、競技種目としてだけでなく、それぞれの個性をいかしたフリースタイルでも楽しめます。滑ることさえできれば、老若男女を問わずにチャレンジできるのが魅力です。

体重差によるハンデはありますが、早く滑り降りるには技術も必要です。そのため、子どもでも大人より早いタイムで滑れるでしょう。

動画サイトには、バンクドスラロームの動画が数多くアップロードされています。ぜひチェックしてみてください。

 

バンクドスラロームの歴史

アメリカ北部にあるマウントベイカーでは、バンクドスラロームを楽しむスノーボーダーが昔から存在し、多くの大会が行われています。

スキーが盛んだった日本にもスノーボーダーたちによって持ち込まれ、1982年にスノーボード協会が設立されました。同年には、全日本スノーボード選手権も開催されています。

滑走技術の発展にともない、2010年代からは、全国各地でバンクドスラロームの大会が開催されるようになりました。

2018年には平昌パラリンピックで公式種目となり、成田緑夢(なりたぐりむ)さんが金メダルを獲得するという快挙を成し遂げます。

現在では、バンクドスラロームを常設するゲレンデが徐々に増え、大会やスクールが各地で開催されるようになっています。

 

バンクドスラロームが練習できるゲレンデ6選

バンクドスラロームは、どこのゲレンデでも練習ができるわけではありません。山の地形をいかしたコースや、スノーパークなどのバンクが整ったところで滑れます。今回は、初心者や上級者を問わずに練習できるゲレンデを紹介します。

新潟県|新井スキー場

日本でも有数の積雪量を誇る大毛無山(おおげなしやま)に位置し、コースのバリエーションが豊かなスキー場です。傾斜がゆるやかなコースはもちろんのこと、こぶなどがある難易度の高いコースも充実しています。

スノーパークや地形を利用すれば、専用のコースがなくても練習可能です。天気がよければ、海まで見渡せるロケーションを楽しみながら気持ちよく滑れるでしょう。

公式サイト:新井スキー場

新潟県|かぐらスキー場

かぐら・田代・みつまたの3つのエリアからなる広大なゲレンデです。バンクドスラロームの常設コースがあるスノーパーク内やスロープスタイルコースで練習ができます。

11月下旬〜5月下旬にかけてパウダースノーが満喫できます。さらに、バラエティーに富んだコースも魅力のひとつです。

また、「みつまたスノーボードスクール」では、バンクドスラロームのレッスンが受けられます。知識や経験豊富なインストラクターから、基礎をしっかり学んでみましょう。

公式サイト:プリンスホテル&リゾーツかぐら

新潟県|奥只見丸山スキー場

魚沼一の積雪量があり、スノーパークが充実しています。八崎ゲレンデ内には平均斜度が15度のバンクドスラロームが常設されており、思う存分に練習が可能です。

また、山頂からは百名山のひとつに選出されている、燧ケ岳(ひうちがたけ)や平ヶ岳のダイナミックな景色が広がります。大自然のなかで気持ちよく滑走できるでしょう。

ただし、営業期間は初滑りと春の2シーズンだけになります。1月初旬〜3月中旬は冬季閉鎖をするので注意しましょう。

公式サイト:奥只見丸山スキー場

群馬県|谷川岳天神平スキー場

バンクドスラローム

国内最大級のバンクドスラローム大会の開催地です。バンクドスラロームのコースは常設していませんが、谷川連峰の厳しい地形をいかして練習できます。

また、ふかふかのやわらかいパウダースノーが豊富に積もる点も大きな魅力です。ハイシーズンには4mもの雪が積もり、ゴールデンウィークまで長く楽しめます。

ボードやウェアなどのレンタル品が数多く用意されているため、スノーボードをこれから始める人にぴったりの場所でしょう。

公式サイト:谷川岳天神平スキー場 by 星野リゾート

長野県|戸狩温泉スキー場

ペガサス・とん平の2つのゲレンデがあり、違った雰囲気やコースが堪能できます。シャトルバスが運行しているため、快適に行き来できるでしょう。

とん平ゲレンデにあるチャンピオンコースには、バンクドスラロームのコースが常設されています。戸狩温泉バンクドスラローム大会を再現したコースを楽しめます。

また、パウダーサーフィンやポールトレーニングができるコースもあるので、いろいろな種目を練習したい人にはぴったりでしょう。山頂からの景色はバツグンで、運がよければ雲海を眺めながら滑れます。

公式サイト:戸狩温泉スキー場

兵庫県|ハチ・ハチ北スキー場

ハチとハチ北の2つのエリアがある関西最大級のゲレンデです。山頂で行き来ができ、合計25のコースを満喫できます。

ハチには、著名なプロスノーボーダーの田中陽がプロデュースするスノーパーク「The Parks」が常設されています。タイム計測器や表示器が設置してあるので、大会の気分が味わえるでしょう。

スノーボードをこれから始める人は、ハチ北にある「はじめてエリア」で練習するのがおすすめです。

公式サイト:ハチ・ハチ北スキー場

パラリンピックの公式種目になったバンクドスラロームは、スノーボードのレベルを問わずに楽しめるウィンタースポーツです。タイムを競うだけでなく、フリーライドも気軽に楽しめるのが大きな魅力。いつものスノーボードとは違った滑り方をすることで、新たな楽しみ方が見つかるかもしれません。ただし、練習できる場所は限られているので、今回紹介したゲレンデを参考にしてチャレンジしてみましょう。

ライター

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。