11月は「キャリー ザ サン 」 折りたたみ 太陽光充電式 LED ランタン / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

バックカントリーを安全に楽しむ三種の神器とは?雪崩対策アイテムもご紹介

バックカントリーを安全に楽しむ三種の神器とは?雪崩対策アイテムもご紹介
   
今回はバックカントリーを安全に楽しむために必要な知識とアイテムを紹介いたします。バックカントリーは大きな魅力を持っていると同時に大きな危険性もはらんでいます。これからバックカントリーに挑戦しようと考えている方はぜひ参考にしてください。
   

バックカントリーってなに?

 

バックカントリーとは、ゲレンデのように整備された管理区域以外の場所と定義され、自然のままの山を滑ることを指します。

バックカントリーで発生した事故はすべて己責任とされています。

 

 

バックカントリーの魅力とは?

 

ゲレンデがあるにもかかわらず、なぜ多くの人はバックカントリーを滑るのでしょうか?

人々を惹きつけるその魅力を紹介いたします。

 

絶景を見ることができる

山頂やハイクアップの途中には息をのむほどの絶景を見ることができます。

あたり一面の銀世界、自然そのままの森や斜面など、ゲレンデでは見ることのできない景色が広がっています。

 

達成感を味わえる

仲間とともに山頂まで登頂した時、山頂から無事にすべり終えることができたときの達成感は、すべての苦労が報われるほどの喜びを与えてくれます。

 

極上のパウダースノーが堪能できる

バックカントリーの大きな魅力の1つが、極上のパウダースノーを堪能できることです。

競争率も低く、数日間降り積もったパウダースノーを独り占めすることができます。

パウダースノーのまるで空を飛ぶような感覚は、その1本を滑る価値があるほどの感動を味わうことができます。

 

 

バックカントリーに潜む危険性

 

多くの魅力を持ったバックカントリーですが、その反面大きな危険性もはらんでいます。

バックカントリーの危険性を紹介いたします。

 

雪崩

バックカントリーに潜む危険性としてまず一番最初に思い浮かぶのが「雪崩」です。

いつどこで雪崩が発生するかを予測しづらいため、経験豊富な人でも巻き込まれてしまうほど常に危険と隣り合わせです。

 

遭難

次に挙げられるのが「遭難」の危険性です。

山の天気は変わりやすく、数分前まで晴れていたのに突然の吹雪でホワイトアウトするといったことはザラにあります。

目の前のパウダースノーを追い求めるあまり、予定のルートを外れてしまい遭難することもあります。

山の地形図や位置情報アプリを使用しながら、自分がどこにいるのかを常に把握する必要があります。

 

怪我

最後の危険性は「怪我」です。

整備されたゲレンデとは異なり、自然の山は予期せぬ地形や木に衝突する危険性があります。

また、怪我をしてもすぐにレスキューがかけつけてくれるわけではありません。

先が見えない場所を滑らないなど、ゲレンデよりも一層注意深く滑る必要があります。

 

 

バックカントリーの「3種の神器」とそれぞれの役割

 

それでは、バックカントリーに必須とされている「3種の神器」について説明しましょう。

バックカントリーの装備は自分の命を守るだけでなく、一緒に登った仲間を助けるためという意味合いが強いです。

3種の神器を持たないことは、「あなたが埋まっても助けませんよ」と言っているのと同じなのです。

これらの装備無くして山に登ることは大変危険ですので、しっかりと準備してください。

 

3種の神器 1.ビーコン

ビーコンとは、近距離無線技術を利用した位置情報特定技術を利用したデバイスのこと。

つまり、無線を利用して雪崩に埋まった人を捜索する時に使用するアイテムで、これを持たずして山に入ってはいけないと言われています。

ビーコンを持っていない人は、自分が埋まった際に救助される可能性が下がるだけでなく、一緒に登った仲間が埋まった際に救助することができません。

自分の命を守るだけでなく、仲間の命も守るためにビーコンは必須のアイテムです。

 

3種の神器 2.プローブ

プローブとは誰かが雪崩に巻き込まれて埋まった際に、雪に突き刺すことで埋没者を発見するために使用する棒のこと。

一刻も早く埋没者を発見するために必須のアイテムです。

アルミやカーボン性のものが多く、登山中は折りたたんで持ち歩きます。

埋没者の発見だけでなく、積雪の深さを測る際にも使用されます。

 

3種の神器 3.ショベル

3つ目のアイテムはショベル。

ショベルは埋没者を発見した後、掘り出して救助する際に使用します。

最近では折りたたみ式で軽くて持ち運びやすいものが販売されています。

他にも雪崩のリクスを測定するコンプレッションテスト、雪洞作りにも使用され、幅広い役割を持ったアイテムです。

以上の3点が、バックカントリーの「3種の神器」と呼ばれるアイテムです。

これを持ったから安全というわけではなく、バックカントリーをするにあたって最低限必要なアイテムですのでご注意ください。

 

 

まとめ

以上、バックカントリーを安全に楽しむための「3種の神器」について紹介いたしました。バックカントリー初心者の方はガイドをつけて挑戦することをおすすめいたします。自然の危険性を甘く見ずに、万全の装備を整えてバックカントリーを楽しみましょう!

バックカントリーカテゴリの最新記事