ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【カヌー帽子・カナディアンカヌー編】日差しから守る!カヌー用帽子の選びかたとおすすめを紹介

【カヌー帽子・カナディアンカヌー編】日差しから守る!カヌー用帽子の選びかたとおすすめを紹介
晩夏から秋にかけては、カナディアンカヌーにピッタリの季節。日差しが穏やかになり、川からのぞむ色とりどりの紅葉は陸とはまた違った趣があります。今回は、カヌーのなかでもカナディアンカヌーにぴったりな帽子選びとおすすめについて紹介します。

カナディアンカヌーには帽子!その役割とは

カヌー 帽子 カナディアンカヌー

カナディアンカヌーでは水に潜るといった遊び方はせず、のんびりとツーリングを楽しみます。

カヤックと違いカナディアンカヌーでは、水にぬれることもなく直射日光が降り注ぐので、熱中症を防ぐことがとても重要。

そのため、熱中症や日焼け対策として帽子をかぶります。帽子をかぶる場合とそうでない場合と比較すると、頭の温度差が5~10℃もあるそう。

このことからも、熱中症予防に帽子が役立つことがうかがえるでしょう。いっぽうカヤックではヘルメットをかぶるのを推奨しています。

カヤックはアクティブな遊び方が多く、岩などにぶつかることもあるので、安全のためにヘルメットを装着しましょう。

詳しくはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

カヌーとカヤックの違いを徹底解説!川遊びをするならどちらがおすすめ?

【カヌー帽子・カヤック編】ヘルメットはカヤックでの必須ギア!選びかたとおすすめヘルメットを紹介

 

カナディアンカヌーの帽子選びポイント

カヌー 帽子 カナディアンカヌー

ここからは、カナディアンカヌーをするのにピッタリな帽子選びのポイントをご紹介します。

帽子選びのポイント①ハットタイプのもの

帽子のデザインはさまざまありますが、なかでもハットタイプがおすすめ。ハットタイプはツバが広く、頭囲をぐるりと覆ってくれるので、全方位からの日差しを防いでくれます。

とくに、うしろにシェードがあるタイプのものは、シェードによって大きな影が生まれ、より温度上昇や首・肩の大部分の日焼けも防ぐことが可能です。

また、水上では意外と風が吹くので顎ひも付きのものがおすすめです。

帽子選びのポイント②素材(撥水性・速乾性・通気性)

カナディアンカヌーをする際、帽子の中は汗で蒸れやすくなっています。また、帽子が水に落ちることもあるため、速乾性と通気性が優れている素材がよく用いられます。

なかでもポリエステル素材などは乾きが良いのでウォータースポーツのファッションに良く用いられ、帽子の中がメッシュ素材のものは通気性がよくムレを防ぎます。

ツイル素材は吸汗性がいいので汗を良く吸い取り快適です。くわえて、撥水加工がされているものは濡れるのを防ぐのでウォータースポーツ全般で重宝されます。

これらの素材が使われているものはカヌーだけでなく、アウトドア全般でも役に立つでしょう。

帽子選びのポイント③UVカット機能

UVカット機能のものがおすすめです。衣服などではUPF50+などと表示されており、数値が大きいほど紫外線の影響を防いでくれます。

帽子自体にUVカット機能のあるものは、より日焼けや温度上昇を防ぐことができるので「UVカット」や「紫外線遮蔽」といった表示があるものを選びましょう。

カヌー・カヤックカテゴリの最新記事