冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

仕掛けを制するものは太刀魚を制す!太刀魚釣り用仕掛けの特徴を徹底解説

仕掛けを制するものは太刀魚を制す!太刀魚釣り用仕掛けの特徴を徹底解説
   
ライトタックルでの釣りが確立され、人気ターゲットとなっている太刀魚(タチウオ)。太刀魚の仕掛けは多岐にわたり、まずは仕掛けの特徴を理解するのが大切です。今回は堤防から船釣りまで、太刀魚釣りに使われる仕掛けとそれぞれの特徴を解説します。
   

太刀魚(タチウオ) 堤防からのルアーフィッシング

太刀魚(タチウオ)仕掛け

船から釣る魚のイメージが強かった太刀魚も、漁港などからルアーで釣るスタイルが確立されています。

岸寄りさえしていれば、フィッシュイーターなのでルアーで釣り上げることもむずかしくありません。

魚影が濃いポイントだと外道も食ってくるので、太刀魚だけを狙うのは難しいですが、手軽に楽しめるのが魅力です。

太刀魚を岸から釣るなら夕方から夜の釣りになるので、安全装備も抜かりなく用意しましょう。

太刀魚専用ルアーを使う「ワインド」

ワインドは、太刀魚専用のソフトルアーに大きくアクションを付け、太刀魚を誘う釣り方。

太刀魚は下から食いあがってくることから、捕食時にルアーを食いなおすので、ファーストアタックで見切られにくいのもソフトルアーのメリットです。

ワインド用ルアーはダートしやすい作りになって、太刀魚釣りの基本であるタナ別のアピールに有効です。

専用ロッドは軽く、アクションを付けやすいコシのある作りで、代用する場合も振っていても疲れない軽量なものがおすすめです。

 

オルルド釣具 ワインドルアー 夜光ジグヘッド スタートキット

 

広範囲探れる「ショアジギング」

遠浅な釣り場などでおすすめなのがジギングです。

ワインド用ルアーに比べて重さがあるため距離が出やすく、アクションも付けやすいのがメリットです。

太刀魚の歯でボロボロにされてしまうソフトルアーに比べて、寿命が長いメリットもありますね。

左右の動きは出しにくいため上下の動きを意識し、とくに沈下速度の速いモデルが効果的です。

 

メジャークラフト ジグパラスロー

 

 

太刀魚(タチウオ)仕掛け 堤防からの餌釣り

太刀魚(タチウオ)仕掛け

 

岸寄りする時期では、数を釣るなら餌釣りも有効です。

どちらも合わせが重要なので、太刀魚が食ってきたアタリを逃さない集中力が大切ですね。

餌釣りも基本的に夜釣りになるので、安全装備にも抜かりなく楽しみましょう。

 

餌釣りの基本「浮き釣り」

太刀魚を岸から餌釣りで狙う場合、基本になるのが浮き釣りです。

餌はキビナゴやサバの切り身を使用するのが一般的で、十分な数を用意しておいたほうが安心です。

仕掛けの構成もシンプルで、自作して好みのセッティングもしやすいですが、最近では扱いやすい既製品も多くなってきました。

 

冨士灯器 太刀魚セット タイプ3 LG 緑

 

対太刀魚仕掛け「テンヤ」

太刀魚釣り専用の独特な仕掛けがテンヤです。

テンヤ自体はマダイ釣りなどにも使われていますが、太刀魚用のテンヤは大きな針が下向きに付いているのが特徴です。

これは下から食い上がってくる太刀魚をかけやすくするための設計で、アワセのタイミングがより重要になります。

餌はキビナゴなどの小魚や、ドジョウを使った「引き釣り」というスタイルもあります。

最近ではルアー×餌釣りのハイブリッドのようなテンヤ仕掛けも登場し、より利用シーンが多くなっています。

テンヤは船釣りでもよく使われる仕掛けなので、テンヤの扱いを覚えておけばショア・オフショアどちらも攻略できますね。

 

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S ブレード付

 

 

太刀魚(タチウオ) 船からの釣り

太刀魚(タチウオ)仕掛け

 

船からの太刀魚釣りは古くから楽しまれ、今では西日本から東日本まで広く馴染みのある釣りになりました。

とくに夏から冬にかけては、大型の太刀魚、いわゆるドラゴン級の大物を狙って足しげく船宿に通う釣り師も少なくありません。

深さのある沖での釣りではさまざまなアプローチが必要になるので、仕掛けのバリエーションも増やしておくと有利ですね。

 

潮の流れでアピール「天秤」

天秤仕掛けは、メインラインから天秤のようにアームを伸ばし、針を連ねる仕掛けを指します。

メインラインに針が引っかかってしまう糸がらみを防ぐための構造で、タナを頻繁に変えるシチュエーションでは必須のスタイルです。

しゃくって誘うのも有効ですが、潮の流れでユラユラと餌が動くだけでも十分アピールになりますね。

餌はキビナゴやサバ、サンマの切り身など浮き釣りと共通するものを使います。

必然的に横幅が広くなってしまうので、ハイシーズンの混雑した船からの釣りでは、隣の人との間隔に十分注意して楽しみましょう。

 

ダイワ 快適船タチウオ仕掛け SS ライトマルチ

 

初心者でも大物を期待できる「ジギング」

キャスティングするショアジギングと違い、より大きく重いジグを落として楽しむのが船からのジギングスタイル。

グロー系が定番ですが、比較的シチュエーションに応じてヒットカラーが変わるので、ルアーの選択肢は多いほうがいいでしょう。

重さも100g前後が定番ですが、潮が早いと200gほどの重めも視野に入れたいので、100gを中心に、200gまでいくつか用意しておくと安心です。

タダ巻きでタナを探りながら釣るのも楽しいですが、しゃくって巻くを繰り返す「ワンピッチジャーク」が基本の動き。

最初のうちは、釣れている人の動きを見よう見まねで勉強しましょう。

 

YO-ZURI ヨーヅリ メタルジグ ブランカ タチ魚SP

【12月5日エントリーで最大P45倍!】デュエル ヨーヅリ ブランカ タチ魚SP 80g SPU(シルバーパープル)【duel1501】

 

 

まとめ

太刀魚釣りの仕掛けはさまざまで、どれもおもしろいものばかりです。浮き釣りやテンヤなど餌釣りも安定して釣果に繋がりますが、ワインドやショアジギングなどルアーも一般化し、使いやすく魅力的な専用ルアーが増えています。太刀魚釣りは夜釣りが中心になるので、安全装備も準備し、楽しくドラゴン太刀魚を狙いましょう。

海釣りカテゴリの最新記事