スキー・スノーボードを快適に楽しむために、寒さ対策や紫外線対策は必須。そこで、首元から目の下までの顔半分をガードしてくれるアイテムが「ネックチューブ」です。ゲレンデで活躍するネックチューブの選び方や、おすすめ商品を紹介します。

ネックチューブの魅力

スキー・スノーボード ネックチューブ

スキー・スノーボードを快適に楽しめる、ネックチューブの魅力を紹介します。

寒さ対策になる

ネックチューブは首から顔を覆うため、ゲレンデでの寒さ対策になります。ハイシーズンは、より保温性の高い素材を選ぶことで、凍るような寒さに震えることなく、スキー・スノーボードを楽しめるでしょう。

紫外線対策しやすい

ネックチューブは覆う範囲が広いため、紫外線対策をしやすいのも特徴です。ゲレンデは、直射日光や雪の照り返しにより、紫外線を受けやすい環境。日焼けは肌の負担になることもあり、なるべく避けたいものですね。ネックチューブをしていると、首や顔の日焼け防止になりますよ。

肌をガードしてくれる

肌を覆うことで、雪や風からガードできるのもネックチューブの長所です。ゲレンデは意外と乾燥していて、さらに滑走時には風をうけるため、肌荒れを引き起こすことがあります。また、転倒したときや、吹雪のときなどにも、ネックチューブをしていれば、肌を守れます。

スキー・スノーボード用ネックチューブの選び方

スキー・スノーボード ネックチューブ

スキー・スノーボードに適したネックチューブは、どう選べばよいのでしょうか?おさえておきたいポイントを紹介します。

UVカット機能をチェック

ゲレンデで過ごす時間の長いスキー・スノーボードには、日焼け対策が必要。とくに春先は紫外線が強くなります。また、その頃には気温も高くなってくるので、メッシュ素材など苦しくないものを選びましょう。「暑くて外し、日焼けした!」という失敗を防げますよ。

速乾性も大事なポイント

速乾性が特徴の素材を選べば、汗で濡れる不快感を軽減できます。スキー・スノーボードでは、降雪時だけでなく、真冬でも汗をかくことがありますよね。速乾性はシーズンを通して必要な機能です。ポリエステルなどの化学繊維が優れています。

保温性を確認

保温性もネックチューブには欠かせない条件。ニット素材は暖かく、厳冬期に活躍します。また、メリノウールは優れた保温性に加え、軽く肌ざわりもよいので、春先まで気持ちよく使えますよ。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。