『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

初めてのシュノーケリングでも安心!正しい道具の使い方と基本テクニック

初めてのシュノーケリングでも安心!正しい道具の使い方と基本テクニック
   
シュノーケリングは、マスクやフィンをつけて水面に浮かぶレジャースポーツです。気軽に水中の世界が楽しめる人気のレジャー。より安全に楽しめるよう、正しい道具の使い方や基本テクニックをご紹介しますので参考にしてみてください。
   

気軽に水中観察を楽めるシュノーケリング

親子・家族でシュノーケリング

 

シュノーケリング(またはスノーケリング)とは、マスクやフィンなどの専用道具を身につけ、水面に浮かんだ状態で水中観察を楽しむレジャースポーツです。

基本的には水面に浮いている状態なので、同じ道具を使用するスキンダイビングや素潜りとは区別されています。

シュノーケリングは、スキューバダイビングのようにライセンスが必要ないため、専門的なスキルがなくてもはじめることができます。

子どもから大人まで気軽に楽しむことができ、その手軽さから夏の海水浴やハワイ・沖縄などの旅行先でも人気のアクティビティーとなっています。

 

 

シュノーケリングで揃えるべき道具とは

シュノーケリング道具

 

シュノーケリングを楽しむためには、いくつか道具が必要になります。

さまざまなデザインやカラーバリエーションがあるので、お気に入りのアイテムを見つけてみましょう。

 

マスク

マスクは「水中メガネ」のことで、目の前に空間をつくることで水中でも物がはっきりと見えるようになります。

シュノーケリングは、基本的には水面に浮いているので、マスクはスイミングゴーグルでも代用することが可能です。

ただ、機能面を考えると、鼻まで覆われたダイビングマスクを使用することが一般的。

やわらかいシリコン素材で、顔にフィットするタイプは、水の侵入を防いでくれるので安心ですね。

強化ガラスレンズを使用し、耐衝撃・耐圧力・飛散防止なので、最初のマスクにおすすめです。

 

 

シュノーケル

シュノーケル(またはスノーケル)は、水面から顔を出さずに呼吸を続けることができる「呼吸パイプ」です。

マスクのストラップ部分に取り付けられ、マスクとシュノーケルはセットで使用します。

 

フィン

フィンは「足ヒレ」のことで、水面あるいは水中を快適に泳ぐために使用します。

フィンをつけると、素足よりもたくさんの水をかけるため、より速く、より遠くまで泳ぐことができます。

フィンを選ぶときには、素足とソックスやマリンブーツ着用時などではサイズが異なるので、使用場面をシミュレーションすることがポイント。

軽くてコンパクトなタイプのフィンなら、持ち運びにも便利ですね。

 

シュノーケリング用 フィン 足ひれ スノーケリング ストラップフィン RF-14 Reef Tourer(リーフツアラー) RF14 スノーケル シュノーケル

 

ライフジャケット

ライフジャケットは、水面で「浮力の確保」をするために着用するベストです。

水面に浮くだけではなく、素潜りもしたいという人には、空気の出し入れができるシュノーケリングジャケットもおすすめです。

安全に楽しむためにも、必ずライフジャケットを着用しましょう。

こちらは、約370gの軽量タイプで、10秒息を吹きこむとすぐにふくらみます。

 

 







ダイビングカテゴリの最新記事