『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ダイビング初心者が買うべき器材は?ダイビング器材の選び方と買い方

ダイビング初心者が買うべき器材は?ダイビング器材の選び方と買い方
   
ダイビングライセンスを取得して自分専用の器材が欲しくなったという人も多いはずです。しかし、たくさんの種類の中から何を選べばいいのか分からないという人も少なくありません。初心者が最初に買うべきダイビング器材の選び方と買い方をご紹介します。
   

ダイビング器材はレンタル?それとも購入?

ダイビング初心者 器材

 

水中世界へのツアーを可能にしてくれるダイビング器材は、ダイバーにとって無くてはならないものです。

さまざまなメーカーから豊富なアイテムが出ているので、何を使っても大差がないように感じるかもしれませんし、レンタル器材で済ませたいという人も少なくありません。

しかし、自分専用のダイビング器材を持つことは安全面ではもちろん、気持ち的にも安心感を覚えることができ、快適にダイビングを楽しめるようになります。

ダイビング器材は決して安いものではありませんが、長くダイビングを続けてゆくならレンタル器材にお金をかけるより、自分の器材を揃えたほうがコスパは良くなるでしょう。

 

 

最初に買うべきダイビング器材

ダイビング初心者 器材

 

ダイビング器材を全部まとめて購入すれば、ほとんどの場合、セット割引があるのでお得にそろえることができます。

とはいえ、それでも最低50万円、あるいはそれ以上の出費は覚悟しなければいけません。

ですので、無理をせず最低限必要な器材から順番にそろえていくのもひとつの選択です。

最初に買うべきダイビング器材なら、「ウエットスーツ」がおすすめです。

できれば自分の体型に合わせて、オーダーしたウエットスーツが良いでしょう。

体にフィットしたウエットスーツは保温力はもちろん、スムーズに動き回れるので水中でのストレスを大幅に軽減できます。

そして、次にあると便利な器材がシュノーケリングやスキンダイビングにも使える、マスク、スノーケル、フィンの3点セット、海外では「ABCセット」と呼ばれることもあります。

これに、ブーツ、グローブ、メッシュバッグをつけた6点なら、リーズナブルなセット価格でそろえることができます。

 

 

初心者向けダイビング器材の選び方

ダイビング初心者 器材

 

初心者が、はじめてダイビング器材を購入するときの注意点や選び方をご紹介します。

ダイビング器材を購入する際、どんなところに注意を払えばいいのか気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

 

マスクの選び方

マスクを選ぶときは、顔へのフィット感がもっとも大切なポイントです。

できれば実際の店舗に行き、お気に入りのデザインを見つけたら、マスクのストラップをかけずに顔にあて、鼻から少し息を吸って顔を振ってもマスクが落ちなければフィットしている証拠です。

やむを得ず、試着せずに通販で購入する時は、GULLやTUSAなど国産メーカーの日本人の顔に合わせてデザインされたマスクを選んでおけば、ひとまず安心です。

なぜなら、海外メーカーのマスクは鼻の高い外国人の顔に合わせたデザインが多く、日本人が着けても鼻がつまめないことがあるからです。

また、視力矯正が必要な人は度付きレンズが利用できるマスクかどうかもチェックしておきましょう。

 

GULL MANTIS5 マンティス5シリコン ブラックシリコン

 

スノーケルの選び方

ダイビング初心者 器材

 

スノーケルは長すぎず、径が大きすぎない、排水のしやすいタイプを選びましょう。

大抵はマスクと同じメーカー、同じシリーズのものを選ぶことが多いと思いますが、マウスピースを口にくわえたときのフィット感をチェックしておくこともポイントです。

マウスピースには男性サイズと女性サイズがあり、加えて交換可能なものとそうでないものがあるので、サイズを確認し長く使えるように交換可能なタイプを選ぶのが良いでしょう。

また、マウスピースとパイプの間に蛇腹がついていると顔にフィットしやすく、水が侵入するのを防ぐスプラッシュガードがついたスノーケルがおすすめです。

 

カナールステイブル ブラックシリコン

GULL(ガル) CANAL STABLE(カナールステイブル)ブラックシリコン スノーケル メンズ [GS-3172]

 

フィンの選び方

フィンは、ダイビングのパフォーマンスに大きく影響する器材なので、サイズや硬さ、使いやすさをしっかりと見極め、ジャストフィットするものを選ぶことがポイントです。

ブレードが長く幅が広いフィンの方が推進力は大きくなりますが、そのぶん脚力も必要になるため、初心者はしっかりと降りぬけるフィンを選ぶのが良いでしょう。

加えて素材には、プラスチック製とラバー製のフィンがありますが、フィンワークに慣れるまでは適度なしなりがあって足が浮きづらいラバーフィンがおすすめです。

また、ビーチエントリーのスポットでは、ブーツを履いたまま脱着ができるスタンダードなストラップフィンが定番ですが、 ボートダイビングがメインであれば素足でも使えるフルフットフィンも人気です。

 

TUSA SF-5000 (BK)

 







ダイビングカテゴリの最新記事