アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山で気をつけたい低体温症の対策

登山で気をつけたい低体温症の対策
登山をする際には、命の危険に直結するような注意しなければいけない項目がいくつもあります。今回取り上げる低体温症もそのひとつです。低体温症とはいったいどういうもので、どうして起こるのか、メカニズムや対策について詳しく解説します。

低体温症とは

登山 低体温症 対策

低体温症とメカニズムについて説明します。

低体温症とは命の危険につながる症状

低体温症とは、その文字のごとく身体が冷えて体温が低くなる症状のことです。

登山中の遭難事故の大きな要因のひとつでもあり、これまでに多くの登山者が登山中に低体温症となり、命をなくしています。

また、低体温症は標高の高い山だけで起こるのではありません。登山をする人もしない人も低体温症について理解しておくことが大切です。

低体温症になるメカニズム

登山中に発生する低体温症は、大きく2つのケースに分類できます。1つ目は急性低体温症で、雨に濡れたり沢に落ちたりしてずぶ濡れになり、6時間ほどで急激に体温が低下して低体温症になる症状です。

2つ目は亜急性低体温症で、装備不足などから徐々に身体が冷え、6時間〜24時間ほどで発症します。いずれにしても、身体が冷えて深部体温が35度以下になると低体温症を発症します。

 

低体温症の症状について

登山 低体温症 対策

低体温症の症状について、体温別に紹介します。

体温低体温症の症状
35度寒気を感じて身体が震えだします。低体温症であると最初に自覚するのがこの症状です。
34度震えが激しくなり、顎がガクガクする。足がもつれて歩きにくくなる。ふらついて眠くなる。意識障害が発生する前のこの段階(冷静に考えて判断して動けるうち)で、身体を暖めるなどの対策をとる必要があります。
33度足がもつれてよく転倒するようになる。意識が遠のいていく(気が遠くなる)。体温が33度以下になると、血液の温度も下がり、酸素を運搬するヘモグロビンが酸素を放出しなくなります。そうなると、脳細胞が酸欠状態に陥り、意識障害が出始めます。
32度歩けなくなり、立ち上がることも困難になる。意識が混濁してくる。
31度意識がなくなり、昏睡状態になる。
28度心肺の停止。

どういうときに低体温症になりやすい?

登山での低体温症による遭難事故が多いのは夏場です。冬山の場合は充分な備えをして登るのに対して、夏山の場合は薄着で登ることが多く、寒さに対するじゅうぶんな備えができていないことが原因だと言われています。

つまり油断して山に登り、低体温症になり、遭難するケースがほとんど。

また、真冬に雨が降ることは少ないのですが、それ以外の季節の場合は、雨に濡れることで体温が奪われるため、低体温症が発生しやすくなります。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
アライテント(ARAITENT)
¥6,270 (2022/05/19 04:49:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Juza Field Gear(ジュウザ・フィールドギア)
¥12,680 (2022/05/19 04:49:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,750 (2022/05/19 04:49:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,399 (2022/05/19 08:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

登山カテゴリの最新記事