【究極の温かさ】南極観測隊が実際に使っている防寒具はコレだ!

Greenfield

【究極の温かさ】南極観測隊が実際に使っている防寒具はコレだ! 出典 南極観測のホームページ

先日放送されたテレビ番組の中で、-20℃の南極で活動している観測隊はどんな防寒具を身に付けているのか?という企画があり、紹介されたアイテムが話題になっています。確かに、極地で働く観測隊員がどんなものを着用しているのか気になりますよね。実は、彼らが身に付けてる防寒具は特別なものではなく、普通に買えるアウトドアメーカーのものばかりなのです。番組で紹介されたアイテムをリストにしてみましたので、とにかく温かいものが欲しい!という方はお役立てください♪

南極観測隊とは・・・

南極観測隊は、南極大陸の気象、天文、地質、生物学の観測を行うために日本から派遣される調査隊です。

 

南極は地球上で最も寒冷な地域。

今までに記録された最も低い気温はなんと-89.2℃というから驚きです。

南極観測隊の観測の拠点である基地でも1年を通して気温は氷点下で、真冬は-20℃を下回ることもあります。

そんな観測隊員たちが実際に身に付けている防寒着なら、ものすごく温かいに決まってる!

ということで、早速チェックしていきましょう♪

以下はテレビ番組で紹介された順番です。

 

 

ソックス マウンテニアリング Smart wool 

アウトドアマンから絶大な信頼を誇るウールメーカー、スマートウール。

マウンテニアリングは登山用ソックスの中でも最も厚いモデルです。

1つ下の厚みのヘビークルーよりも裏の起毛に長さがありクッション性、保温性ともに群を抜いています。

 

 

バラクラバ SONIC BALACLAVA OUTDOOR RESEARCH 

痒いところに手が届く、そんな製品を生み出し続けるアウトドアリサーチのバラクラバ(目出し帽)。

ポーラテック社のウィンドストッパーテクニカルフリースを採用し、肌触りが良い上に完全防風というこの上ない逸品です。

 

 

インナーグローブ メリノウール インナーグローブ タッチ mont-bell 

柔らかなメリノウールを使用した温かいインナーグローブ。

縫い目がなく、ストレッチ性が高いので装着感は抜群です。

スマートフォンなどを操作できるタッチパネル対応なので、普段使いの手袋としても重宝します。

 

 

インナー(トップス) Capline TW Crew patagonia

山のベースレイヤーでもおなじみのパタゴニアのキャプリーン。

キャプリーンシリーズの中で最も保温性に優れたTW(サーマルウェイト)は、裏面の凹凸のあるフリースが汗を素早く外へ発散し、快適な着心地を維持してくれます。

 

 

中間着 R1 Hoody patagonia 

こちらも山での使用でファンが多いR1フーディー。

Rシリーズで最も薄く多用途に使えるR1は、アウトドアマンなら必須アイテムと言えるでしょう。

 

 

キャップ Expedition Cap THE NORTH FACE

出典 goldwin

表地に防水透湿素材のゴアテックス、裏地に毛足が長く保温力が高いバーサテックスーパーロフトを使用した究極の防寒キャップ。

つばにワイヤーが入っているので形を自由に変えられます。

 

 

ネックゲーター ストレッチクリマプラス200 ネックゲーター mont-bell 

ストレッチクリマプラスは伸縮性と保温性、通気性に優れたフリース素材です。

100よりも200の方が厚くなります。

適度なフィット感で顔まで上げても苦しくなく快適です。

 

 

ジャケット Super Versa Loft Jacket THE NORTH FACE 


高い保温性のポーラテックサーマルプロを使用した中厚手のフリース。

柔らかく長い毛足が温かさをキープし、着心地も最高です。

首からアゴまでを覆う長い立ち襟で、首もとからの熱の放出を防ぎます。

 

 

アウター ポーラーダウンパーカ mont-bell

南極観測隊の意見が取り入れられている、極地対応のダウンジャケット。

表地には強度の高いシェル素材を使用し、中綿は800フィルパワーのEXダウンがたっぷり詰まっています。

これだけの品質のアウターが3万円台とは、モンベルのコスパには畏敬の念を抱きます。

 

 

インナー(ボトムス) Capline TW Bottoms patagonia

トップスと同じ、キャプリーンサーマルウェイトのボトムス。

番組では値段が高いと言われていましたが、同じような製品でも千円台で買えるものとはまさしくケタ違いに温かいです。

 

 

パンツ ポーラーダウンビブ mont-bell

アウターと同じく南極観測隊の意見を取り入れた、極地での野外作業に最適なパンツ。

確実に温かいと思いますが、日常には取り入れにくいアイテムですね。

 

 

ブーツ IMPACT BAFFIN 

カナダの防寒ブーツブランドバフィン。

中でもこちらのモデルは-100℃まで耐えられるという超極寒地仕様です。

スノーモービルやワカサギ釣りなど真冬のアクティビティに大活躍します。

 

 

ゴーグル GUEST-MPDH SWANS 

スワンズは、日本の光学技術の最高峰である山本光学のスポーツサングラスブランドです。

レンズは耐衝撃性に優れたポリカーボネート製でヘルメット対応。

GUESTシリーズはメガネをかけたまま使用可能な大容量フレームを採用したモデルです。

 

 

グローブ セキュアサーモ ネオ AOI WORKS

アオイワークスは日本の老舗作業用品会社です。

セキュアサーモ ネオは保温性、防水性に優れた極寒仕様のグローブ。

人工皮革+シリコンが極寒時のウエットコンディション下でも抜群のグリップ力を発揮します。

 

 

まとめ

以上が南極観測隊の防寒具の全貌です。総額で22万円程という金額に、スタジオでは意外と安いという声が上がっていました。確かに、ラグジュアリーブランドのダウンなら1着で20万円くらいしますもんね。南極観測隊お墨付きのこれらのアイテムはすでに完売状態になっているものもありますが、直営店やネットショップなどで普通に手に入れられます。寒い地域への旅行や真冬のアクティビティ、日常の防寒に取り入れてみてはいかがでしょうか。

公式アカウント

関連記事