アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

冬のSUPにはウェットスーツが必要!選び方やおすすめの商品をご紹介

冬のSUPにはウェットスーツが必要!選び方やおすすめの商品をご紹介
冬のSUP時には欠かせないウェットスーツ。ウェットスーツにはいくつか種類があるため、それぞれの特徴を踏まえて自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。この記事では、ウェットスーツの種類や選び方について紹介します。

冬のSUPにはウェットスーツが必要

sup 冬 ウェットスーツ

外気温だけでなく水面温度も下がる冬は、ウェットスーツで水が肌に触れるのを極力防ぎ、体温低下への対策が必要です。

また、ウェットスーツには寒さを防ぐだけではなく、水に浮きやすい素材でできているため、安全性も高い点が嬉しい特徴です。

ウェットスーツにはいくつか種類があるので、それぞれの特徴を抑えて自分に合ったものを選び、快適に冬のSUPを楽しんでいきましょう。

 

ウェットスーツの種類

sup 冬 ウェットスーツ

ここでは冬のSUP時に重宝するウェットスーツの種類を5つ紹介します。

ドライスーツ

ブーツまで一体となっているのが特徴です。また、首、袖、ジップ部分などの水が侵入しやすい箇所に防水加工がされているのも、冬のSUP時に嬉しい魅力。

値段が高い傾向があるので、寒い地域や時期にSUPを楽しむ機会が多い方や、寒がりな方におすすめです。

セミドライスーツ

長袖長ズボンタイプのウェットスーツです。完全防水ではありませんが、手首や足首部分から水が入ってくるのを最小限に抑えらえれます。

「フルスーツ」と呼ばれるものも同じタイプですが、セミドライスーツはフルスーツとは違って、生地の厚みや素材によって防寒対策がされています。水に濡れてしまう確率が低いSUPの時に重宝します。

タッパー

上半身用のウェットスーツです。ウェットスーツは基本、目立たない色のものも多いですが、上下が分かれていると、上には色のあるタッパータイプのものを選ぶと遠くからも見つけやすくなり、安全性が高まります。

ジャケットのように基本フロントファスナーなので、着脱が簡単な点も魅力。また、ウェットスーツの手入れ時、浴槽に水をはって海水を落としますが、上下が分かれているタッパータイプだと洗いやすいのもポイントです。

ロングジョン

長ズボン、タンクトップタイプのウェットスーツです。上半身はタンクトップなので、自由にコーディネートして使用できます。

冬以外の季節にも使用できるので、オールシーズンSUPを楽しみたいかたにおすすめのウェットスーツです。

SUP専用ウェットスーツ

SUPに使用されるウェットスーツはサーフィンやダイビングのものを使うことがほとんどです。しかし、近年、SUP専用のウェットスーツも開発されています。

特徴としてはジップ式で脱ぎ着がしやすく、パドルを漕ぐ摩擦に負けないように作られています。肩や腕まわりの生地が薄く動きやすいのも嬉しいポイントです。

SUPカテゴリの最新記事