ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ベテラン釣り師もチェック!意外と知らないスピニングリールの正しい使い方

ベテラン釣り師もチェック!意外と知らないスピニングリールの正しい使い方
スピニングリールは初心者が最初に使いやすいリールです。
このため、意外とスピニングリールの正しい使い方を知らないままベテランになる釣り師も少なくありません。
そこで今回は、初心者もベテランもチェックしたいスピニングリールの使い方を解説します。

スピニングリールを使うための準備

スピニングリール 釣り

 

リール買ったら、まずは使う前に調整しましょう。

そのままでもある程度使えますが、購入後まずは簡単な調整だけでもすませておきましょう。

紹介する3つのポイントは、今後使っていく中でも意識するべきポイントです。

 

ハンドルを左右付け替えよう

釣りでは、右手でリールを巻くのか、左手でリールを巻くのか好みで分かれます。

ベイトリールは固定ですが、スピニングリールはハンドルを付け替えられるモデルも多いので、自分の利き手に応じて付け替えておきましょう。

頻繁に左右を入れ替えることはありませんが、メンテナンスのときにもハンドルを外すので、外し方を覚えておくといいでしょう。

 

ラインを適量巻こう

ラインはすでに巻いてある場合もありますが、たいていはおまけ程度なので必要に応じて巻きなおしておいたほうが安心です。

ラインは多すぎるとパーマネントの原因に、少なすぎるとラインブレイクや飛距離が落ちる原因にもなるので、使う中でラインを消費した場合も、適量から大きく過不足のないようにしましょう。

説明書に記載がある場合もありますが、おおよそスプールのふち(スプールエッジ)から1.5~2mほど余裕を持って巻き終えるといいでしょう。

 

ドラグノブ(ダイヤル)の位置を確認しておこう

ドラグはラインを守る機能で、一定のテンション以上かかるとスプールを滑らせてラインを放出する機能です。

基本的にドラグは調整できるので、釣っている間に魚の大きさなどでも変更する機会があります。

ドラグを調整するためのドラグノブの位置を確認し、おおよそ調整しておくといいでしょう。

多くの機種では、スプール上部に蓋を兼ねてドラグノブが配置されています。

 

 

ルアー(仕掛け)を投げてみよう

スピニングリール 釣り

 

スピニングリールがもっとも生きるシチュエーションが、仕掛けを投げるときです。

ベイトリールよりも遠くに飛ばしやすく、とくに遠投をする釣りでは現状スピニングリール一択です。

釣りの基本動作にも繋がるので、スピニングリールで仕掛けを投げるときの基本の流れを覚えておきましょう。

 

正しい持ち方を覚えよう

スピニングリールは、ロッドとの間にスペースがあり、アームで繋がるような形になります。

そのアームの部分を中指と薬指で挟み、ロッドを握るのが基本です。

この握りをツーフィンガーグリップと呼びます。

 

ベールを起こしてラインをフリーに

しっかり握ったら、仕掛けを投げるためにラインを放出できる状態にしましょう。

ベール(半円状の金属ワイヤーのパーツ)を起こすとラインがフリーになり、投げたときにラインがどんどん放出できる様態になります。

ラインが勝手に出て行ってしまわないように、ベールを起こしたらラインを人差し指で引っ掛け、軽くロッド側に引き寄せておきます。

 

投げたらフェザーリング(サミング)で距離を調整しよう

障害物のない大海原に仕掛けを投げるときはどこまで飛んでも問題ありませんが、障害物があったり、魚がいそうな場所を狙いたいときもありますよね。

そういった場合には、ロッドの振りでおおよその調整をした後は、指先でラインの放出を止める「フェザーリング」という技術も必要になります。

グッとブレーキを掛けるとラインブレイクのリスクもあるので、スプールエッヂに触れてラインに抵抗を与えるイメージで行いましょう。

投げたあとに飛距離を伸ばす方法はないので、やや遠めに投げてフェザーリングで距離を抑えるほうが、ピンポイントを狙う正確なキャスティングをするコツにもなります。

 

着水したらタイミングを計ってベールを倒そう

仕掛けが着水したら、ベールを倒せばラインの放出は止まります。

仕掛けが海底に着いた後もベールを起こしたままだと、風や潮に流されてどんどんラインが放出されてしまいます。

仕掛けが飛んでいる間にベールを倒すとラインが切れる可能性が高いので、仕掛けが飛んでいる間にベールを倒さないように注意しましょう。

 

ページ: 1 2
   
   

海釣りカテゴリの最新記事