祝 2020年1月「DANG SHADES」 FENTON Black Soft X Green Mirror(偏光) / Greenfield「公式LINEお友達登録」で 毎月プレゼント!

初心者必見!釣果を左右するトラウトロッドの選び方とおすすめモデル10選

初心者必見!釣果を左右するトラウトロッドの選び方とおすすめモデル10選
   
渓流釣りや管理釣り場など、日本の淡水域で大活躍のトラウトロッド。代用できるものが増えたとはいえ、やっぱりトラウトロッドの人気は絶大です。今回は星の数ほどあるトラウトロッドの選び方と、人気モデルから玄人好みまでおすすめモデルをご紹介します。
   

トラウトロッドを買う前の準備

トラウトロッド 選び方

 

トラウトロッドに限らず、ロッド選びは釣具店であれこれ手にとってみるよりも、「実際にどのような使い方をしたいか」のイメージを固めておくことが重要です。

まずは購入する前に、どういう用途で使いたいロッドなのか少し掘り下げて考えてみましょう。

 

どんな釣りをしたいのかイメージしよう

まずはトラウトロッドを使って、どんな釣りをしたいのかイメージしてみましょう。

ロッドには、アクションやシチュエーション別に特性があるので、それぞれに有利なシチュエーションがあります。

パッケージに記載がある場合もありますが、ない場合はこれから紹介するポイントを元に選んでみてくださいね。

 

使いたいルアーをイメージしよう

長さや握りやすさは実際に持てば分かりますが、使ってみなければ分からないのがルアーとの相性です。

それぞれのルアーには得意とするアクションがあり、ルアーが思い通り動けるかはロッドが左右します。

もちろんロッドを兼用することも可能ですが、メインで使いたいルアーとの相性はとても重要といえます。

 

リール選びも大事

リール選びで操作性が大きく変わるので、結果的に釣果を左右します。

軽量ルアーを使うトラウトロッドではスピニングが定番でしたが、最近はベイトフィネス対応ロッドも増えてきました。

兼用はできないので、ロッド選びの際にはリールについてもよく知っておきましょう。

 

 

最適なトラウトロッドを導き出す選び方

トラウトロッド 選び方

 

どういう釣りを、どんなルアーを使ってやってみたいのかイメージできたら、ロッドのどういった特性がそのイメージに近いのかを探してみましょう。

主にルアーを使うことになるので、今回はとくにルアーを投げたときに出る違いを解説します。

 

釣り味を変える「素材」

ロッドのブランクス(曲がる部分)の素材をマテリアルと呼びます。

グラスファイバーや竹、ホウ素繊維などがありますが、最近はカーボン製がほとんどです。

軽量で扱いやすいので、初心者の方はカーボンを選んでおけば安心です。

 

アクションを左右する「調子」

簡単に言えば、調子はブランクスがどこから曲がるかを現していて、キャスティングから魚とのやり取りまで、釣りをする上で重要なポイントです。

トラウトロッドでは先調子(ファーストアクション)と胴調子(パラボリックアクション)の二種類が主流です。

さまざまな特徴があり、それぞれさらに細かく設計されていますが、

  • 先調子…軽量ルアーが投げやすくピンポイントを狙いやすい
  • 胴調子…飛距離が出し安すくさまざまなルアーを投げやすい

というポイントは覚えておきましょう。

 

ルアーウエイトを左右する「硬さ」

同じ調子でも硬さ(ロッドパワー)はさまざまで、主に8つの段階に分かれています。

  • エクストラウルトラライト(XUL)
  • スーパーウルトラライト(SUL)
  • ウルトラライト(UL)
  • ライト(L)
  • ミディアムライト(ML)
  • ミディアム(M)
  • ミディアムヘビー(MH)
  • ヘビー(H)

狙う魚のサイズによっても使い分けますが、基本はルアーウエイトに合わせて選びます

渓流ではシチュエーションに合わせてさまざまなロッドが有効になりますが、管理釣り場ではSUL~Lが中心になります。

 

 

管理釣り場向けおすすトラウトロッド

トラウトロッド 選び方

 

管理釣り場で楽しむエリアトラウトは、自然渓流に比べ周辺環境も広く足場もいいので、キャスティングしやすい環境が整っています。

人と並んでキャスティングすることも多くなることから、タックルのデザイン性も少し重視したいですよね。

初心者が最初の一本として扱いやすく、デザイン性も重視したエリアトラウト向けのロッドをご紹介します。

 

Abu Garcia マスビートエクストリーム MES-622UL

アブガルシア Abu Garcia マスビートエクストリーム MES-622UL

低価格でデザイン性もいいアブガルシアのエリアトラウトロッド。

やわらかいので重さを感じながらキャスティングすることができます。

 

メジャークラフト トラパラ TPS-632UL

メジャークラフト トラパラ TPS-632UL

 

しっかりとした振り心地で、釣りの基本を教えてくれるような一本です。

トラウトロッドといえばコルクグリップという方にもおすすめですね。

 

DAIWA トラウトX 60XUL エリアトラウト 

DAIWA ダイワ トラウトX 60XUL エリアトラウト 

 

ブランクスが暴れにくく、使いやすさに定評があるモデル。

カーボン地がうっすら見えるルックスもクールです。

 

 

渓流向けおすすめトラウトロッド

トラウトロッド 選び方

 

渓流ではロッドの本数を持ち歩くのは困難で、さまざまな環境に適応できる汎用性が必要です。

また散策中の破損を避けるためにも、携帯性も重要なポイント。

携帯性と汎用性、どちらも備えたおすすめモデルをご紹介します。

 

Jackson トラウトアンリミテッド TUSS 452UL

 

源流向けの携帯性にこだわったテレスコロッド。

魚をかけたときの乗りやすさは、このロッド最大の特徴といえます。

 

Abu Garcia トラウティンマーキスナノ TMNS-516L II TE

 

振り出しとは思えないほど柔軟で粘りがある気持ちのいいロッド。

初心者が渓流に入るなら、ぜひ検討してほしい一本です。

 

シマノ カーディフNX S64L

SHIMANO シマノ カーディフNX S64L

 

中流エリアにおすすめのロッド。

3~14gとルアーの選択肢が広いのもメリットです。

 

DAIWA ワイズストリーム 710ML-3

DAIWA ワイズストリーム 710ML-3

 

ハイパワーながら3g程度のルアーも投げやすいこだわりの一本。

携帯性も重視した3ピース設計なのも好ポイントですね。

 

 

トラウトロッドでベイトトラウトのおすすめモデル

トラウトロッド 選び方

 

ベイトリールの高性能化で、渓流でベイトフィネスを楽しむハードルもかなり低くなりました。

初心者におすすめの一本から、こだわりの一本までベイトフィネス向けトラウトロッドをピックアップしました。

 

SHIMANO トラウトワン NS B47L

シマノ SHIMANO トラウトワン NS B47L

 

2~9gとややヘビーウェイトにも対応するベイトロッド。

扱いやすさもピカイチで、入門用としてもおすすめです。

 

メジャークラフト FINETAIL X FSX-B382UL

メジャークラフト FINETAIL X 渓流ベイトモデル FSX-B382UL

 

水深のある渓流域におすすめのベイトロッド。

腕と一体になったかのような取り回しのよさはスーパーショートロッドならではですね。

 

Abu Garcia マスビートエクストリーム MEC-562UL

Abu Garcia マスビートエクストリーム MEC-562UL

 

低価格で十分な性能を持つベイトロッドです。

管理釣り場デビューにもってこいですね。

 

 

まとめ

トラウトロッドの違いは見た目から分かりにくく、素材や調子、硬さなど、自分のイメージする釣りのスタイルを擦り合わせて選ぶ必要があります。ネイティブな趣味なので、見ているだけで楽しめるようなデザイン性も重要ですね。価格ももちろん重要ですが、性能を第一に考えて、長く付き合える最適な一本に出会いましょう。


渓流・フライフィッシングカテゴリの最新記事