アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

釣り用の子どもライフジャケットの選びかたは?おすすめも紹介

釣り用の子どもライフジャケットの選びかたは?おすすめも紹介
   
親子で釣りをする時、ライフジャケットはどのようなものを選んでいますか?とくに子どもには適切なものを選んで着用しないと、もしもの時に機能しない場合もあります。今回は釣りで使う子ども用ライフジャケットの選び方とおすすめ商品を紹介します。
   

釣りは危険をともなうアウトドア

釣り ライフジャケット

 

アウトドアでも人気のある釣りは海や川などの自然に囲まれた開放感のなかで、親子で楽しむことができるので今からの季節にもぴったり。

しかし、自然が相手なのでいつ何が起きるか予測がつかない場合もあります。

気をつけていても海や川に落ちたり流されたりする危険性もあるので、釣りをする際には身を守るためにもライフジャケットの着用をするようにしましょう。

ライフジャケットを着用していれば海難事故にあった際の生存率が、着用していなかったときよりも2倍ほど向上すると言われています。

とくに小さな子どもは思いもよらない行動をする場合があるので、大人が目を離さないようにするだけでなく、親子でライフジャケットを着用し、もしもの場合に備えておくことが大切です。

 

 

子ども用ライフジャケットはどこをチェックすればよい?

釣り ライフジャケット

 

子ども用ライフジャケットを選ぶ際には

  • 着用シーンはどんな時なのか
  • 着用するタイプはどれにするのか
  • 着用する大きさは適正なサイズか

上記、3つのことをチェックしてください。

 

着用シーンはどんな時なのか

釣りをする場所によっても、着用できるライフジャケットが変わってくるので注意が必要です。

小型船舶に乗船し釣りをする場合には、国の安全基準に適合したライフジャケットを着用する義務があります。

その場合、国土交通省が試験し、安全基準を満たした桜マークの印があるものを着用しなければなりません。

胴衣の分類もタイプA・D・F・Gに分かれており、すべての小型船舶に使用する際にはタイプAを着用する必要があります。

手漕ぎボートや堤防、川などでの釣りに使用するライフジャケットは、桜マークがなくても使用することができますが、安全面を考えると子どもには桜マークのライフジャケット着用が良いでしょう。

しかし、桜マークの認定品でなくても、同程度の安全基準を満たしたライフジャケットなどもあるので、着用する場所や体重・商品の機能などを照らしあわせて選ぶようにしてください。

 

着用するタイプはどれにするのか

ライフジャケットは大きく分けて固形式・膨張式があります。

固形式は浮力体に発泡プラスチックなどの固形物を使用し、形はベストタイプ・首掛けタイプ・ジャンパーのように羽織るタイプの3種類。

着用するだけで浮き輪のように水の中で浮くので、子ども用ライフジャケットとして多く採用されています。

子どもへの安全性の高さや着用のしやすさを考えると、この固形式のベストタイプのライフジャケットがおすすめです。

もう一つの膨張式は、浮力体に炭酸ガス等を使用し、自動または手動で膨らませるタイプのライフジャケットです。

ガスボンベなどを使用するので、保守点検などが必要になります。

形は肩掛けタイプ・腰巻きタイプがあり、装着時はコンパクトでかさばらないので、着用していても動きの邪魔になりません。

なかでも肩掛けタイプは子ども用の商品もありますが、もしもこのタイプを選ぶときは自動で膨らむものを選ぶようにしてください。

 

着用する大きさは適正なサイズか

子どもは成長が早くすぐに大きくなるので、少し大きめのサイズを選びたいところですが、ライフジャケットは必ず体にあった適正サイズを選ぶことが大切です。

サイズが合っていないと、せっかく着用していても水中で浮いたときに脱げてしまう恐れがあるからです。

脱げたりするのを防ぐためには、股下にベルトがついたライフジャケットが有効です。

また、小型船舶における12歳未満の子ども用ライフジャケットの安全基準は

  • 体重15㎏未満は浮力が4㎏以上
  • 体重15㎏以上40㎏未満は浮力が5㎏以上
  • 体重40㎏以上は浮力が7.5㎏以上

と規定しているので、子どもの体格にあうものを選ぶようにしてください。

 

 

子ども用ライフジャケットのおすすめ

釣り ライフジャケット

 

BLUESTORM(ブルーストーム)BSJ-211I

国土交通省認定の桜マークがついた、小型船舶にも対応するTYPE-Aの固形式ライフジャケットです。

体重10㎏~15㎏未満に対応した幼児用で、浮力も4㎏あります。

首のうしろ側もカバーしていて、あお向けに浮くような形状なので、もしうつ伏せの状態で水に落ちてしまった場合でも反転するようになっているので安心です。

股下のベルトや肩の反射材もついているので小さな子どもに安全に使用することができますね。

 

BLUESTORM 幼児用ライフジャケット

 

高階救命器具 BSJ-211C

国土交通省認定の桜マークがついた、小型船舶にも対応するTYPE-Aの固形式ライフジャケットです。

適応身長は100~120cmで体重15㎏~25㎏未満に対応し、浮力も6.4㎏あります。

羽織らせてバックルをしめるだけの簡単設計なので、楽に着せることができますね。

脱衣防止の股下ベルトや反射材もついていて、釣りだけではなくキャンプや川遊びなどにも大活躍すること間違いなしです。

 

高階救命器具 BSJ-211C

 

ocean life(オーシャンライフ) Jr-1M型

こちらも国土交通省認定の桜マークがついた、小型船舶にも対応するTYPE-Aの固形式ライフジャケットです。

適応身長は130~150cmで体重40㎏未満に対応し、浮力も5.4㎏あります。

肩にはサーチライトを反射する反射材と胸には音で存在を知らせることができるホイッスルもついています。

着羽織ったらバックル式の胴ベルトで大きさを調整してとめるだけなので簡単に着用可能。

股下には脱衣防止のベルトがついているので、安心して使用することができます。

 

ocean life 国土交通省型式承認ライフジャケット

 

 

まとめ

釣りに使う子ども用ライフジャケットはいろんなものがありますが、子どもの安全や丈夫さなどを考慮してみると国土交通省認定のものが安心して使えるのでおすすめです。釣りに出かける際は親子でライフジャケットを着用し、安全に釣りを楽しんでくださいね。

海釣りカテゴリの最新記事