転倒や滑落、転落などの事故と道迷いが登山中に起こる遭難の2大要因だといわれています。山で道に迷ったことがあるという人は少なくないのではないでしょうか。筆者もそのひとりです。今回は道迷いを防止する登山用GPSの選びかたとおすすめを教えます。

登山には登山用GPSが必須

登山用GPS

道迷いとは、自分がいまどこにいるのかわからなくなることです。道に迷って焦り冷静さを失うことは地図の読み違いにもつながります。

3,000m級の山の山頂付近には、ほとんど樹木がなく見通しがきくため、比較的道迷いは少ないと言われています。

逆に初心者向けの低い山の場合は、山頂まで樹木でおおわれていることが多いため、標高の高い山よりも油断しがちで道迷いが発生しやすいようです。

また、標高の低いマイナーな山には道案内が少ないことなども道迷いの多い原因のひとつと考えられています。

ひと昔前までの登山ではコンパスと地図だけが頼りでした。しかし、今はGPSがコンパスにとって代わり、登山の必需品とされています。

GPSがあれば「今あなたがいるのはここですよ」と空から冷静にナビゲートしてくれます。

筆者は、いまだにコンパスと地図を携えて登山するスタイルをとおしていますが、どうってことのない難易度の低い山の山頂付近で迷い、反対側の尾根を伝って下山するという失敗をつい最近したばかりです。

GPSがあればこんなことは起こらないのに、と改めて必要性を実感させられました。

 

登山用GPSがおすすめな理由

登山用GPS

最近はスマートフォンにダウンロードして気軽に使えるGPSアプリが豊富にでています。なぜアプリではなく登山用ハンディGPSの方がおすすめなのでしょうか?

登山用GPSおすすめ理由①バッテリーの稼働時間が長い

登山用GPSは10時間以上バッテリーが稼働するものがほとんどなので、バッテリー切れの心配が減ります。

また、乾電池でも作動する登山用GPSであれば、予備の電池を携行することでバッテリーの残量を心配しなくてすみます。

登山用GPSおすすめ理由②山の過酷な環境に対応

零下になる冬山では、スマホがうまく作動しないケースが多々あります。また、雨にあうことも多いので防水機能も欠かせません。

登山用GPSは零度以下の気温でも作動し、多少雨に濡れても壊れる心配が少ないでしょう。

登山用GPSおすすめ理由③GPS機能に特化している

登山用GPSは、ナビゲートシステムのみに特化しているため、操作がシンプルで「使いやすい・わかりやすい」というメリットがあります。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。