ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ゲレンデデビューの前に♪初めてのスノーボードの準備♪何が必要!?“基本道具編”

ゲレンデデビューの前に♪初めてのスノーボードの準備♪何が必要!?“基本道具編”
今年の冬こそスノーボードに挑戦してみたいけれど何を揃えればよいか不安、という人に向けて、事前に準備した方がよいもの、レンタルでもよいもの、あると便利なものなどをまとめてみました。ボードが初めてや始めたばかりの方、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボードに必要なものは?

初めてのスノーボード旅行。まずは必要なものをリストにしてみました。

スノーボード 基本準備

スノーボード

最初のうちはレンタルでも良いでしょう。だんだんとハマってきてしまったら、きっと自分の板が欲しくなります。

スノーボード 基本準備
出典 バートンジャパン

バインディング(ビンディング)

足をスノーボードに固定してくれる物です。こちらもスノーボードをレンタルすれば板に付いてきます。

 

スノーボード 基本準備
出典 バートンジャパン

ブーツ

これも最初はレンタルで良いと思います。ただしブーツは足に合っていないと滑っているうちに痛くなってきて、とても辛いです。

またレンタルで借りることが出来るブーツは、生地も薄く足首のホールド性も乏しい物がほとんどです。今後も行くよ!という方は、まずはブーツから買いましょう。

スノーボード 基本準備
出典 バートンジャパン

スノーボードウェア

初めての時はレンタルでも良いと思いますが、正直デザイン性は良くないです。かっこいい・かわいいウェアを着ているとテンションも上がって楽しいです。

基本的にボードウェアは防水性・撥水性が高く作られていますが、保温性に関してはあるものとないものがあります。

保温性を持たないハードシェルジャケットなどの場合は、中に着る中間着で保温性を確保する必要があります。

スノーボード 基本準備
出典 バートンジャパン

グローブ

レンタルが出来るスキー場も多いですが、出来れば用意して行った方がいいでしょう。

中まで水が染みてくると手が冷たくて辛いので、防水のしっかりしたものを選びましょう。

ゴーグル

初心者の方でゴーグルを付けずに滑っているのを時々見かけますが、ゴーグルは必須です。

雪が降ってくればゴーグルなしでは滑る事が困難になりますし、晴れていてもゴーグルをしていないと反射の光に目がやられて雪目になってしまいます。

最初のうちは視界が狭くなった気がしてしまいますが、じきに慣れます。

スノーボード初心者
出典 バートンジャパン

ニット帽

頭や耳が出ていると寒いです。レンタル出来ないところも多いので、用意していきましょう。

インナーウェア

アウトドアメーカーなどで吸湿性・通気性・保温性に優れたものがいろいろ出ていますが、お値段は結構します。

ゲレンデで楽しむ分にはユニクロのヒートテックなどが値段もお手頃です。上下揃えましょう。

防寒着(中間着)

フリースや薄手のダウンジャケットなどが良いでしょう。寒さによっては、ここの枚数を増やしたり素材を変えたりして、温度を調整します。

靴下

出来ればスキー・スノーボード用の厚手でサポート機能のある靴下が良いでしょう。くるぶしまでなどの短い靴下や薄手のものは避けましょう。

フェイスマスク

滑走中に顔が出ていると、とても冷たいです。日焼け防止の効果もあるので用意した方がいいでしょう。スキー場で購入可能なところも結構あります。

リーシュコード

板を間違って流さないために足とバインディングを繋いで固定するものです。レンタルボードの場合は普通付いています。

スノーボード初心者
出典 バートンジャパン

リフト券ケース

結構忘れてしまう事が多いです。販売しているスキー場も多いですが、忘れずに用意していきましょう。リフト券入れが付いているウェアもあります。

ベルト

これも忘れてしまうことが結構多いですので気をつけましょう。

身分証明書や保険証

身分証明書はレンタルをするときに必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。また、万が一怪我をしてしまった時のために、保険証も必ず携帯しましょう。

 

レンタルする?購入する?

スノーボード 基本準備

さて、絶対に必要なものの項でも少し触れましたが、スキー場では板やブーツ、ウェアなどをレンタルする事が出来ます。

ずっと続けるかもわからないのに最初から全てを揃えるのはお金もかかりますし、現実的ではないですよね。

初めて行く時は、板やブーツ、ウェアだけでなく小物類(グローブやゴーグル)もレンタルできるスキー場を選ぶと良いかもしれません。

また、まわりに貸してくれる友人がいれば心強いですね。ただし2回、3回と行く予定が出てきたら思い切って購入してしまった方がお得だったりします。

レンタル料金は大体、板+ブーツで3~4,000円、ウェア上下で3,000円ほどかかります。その上小物類もレンタルすると1回行く度にレンタル料金が結構かかってしまいます。

いっぺんに全部揃えられない場合、板やバインディングは後回しにして、まずはブーツを購入する事をお勧めします。

ブーツは必ず実際にお店で履いてみて、足に合う物を選びましょう。ブーツは必ずしも高価な物が良いというわけでもありません。

初心者のうちは少し柔らかめの初~中級者用のブーツを選ぶと良いでしょう。

またレンタルのゴーグルはあまり良い物を置いていませんので、出来るだけ早めにゴーグルも購入してしまいましょう。あまり安い物はすぐに曇ってしまう事が多いので、できればダブルレンズの物を選んでください。

また、実際に付けてみて、鼻の横に隙間が出来ないものを選びましょう。きちんと雪面が見えると、楽しさが倍増します。

 

あったら便利なもの

スノーボード 基本準備

最後に、なくても問題ないけれど、あると良いものをいくつかあげてみます。

ヘルメット

これは便利というよりも安全面からです。最近はだいぶヘルメットの着用率も上がってきましたが、欧米と比べるとまだまだ日本では普及していません。

ボードを始めたばかりの頃は逆エッジなどで後頭部を強打してしまう事も多々あります。上級者で大きなジャンプに入る人だけでなく、実は初心者の人にこそ付けて欲しいと思います。

スノーボード初心者
出典 バートンジャパン

尻パッド

始めたばかりの頃はよく転んでお尻を打ちます。雪面が固い時などはしばらく立ち上がれないほど痛い時もあります。

そんな時、これを身につけていると痛みを軽減してくれます。

スノーボード初心者
出典 バートンジャパン

バラクラバ

目出し帽という頭からすっぽり被る物です。吹雪いている時などは、これがあるととても快適です。

スノーボード初心者
出典 バートンジャパン
いかがでしたでしょうか。スノーボードは滑走はもちろんですが、ウェアや道具を揃えるのも楽しいものです。まずはレンタル品で楽しみながら、徐々にお気に入りの道具を揃えていってください。自分の道具を揃えていくとたくさん滑りに行きたくなって上達の近道にもなりますよ。
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事