ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

カヌーとカヤックの違いを徹底解説!川遊びをするならどちらがおすすめ?

カヌーとカヤックの違いを徹底解説!川遊びをするならどちらがおすすめ?
ウォータースポーツの代表格にカヌーとカヤックがあります。この2つ、どちらもパドルをつかって舟をこぐというところは共通していますが、どのような違いがあるのでしょう?今回はカヌーとカヤックの違いについてくわしくご紹介したいと思います。

カヌーとカヤックの違い:カヌーとは?

カヌー カヤック 違い

カヌーとは人や荷物をはこぶための丸木舟のことをさし、代表的なものとしてカナディアンカヌーがあります。木やポリエチレンなどの素材でできており、ボートに似ていますがカヌーはパドルで漕ぐところがちがいます。

カヌーの歴史

カヌーの歴史は古く、水辺の土地にはカヌーのような舟が人々の生活の役に立っていた、という記録があります。

そのなかでも、カナディアンカヌーは北米アメリカの先住民が、輸送手段や生活の交通手段として使用していたものがルーツと言われています。

※このページでのカヌーとは、カナディアンカヌーのことをさしています。

カヌーの魅力

カヌーは静かな湖や穏やかな流れを、のんびり進んでいくのが魅力です。静かな流れにまかせて、雄大な自然のなかに身を置くと、自然と一体になれるような不思議な充足感があります。

また、カヌーはオープンデッキで荷物を比較的多く積むことができるので、目的地までカヌーで航行、ついたらキャンプをするというキャンプツーリングをすることができます。カヌーで旅をするなんて、冒険心をくすぐられますね。

 

カヌーで遊ぶ際に用意するもの

カヌー カヤック 違い

カヌーを楽しむ際にはカヌー本体のほかにも用意するものがいくつかあります。また、自然相手のスポーツなので安全対策はしっかりとしておきましょう。

カヌーで用意するもの①カヌー

いちばん重要なカヌー本体です。アウトドアショップで購入することができますが、体験教室であればツアー団体やショップから貸してもらえます。

カヌーで用意するもの②パドル

カヌーを漕ぐ際に必要な道具です。カヌーの場合は、水をかくブレードが一つだけのシングルブレードパドルを使用します。

カヌーで用意するもの③ウェア・シューズ

季節により服装はことなりますが、共通しているのは濡れてもすぐ乾く化学繊維のウェアが適していること。夏は長袖のラッシュガードやレギンスでもOK。

ただし、暑いからと言って水着や半袖で過ごすのは日焼けをしてしまうのでNGです。日差しの強いときは帽子やサングラスも着用しましょう。

冬はぬれた際、低体温症を防ぐため防水・保温効果の高いパドリングジャケット・パンツを着用します。厳冬期の川で行うならドライスーツというウェアが必要になります。

春~秋は気候に合わせて夏・冬のウェアを使い分け、ウィンドブレーカーやレインウェアなどの防寒着や雨具を活用しましょう。シューズはかかとのあるアクアシューズをはきましょう。

カヌーで用意するもの④ライフジャケット

水に落ちた際に、身を守るためには体を浮かせることが重要です。カヌーに限らず、ウォータースポーツではかならず、ライフジャケットをつけましょう。

流れでライフジャケットが取れないよう、ベルトでしっかりと固定しましょう。とくに、小さいお子さんは必ず確認してください。

そのほか用意しておくもの

あると便利なものには、水やお弁当や貴重品をいれておくウォーターバッグがあります。水にぬれてもなかのものがぬれないので重宝します。

涼しい水辺でも、熱中症にならないように水分補給はこまめに行いましょう。また、もしものときに救急用品や保険証のコピーがあるといざというときにあわてなくてすみます。

ページ: 1 2
   
   

カヌー・カヤックカテゴリの最新記事