アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

SUPにライフジャケットは必需品!ライフジャケットの基礎知識を知っておこう

SUPにライフジャケットは必需品!ライフジャケットの基礎知識を知っておこう
もっとも身近なボードスポーツSUP。SUPを楽しむ場合、安全対策としてライフジャケット着用は必須です。しかし、未着用者がかなり存在し事故が多発していることも事実なのです。この記事はSUPにふさわしいライフジャケット選びの基礎知識を徹底解説します。

ライフジャケットの定義とは

SUP(サップ) ライフジャケット

ライフジャケットは小型船舶の乗船者に法律によって着用が義務づけられています。

小型船舶ではないSUPにも、海上保安庁をはじめ各SUP団体など業界全体が、その装着を強く推奨しています。読者のみなさんも着用を心がけてください。

小型船舶におけるライフジャケットは、浮力が7.5kg以上、非常に見やすい色のもの、顔を水の上にキープできるもの、ひもで笛が取付可能なことといった安全基準が決められています。

さらに膨張式には、紐を引く等の方法で膨脹するもの、口による空気注入口があることが条件に加わり、呼気併用式になると、注入前での浮力が6kg以上など、さらに数条件が加えられています。

これらの基準に準拠しているライフジャケットには、その旨が表示されていますので選ぶ際の参考にしてください。

 

SUP(サップ)でパドラーの動きを邪魔しない

SUP(サップ) ライフジャケット

ライフジャケットの目的は、人が水中に沈んでいかないようにすることです。誰もがイメージする典型的なライフジャケットは、救命胴衣とも呼ばれているオレンジや黄色の目立つカラーリングで、浮力体の部分が厚いベストタイプのものではないでしょうか。

このタイプは浮力は十分ですが、万が一の事態のときに浮かせることを目的としている救命胴衣の範疇となるライフジャケットです。

そのため、ボード上でも水中でも、けっして動きやすいわけではありません。SUPにかぎらずウォータースポーツ用のライフジャケットは、“浮けばいい”というものではなく、そのスポーツの動きや、想定される状況を考慮したものが求められるのです。

ページ: 1 2
   
   

SUPカテゴリの最新記事