『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

仕掛けを制するものは太刀魚を制す!太刀魚釣り用仕掛けの特徴を徹底解説

仕掛けを制するものは太刀魚を制す!太刀魚釣り用仕掛けの特徴を徹底解説
   
ライトタックルでの釣りが確立され、人気ターゲットとなっている太刀魚(タチウオ)。太刀魚の仕掛けは多岐にわたり、まずは仕掛けの特徴を理解するのが大切です。今回は堤防から船釣りまで、太刀魚釣りに使われる仕掛けとそれぞれの特徴を解説します。
   

太刀魚(タチウオ) 堤防からのルアーフィッシング

太刀魚(タチウオ)仕掛け

船から釣る魚のイメージが強かった太刀魚も、漁港などからルアーで釣るスタイルが確立されています。

岸寄りさえしていれば、フィッシュイーターなのでルアーで釣り上げることもむずかしくありません。

魚影が濃いポイントだと外道も食ってくるので、太刀魚だけを狙うのは難しいですが、手軽に楽しめるのが魅力です。

太刀魚を岸から釣るなら夕方から夜の釣りになるので、安全装備も抜かりなく用意しましょう。

太刀魚専用ルアーを使う「ワインド」

ワインドは、太刀魚専用のソフトルアーに大きくアクションを付け、太刀魚を誘う釣り方。

太刀魚は下から食いあがってくることから、捕食時にルアーを食いなおすので、ファーストアタックで見切られにくいのもソフトルアーのメリットです。

ワインド用ルアーはダートしやすい作りになって、太刀魚釣りの基本であるタナ別のアピールに有効です。

専用ロッドは軽く、アクションを付けやすいコシのある作りで、代用する場合も振っていても疲れない軽量なものがおすすめです。

 

オルルド釣具 ワインドルアー 夜光ジグヘッド スタートキット

 

広範囲探れる「ショアジギング」

遠浅な釣り場などでおすすめなのがジギングです。

ワインド用ルアーに比べて重さがあるため距離が出やすく、アクションも付けやすいのがメリットです。

太刀魚の歯でボロボロにされてしまうソフトルアーに比べて、寿命が長いメリットもありますね。

左右の動きは出しにくいため上下の動きを意識し、とくに沈下速度の速いモデルが効果的です。

 

メジャークラフト ジグパラスロー







海釣りカテゴリの最新記事