ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

渓流ベイトの命!渓流ベイトリールの選び方と厳選おすすめモデル

渓流ベイトの命!渓流ベイトリールの選び方と厳選おすすめモデル
   
ベイトフィネスはさまざまな釣りで一般的なタックルになり、渓流釣りでもよく使われるようになりました。なかでもリールはタックルのなかでも重要で、リールひとつで使い心地が大きく変わるアイテム。そこで今回は、渓流ベイトフィネスのベイトリールの選び方と、おすすめモデルをピックアップしてご紹介します。
   

渓流用ベイトリールの選び方

渓流釣り ベイトリール 選び方

渓流では軽量ルアーを投げる機会が多いので、スピニングリールのシェアが非常に高い傾向にありましたが、ベイトリールの高性能化に伴い、「ベイトフィネス」がトラウトタックルにも増えてきました。

つまりベイトフィネスを楽しむためには、ベイトフィネスに対応したリールを用意する必要があるのです。ではベイトフィネス用のリールを選ぶとき、どういった違いに注目して選ぶべきなのでしょうか。

もちろん、こだわれば細かい設計にも目が行きますが、まず初めてベイトフィネスデビューするときに、注目すべきポイントについて解説していきます。

選び方①丸型とロープロ型

ベイトリールは、「丸型」と「ロープロ型」に分けられます。

丸型は主にアルミ削り出しのボディで剛性が高い反面、重いというデメリットがあるので、タックルのバランスを重視する必要があります。

ロープロ型は樹脂性ボディで、軽量かつ繊細なギミックが搭載されている場合が多いですが、剛性は劣るので、扱いを丁寧にしなければボロボロになってしまうデメリットがあります。

入門としては扱いやすいロープロ型がおすすめですが、見た目の好みで選ぶのもいいでしょう。

選び方②スプールの糸巻き量

ベイトフィネス用リールの糸巻き量は性能に直結するので、シビアに設計されています。

ベイトリールで軽量ルアーを投げるためには、スプールの重さを抑える必要があり、巻いてあるラインの重さも関係するからです。

このため、ベイトフィネス用リールのスプールは溝が浅く、必要最低限のラインを巻けるように設計されています。

バス向きのベイトフィネス用リールと、渓流向きのベイトフィネス用リールでは必要なラインの長さも変わるので、より性能を重視するなら糸巻き量にもこだわるといいでしょう。

選び方③ギア比

ギア比に関しては、渓流ではハイギアが扱いやすいです。

これは上流にルアーを投げるアップストリーム、アップクロスでは、ノーマルギアやローギアでは巻き取り速度が遅いためアクションが付けにくく、ルアーがただ流されるだけで上手く魚にアピールできなくなるからです。

 

渓流におすすめの丸型リール

渓流釣り ベイトリール 選び方

独特な見た目で、ファンも多い丸形リール。しかし、ラインナップが少なく、玄人好みな印象もあります。新型が出にくいので、過去の名品を中古市場でも探ってみるといいでしょう。

シマノ カルカッタコンクエストBFS HG

現在、国内で唯一新品で流通している丸型ベイトフィネス機です。

ブレーキをスプールに配置せず、マグネットブレーキでスプールに触れずに減速させるので、軽いルアーのキャスティングに最適です。

ギア比はそこまで高くないので、やや流れの穏やかな渓流や、下流に向けて投げるとより快適です。

新品の丸型のベイトフィネスリールとなるとカルカッタコンクエストBFSに限定されてしまいますが、スペックは文句なしです。 

アブガルシア アンバサダー SM1600C

どうしても丸型でベイトフィネスを楽しみたい方へ、カルカッタ以外の選択肢として旧品からひとつ変り種をご紹介します。

SM1600Cは発売から20年以上経つかなり古いモデルですが、今でも通用する画期的なリールです。

約9gの軽量スプール標準装備で、3g程度のルアーなら箱だしノーマルでもキャスティング可能なベイトフィネスの先駆け的な存在といえます。

それでいながら低価格で、デッドストックだと1万円以上になりますが、中古品は十分使える状態でも3,000~4,000円で入手可能。

筆者も2つ所有していますが、当時のアブガルシアらしく作りがしっかりしているので、どちらも問題なく現役で使っています。

 

渓流におすすめのロープロ型リール

ベイトリール

近年発売されるベイトリールは、ほとんどがロープロ型になっています。

設計しやすいことからギミックも組み込みやすく、どんどん進化が続いています。軽量で扱いやすいので、ベイトフィネス入門としてはロープロがおすすめです。

アブガルシア REVO  LTX-BF8

アブガルシアの誇るベイトフィネスモデルがREVO LTX-BF8です。

本体重量129gと軽量で、長く使っても疲れにくく、精密なキャスティングにも一役買ってくれます。

特筆すべきはマグトラックスIIIブレーキシステムで、従来ではDIYでカスタマイズしていたブレーキのマグネット数を簡単に変更できるシステムが採用されています。 

 

created by Rinker
¥32,340
(2020/05/31 00:44:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ダイワ T3 AIR

ベイトフィネス機の紹介でどうしても外せないモデルといえば、ダイワのT3 AIRです。







created by Rinker
¥32,340 (2020/05/31 00:44:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

渓流・フライフィッシングカテゴリの最新記事