初すべりはここで決まり!関東・甲信越でオープンが早いスキー場

Greenfield

初すべりはここで決まり!関東・甲信越でオープンが早いスキー場

待ちに待ったスノーシーズンが到来!自慢のスキー板を物置から取り出す季節がやってきました。首都圏はまだ雪の気配はありませんが、関東・甲信越の各スキー場は着々と今季オープンの準備を始めています。「いち早く雪に触れたい!」「滑走したい欲求が抑えきれない!」そんなスキーヤーに向けて、10月1日より12月2日までの最速でオープンする関東・甲信越のスキー場を集めました。ぜひ参考にし、今年の“初すべり"の予定を立ててください!
※積雪状況により変更もあるので、あくまで目安にしてください

10/6にオープンする静岡県「スノータウン イエティ」

 

 

誰よりも早くスキーを楽しみたい方は、10月6日(金)にオープンの「スノータウン イエティ」がおすすめ。

富士山2合目に展開するスキー場で、初心者から上級者まで多彩なコースがそろっています。

各ゲレンデは積雪状況により、開いていない場所がありますが、12月を過ぎると続々とオープン。

ナイター設備が整っているため、オールナイトの営業日もあり!雄大な富士山に抱かれて、爽快な滑走を楽しみましょう。

 

  • スノータウン イエティ

静岡県裾野市須山字藤原2428

 

こちらも合わせてご覧ください。

スノータウン イエティ

 

 

10/21にオープンする埼玉県「狭山スキー場」

 

西武線「西武球場前駅」から徒歩3分の好立地、都心から約40分の屋内型の「狭山スキー場」は、10月21日(土)にオープン。

全長300m、幅30mのゲレンデは、最大斜度15度。

中級者と初級者にコースが分かれており、自分のレベルに合ったフィールドでスキーを満喫できます。

造雪機が作る雪はとても滑りやすく、いつでも良好なコンディション。

外の天候に左右されないのがうれしいポイントです。

 

  • 狭山スキー場

埼玉県所沢市上山口2167

 

こちらも合わせてご覧ください。

狭山スキー場

 

オープン間近!11月中に開放されるスキー場を大紹介

11月3日(金)にオープンする長野県の「軽井沢プリンスホテルスキー場」をはじめ、

11月中に開放されるスキー場がたくさんあります。

11月23日(木)に群馬県の「たんばらスキーパーク」、「鹿沢スノーエリア」、新潟県からは「かぐらスキー場」、長野県からは「湯の丸スキー場」、「白馬八方尾根スキー場」。

11月25日(土)に新潟県の「奥只見丸山スキー場」、長野県からは「アサマ2000パーク」がオープンします。

 

軽井沢プリンスホテルスキー場

 

「軽井沢プリンスホテルスキー場」は、長野県内でオープンの早いスキー場として有名。

レストランやショップ、宿泊施設を併設しているので、施設の充実度の高さはピカイチ。

ゲレンデのコースは比較的なだらかなので、初心者が安心して滑走できます。

フリーライドパークやポール練習バーンなどのアトラクションもあり。

小さな子どもが遊べる「スノーパーク」があるので、家族連れにもおすすめです。

ゲレンデ上部からの景色は、雪化粧した山々の言葉を失うほどの絶景が広がっています。

 

  • 軽井沢プリンスホテルスキー場

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

 

こちらも合わせてご覧ください。

軽井沢プリンスホテルスキー場

 

 

たんばらスキーパーク

 

「たんばらスキーパーク」は、標高が高く、さらさらのパウダースノーが降るスキー場です。

首都圏からの交通アクセスが良く、レストランや休憩スペースが充実しています。

最長2,550mの「ウッディコース」をはじめ、最大斜度25度の「トライアルコース」など、多様なレイアウトのコースがそろいます。

ゲレンデの面積は41ha、コースは全部で8つ。

初心者から上級者まで自分のレベルにあったコースでの滑走が楽しめます。

 

  • たんばらスキーパーク

群馬県沼田市玉原高原

 

こちらも合わせてご覧ください。

たんばらスキーパーク

 

かぐらスキー場

 

「かぐらスキー場」は、標高2,029mの神楽ヶ峰に展開するスキー場です。

新潟県の越後湯沢エリアにあり、夏はサマーゲレンデを開放しています。

オールシーズンスキーが楽しめまることから、スキーヤーに大人気。

スノーシーズンは、豪雪地帯であることから、雪量が豊富。

ゲレンデは、かぐらエリアと田代エリア、みつまたエリアに分かれ、初級者向けから上級者向けまでさまざまなコースを用意しています。

美しい自然と多彩なコースレイアウトを誇る、バラエティ豊かな「かぐらスキー場」を初すべりの舞台にしてはいかがでしょうか。

 

  • かぐらスキー場

新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742、新潟県南魚沼郡湯沢町三国1066

 

かぐらスキー場

 

 

湯の丸スキー場

 

「湯の丸スキー場」は、大自然の中、良質なパウダースノーを滑れるスキー場です。

上信越高原国立公園、湯の丸高峰自然休養林の標高1,800m付近に展開されており、コースコンディションはシーズン通して良好。

初、中級者向けのバーン(斜面)が多いですが、上級者向けのロングコースも設けられています。

第3ペアリフトトップエリアからは、湯の丸山を望め、眺望も抜群です。

 

  • 湯の丸スキー場

長野県東御市新張湯の丸

 

こちらも合わせてご覧ください。

湯の丸スキー場

 

白馬八方尾根スキー場

 

「白馬八方尾根スキー場」は、雄大な北アルプスや雲海など、言葉を失うほどの絶景の中スキーを満喫できるスキー場です。

良質のパウダースノーを誇り、多彩なゲレンデが用意されています。

総滑走距離は23,000mにもなるビッグスケールで、1日ではとても遊び尽くせないほど。

初心者から上級者まで自分のレベルに合わせたコースで滑走できます。

雪化粧した山々の大パノラマを見ながらゆったりと休憩できるオープンテラス、ゲレンデを見渡せるレストランなど、施設が充実しているので、おしゃれにスキーを楽しみたい方におすすめです。

 

  • 白馬八方尾根スキー場

長野県北安曇郡白馬村大字北城5713

 

こちらも合わせてご覧ください。

白馬八方尾根スキー場

 

 

鹿沢スノーエリア

 

「鹿沢スノーエリア」は、晴天率の高いスキー場です。

「ハイランドエリア」と「カマンゲレンデ」の2つのゲレンデに分かれており、「ハイランドエリア」は初心者から上級者まで楽しめる多彩なゲレンデが用意されています。

「カマンエリア」は緩やかな斜面の林間のコースで、比較的、初心者向き。

家族でゆったりスキーを楽しみたい方におすすめです。

 

  • 鹿沢スノーエリア

群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢温泉

 

こちらも合わせてご覧ください。

鹿沢スノーエリア

 

アサマ2000パーク

 

「アサマ2000パーク」は、標高2,000mの高原大地「高峰高原」に展開するスキー場です。

標高が高いので、上部では天空を滑走している気分が味わえます。

良質なパウダースノーのゲレンデはバーンの硬さが適切でシーズン通してコンディションが良好。

北アルプスの雄大な景色を走り抜ける爽快感がたまりません。

ロッジを併設しているので、お泊まりスキーをするのにもおすすめです。

 

  • アサマ2000パーク

長野県小諸市高峰高原

 

こちらも合わせてご覧ください。

アサマ2000パーク

 

 

奥只見丸山スキー場

 

「奥只見丸山スキー場」は、極上のスノーパウダーとコブが楽しめるスキー場です。

標高1,242mの丸山に展開しており、初級者から上級者までレベル別のコースが用意されています。

山頂にのヒュッテからは、奥只見湖や尾瀬燧ケ岳などを眺望でき、360度のパノラマビューが見事。

ブナ原生林の中を滑走できる林間コースや、平均斜度15度のコースがスキーヤーの心を捉えて離しません。

 

  • 奥只見丸山スキー場

新潟県魚沼市湯之谷芋川字大鳥1317-3

 

こちらも合わせてご覧ください。

奥只見丸山スキー場

 

12月早々にオープンするスキー場も注目しよう!

 

寒さが加速する12月。1日(金)、2日(土)でオープンするスキー場を集めました。

12月1日オープン群馬県「丸沼高原スキー場」

12月2日オープン群馬県「川場スキー場」、栃木県「ハンターマウンテン塩原」、長野県は3施設あり、「八千穂高原スキー場」、「志賀高原 焼額山スキー場」、「菅平高原スノーリゾート」

 

丸沼高原スキー場

群馬県利根郡片品村東小川4658-58

 

こちらも合わせてご覧ください。

丸沼高原スキー場

 

川場スキー場

群馬県利根郡川場村谷地2755-2

 

こちらも合わせてご覧ください。

川場リゾート

 

ハンターマウンテン塩原

栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒

 

こちらも合わせてご覧ください。

ハンターマウンテン

 

八千穂高原スキー場

長野県南佐久郡佐久穂町大字千代里2093

 

こちらも合わせてご覧ください。

八千穂高原スキー場

 

志賀高原 焼額山スキー場

長野県下高井郡山ノ内町志賀高原焼額山

 

こちらも合わせてご覧ください。

志賀高原 焼額山スキー場

 

菅平高原スノーリゾート

 

長野県上田市菅平高原1223-146

 

こちらも合わせてご覧ください。

菅平高原スノーリゾート

 

 

まとめ

日本の首都・東京都と、千葉県、神奈川県、茨城県、群馬県、埼玉県の1都6県を指す関東と、山梨県、長野県、新潟県の甲信越地方は、首都圏からの交通アクセスが抜群。日本海側は積雪が多く、新潟県は「FISアルペンスキー・ワールドカップ」の開催地に、長野県は冬季五輪の開催地にもなりました。人工降雪機による屋内のスキー場やノルディックスキーを楽しむのに最適なジャンプ台など設備している施設が多いのが特徴。また、スキー場が運営しているスキルアップのスクールや、併設しているホテル、休憩時間を過ごすスポットなど施設内容の充実度が高いのもポイント。そんな魅力的な関東・甲信越のスキー場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

公式アカウント

関連記事